EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

ドル円・ユーロドル・ドルスイスの展望【2013/02/25の週】

【先週の概況】
先週はフィラデルフィア連銀景況指数が悪かったのにほとんどドルは影響を受けずに,かえって日銀総裁人事報道やイタリア総選挙を予想した神経質なリスク・オフの動きの週でした。ドル円は94円台前半で重く,92円台後半から下げ渋りました。ユーロドルも1.34ドル台前半まで上げた後は,1.31ドル台前半まで続落傾向にありました。ドルスイスは0.91フラン台後半から0.93フラン台前半に上昇して週末を迎えています。(WTI)原油価格は96ドル台前半で始まった後は,一時97ドルを付けましたが急落して木曜日までに一気に92ドル台後半まで下がりました。その後も下値圏で推移し金曜日までには92ドル台半ばまで下がった後で少しだけ戻して93ドル台前半で週末を迎えました。金価格は1610ドル台で始まった後は,最高1616ドル台に上げるのが精一杯の動きで,木曜日に1561ドル台の安値にまで急落し,金曜日にやや反発するものの1582ドル台まで戻したところで週末を迎えました。



【ドル円】
先週の予想:94.50円-92.10円
先週の変動:94.205円-92.764円(終値93.389円)
的中度:上限は約30PIPSのドル高方向の誤差,下限は約70PIPSのドル安方向の外し
今週の予想:94.50円-90.70円
※やや転換点となる週に来ており,リスクオフの動きで下値は90円台後半までは付けに行きましたが上値はさっぱり収穫がありません。一方,上値は94円台半ばまでを記録した月曜日の高値がが限界です。



【ユーロドル】
先週の予想:1.3410ドル-1.3280ドル
先週の変動:1.34332ドル-1.31446ドル(終値1.31898ドル)
的中度:上限は約20PIPSのドル高方向の誤差,下限は約140PIPSのドル安方向の外し
今週の予想:1.3320ドル-1.2950ドル
※イタリア総選挙の結果を受けて1.30ドル割れはまず確定的で1.29ドル台半ばあたりまでは下がるかもしれません。一方,上値は1.33ドル台前半を記録した月曜日の高値が限界です。



【ドルスイス】
先週の予想:0.9280フラン-0.9150フラン
先週の変動:0.93315フラン-0.91834フラン(終値0.92932フラン)
的中度:上限は約50PIPSのドル安方向の外し,下限は約30PIPS以内のドル安方向の誤差
今週の予想:0.9380フラン-0.9230フラン
※ユーロ安の影響で0.92フラン台前半を記録した月曜日の安値を下回るのは難しいでしょう。一方,上値は今週も重くて0.94フラン台到達は無理と見て0.93フラン後半あたりが限界と見ています。

【今週の指標/イベント】
2月25日(月):イタリア総選挙の結果報道
3月2日(金):2月ISM製造業景気指数
2月ISM製造業景気指数が,2月フィラデルフィア連銀景況指数に続いて悪化傾向にあるのかどうか興味深いところです。あとベルルスコーニ氏がイタリア総選挙でことのほか強い模様で過半数獲得の政党がいないために政局が混迷し,ユーロ売りに拍車がかかりそうです。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eurofunda.dtiblog.com/tb.php/1249-a25857c9

« 2月のフィラデルフィア連銀景況指数はマイナス幅拡大,でも市場は無視  | HOME |  2月ISM製造業景気指数は予想を上回り前月からもさらに上昇 »

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2017-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Forex Rates

This site's QR Code