EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

米6月小売売上高はコアも全体もマイナスを継続,米国景気の陰りがいっそう明確に

Retail Purchases In U.S. Unexpectedly Decrease 0.5%

6月の小売売上高は「自動車を除くコア」が前月比マイナス0.4%と低めの予想の0.0%を再び下回り,全体も前月比マイナス0.5%とプラスの予想の0.2%の期待を外しました。今回は前月の改定はなかったのですが改めて期待以下の売上しか達成できなかったことが市場にとってショックのようです。為替市場にとっては,大幅にユーロが上昇する材料がないのでユーロドルが平衡しながら円高が進むという中途半端な展開が予想されます。

米6月小売売上高(自動車除くコア): -0.4% (予想:0.0%,前月:-0.4%)
米6月小売売上高: -0.5% (予想:0.2%,前月:-0.2%)

Please wait for Cleveland Fed data update

米国景気の確認作業としては4月以降で景気回復の一つのサイクルが終わったという認識は変わりません。ユーロとドルの弱い者どうしの勝負はつかずに,ユーロドルは一定レンジでのテクニカルな取引に重点を置くべきですが,ドル円については6月3日の週に77円台後半で買った連中が投げるのには時間がかかりますので,78円台の半ばでいったん買ってみるのもありでしょう。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eurofunda.dtiblog.com/tb.php/1162-903d0d44

« ドル円・ユーロドル・ドルスイスの展望【2012/07/16の週】  | HOME |  7月のフィラデルフィア連銀景況指数はマイナス指数を継続,米景気後退が鮮明に »

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2017-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Forex Rates

This site's QR Code