EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

ドル円・ユーロドル・ドルスイスの展望【2012/07/09の週】

【先週の概況】
先週は市場の期待通りにECBが利下げしてユーロドルがフリーフォールを起こしました。その後の米雇用統計もとても良い数字とは言えないのにドル高が継続するという不思議な展開でした。ユーロドルは1.22ドル台半ばまで下値を更新し大陰線でした。ドル円は80円台前半と79円台前半の非常に狭いレンジ相場で,ドルスイスは0.98フラン直下まで上昇する大陽線でした。(WTI)原油価格は84ドル台で始まり,月曜日に82ドル台前半まで下落した後は88ドル直下までいったん上昇し,独立記念日後に88ドル台後半までの高値をつけましたが,その後は続落して84ドル台に戻して週末を迎えました。金価格は1597ドル台で始まった後は火曜日に1624ドル台まで上昇しましたが,木曜日にはその水準から一気に下落し始めて,金曜日には1584ドル台まで戻して週末を迎えました。



【ドル円】
先週の予想:80.10円-78.50円
先週の変動:80.085円-79.302円(終値79.632円)
的中度:上限はほぼ的中で,下限は約80PIPSドル安方向の外し
今週の予想:80.10円-79.10円
※さすがに78円台までの下落は踏み込み過ぎでしたので下限を引き上げてみますが,80円台前半での戻り売りが激しいので上限は先週から変えません。今週の下値は79円台前半までの下落でサポートされる予想で,上値は80円台前半までの上昇を予想します。



【ユーロドル】
先週の予想:1.2750ドル-1.2520ドル
先週の変動:1.26792ドル-1.22592ドル(終値1.22861ドル)
的中度:上限は約70PIPSドル安方向の外し,下限は約260PIPSドル安方向の大外し
今週の予想:1.2520ドル-1.2250ドル
※先週が大陰線だったので今週は下限からの戻りを想定しつつも,値幅の関係から見て上限が1.25ドルを少し越えるのが限界と見ています。今週の下値は1.22ドル台半ばまでの下落でサポートされる予想で,上値は1.25ドル台前半までの上昇を予想します。



【ドルスイス】
先週の予想:0.9610フラン-0.9410フラン
先週の変動:0.97934フラン-0.94710フラン(終値0.97682フラン)
的中度:上限は約180PIPSドル安方向の外し,下限は約60PIPSドル安方向の外し
今週の予想:0.9795フラン-0.9510フラン
※0.98フランにはノータッチオプションがあり直下で激しい売りが観察されるのと,値幅的に0.95フランは割らないと観察しています。今週の下値は0.95フラン台前半までの下落でサポートされる予想で,上値は0.98フラン直下までの上昇を予想します。

【今週の指標】
※申し訳程度に日銀政策金利発表を挙げてみましたが,おそらくユーロ圏の政治イベントには市場への影響力はかなわないでしょう。
7月12日(木):日銀政策金利発表
※各国中銀が思い切った金融政策を打ち出しているのに日銀は何もしないという催促相場状態では白川さんはかえって何もできない…と思います。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eurofunda.dtiblog.com/tb.php/1159-99c55a02

« 6月失業率は前月と変わらず,NFPも予想を下回るもドルは堅調  | HOME |  US上場企業決算日告知 »

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2017-09 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Forex Rates

This site's QR Code