EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

ドル円・ユーロドル・ドルスイスの展望【2013/03/04の週】

【先週の概況】
先週はベルルスコーニが中途半端に票を取ってイタリアの総選挙がやり直しになる可能性も出てきたためにガッツリとユーロが売られた週でした。ドル円は94円台半ばまでの高値を記録した一方でリスク・オフの流れで一時91円割れを見せました。ユーロドルも1.33ドル台から急降下で1.29ドル台半ばまで週全般に渡って下落することになりました。ドルスイスは0.92フラン台前半から0.94フラン台前半まで上昇して週末を迎えています。(WTI)原油価格は93ドル台前半で始まった後は,一時94ドル台半ばまで上昇しましたが同日に急落して91ドル台後半まで下がりしました。その後火曜日には93ドル台半ばまで盛り返しましたが後が続かず,木曜日から金曜日にかけて一気に90ドル台前半まで下がり,少しだけ戻して90ドル台後半で週末を迎えました。金価格は1582ドル台で始まった後は,続伸して水曜日に1615ドル台の高値を付けました。その後は続落して金曜日に1568ドル台の安値を記録して,やや戻して1576ドル台直下まで戻したところで週末を迎えました。



【ドル円】
先週の予想:94.50円-90.70円
先週の変動:94.506円-90.855円(終値93.561円)
的中度:上限は10PIPS以内のほぼ的中で,下限は約20PIPSのドル安方向の誤差
今週の予想:94.10円-92.90円
※リスクオフの嵐は週末にかけて収まったので今週は92円台後半あたりがしっかりしたサポートとなるでしょう。一方,上値は94円台前半までが限界で先週の高値を越えるとは思いません。



【ユーロドル】
先週の予想:1.3320ドル-1.2950ドル
先週の変動:1.33179ドル-1.29659ドル(終値1.30180ドル)
的中度:上限は10PIPS以内のほぼ的中で,下限は約20PIPSのドル高方向の誤差
今週の予想:1.3120ドル-1.2950ドル
※先週から下落基調にあるのでいくら1.30ドル台をキープして週末を迎えてももう一度1.29ドル台半ばを記録すると考えています。一方,上値は1.31ドル台前半を抜けるのは容易ではないと考えます。



【ドルスイス】
先週の予想:0.9380フラン-0.9230フラン
先週の変動:0.94617フラン-0.92307フラン(終値0.94249フラン)
的中度:上限は約80PIPSのドル安方向の外し,下限は10PIPS以内のほぼ的中
今週の予想:0.9450フラン-0.9350フラン
※金曜日の起点である0.93フラン台半ばは重要なサポートレベルと言えます。一方,上値は今週も重くて0.94フラン台半ばになんとか達するのも週後半で値幅の少ない週と予想しています。

【今週の指標/イベント】
3月7日(木):日銀政策金利発表
3月7日(木):ECB政策金利発表
3月7日(木):BOE政策金利発表
3月8日(金):2月米雇用統計
今週は白川総裁の最後の政策金利決定会合があります。どうも任期中はお疲れ様でした。ECBの政策金利発表も同日にあり,翌日は米雇用統計とイベント的には忙しい週ですね。希望としてはユーロを戻り売りたいですね。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eurofunda.dtiblog.com/tb.php/1251-630aa4f4

-

管理人の承認後に表示されます

« 2月ISM製造業景気指数は予想を上回り前月からもさらに上昇  | HOME |  ECBは政策金利を0.75%で据え置き…ドラギ総裁はイタリア総選挙の質問をうまくかわす »

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2018-09 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Forex Rates

This site's QR Code