EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

米4月小売売上高はマイナスの伸び予想よりは良かったので若干ポジティブだが,為替への影響は限定的

Retail Sales in U.S. Unexpectedly Rise on Broad-Based Gains

4月の小売売上高は「自動車を除くコア」が前月比-0.1%と予想の-0.2%を若干上回り,全体も前月比0.1%と予想の-0.3%を上回りました。加えて3月の小売売上高も全体が-0.5%に下方修正されました。3月以降の売上高の伸びには引き続き力強さが見られませんが,世界の他の地域の景気が低迷していることからどれほどドルに対してのアゲンスト感はありません。

米4月小売売上高(自動車除くコア): -0.1% (予想:-0.2%,前月:-0.4%)
米4月小売売上高: 0.1% (予想:-0.3%,前月:-0.4%,前月改定:-0.5%)

Please wait for Cleveland Fed data update

この程度しか予想を上回れない小売売上高からすると,個人的にはドルが売られてもおかしくないと思いますが,いまいちそうならないのはユーロはソブリンリスクで円は「異次元緩和」でのそれぞれの通貨の下落が見込まれているからでしょう。米国以外の国の経済状況が良くない場合は,普通の米国経済指標が完全に無視されてしまう特別なケースなんでしょうね。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eurofunda.dtiblog.com/tb.php/1283-b25cff35

« ドル円・ユーロドル・ドルスイスの展望【2013/05/13の週】  | HOME |  5月のフィラデルフィア連銀景況指数は予想を下回る停滞レベルでマイナスに転じる »

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2017-09 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Forex Rates

This site's QR Code