EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

ドル円・ユーロドル・ドルスイスの展望【2012/06/25の週】

【先週の概況】
先週は米国経済指標が引き続き低迷したなかで欧州情勢がもっと不透明なためにユーロが強くなれなかった週でした。ユーロドルは1.27ドル台まで上値を伸ばしたものの週単位では陰線のままでした。ドル円はドルが続伸して久々の80円台に突入し,ドルスイスは力強く0.94フラン台で下げ止まって反転しました。(WTI)原油価格は84ドル台で始まり,月曜日に85ドル台が週の上値で,直後からはじり安で金曜日に75ドル台まで下落しました。その後少しだけ盛り返して80ドル台で週末を迎えました。金価格は1627ドル台で始まった後は火曜日に1633ドル台まで上昇しましたが,その後はほぼ一貫して下落し,1559ドル台の安値をつけた後に1573ドル台まで戻して週末を迎えました。



【ドル円】
先週の予想:79.80円-78.60円
先週の変動:80.558円-78.782円(終値80.403円)
的中度:上限は約80PIPSドル安方向の外し,下限は約20PIPSドル安方向の誤差
今週の予想:80.50円-79.20円
※先週レンジ相場の上限にほぼ達したので,今週は先週より変動はいっそう少なくなる範囲で下落方向に向かうと見ています。今週の下値は79円台前半までの下落でサポートされる予想で,上値は80円台半ばまでの上昇を予想します。



【ユーロドル】
先週の予想:1.2780ドル-1.2520ドル
先週の変動:1.27462ドル-1.25185ドル(終値1.25668ドル)
的中度:上限は約30PIPSドル安方向の誤差,下限はほぼピッタリの的中
今週の予想:1.2680ドル-1.2450ドル
※ギリシャの新内閣で病人続出とか少しも安心できない状況です。ユーロの上値は限定的と見てレンジ幅も下方にシフトします。今週の下値は1.24ドル台半ばまでの下落でサポートされる予想で,上値は1.26ドル台後半までの上昇を予想します。



【ドルスイス】
先週の予想:0.9620フラン-0.9380フラン
先週の変動:0.95907フラン-0.94196フラン(終値0.95486フラン)
的中度:上限は約30PIPSドル高方向の誤差,下限は約40PIPSドル安方向の誤差
今週の予想:0.9680フラン-0.9480フラン
※ユーロドルと同様に今週はドル高の方向にレンジ幅を調整します。今週の下値は0.94フラン台後半までの下落でサポートされる予想で,上値は0.96フラン台後半までの上昇を予想します。

【今週の指標】
※とりあえずギリシャの再選挙が終わったので,市場の目はスペインの銀行の資本問題とか米国経済の落ち込みに向くでしょう。当分テクニカルに頼って売買を続けるしかありません。
6月26日(火):6月コンファレンスボード消費者信頼感指数
※米国経済指標にとっては今はプラス材料ならなんでも良い雰囲気なので,こういう指標でもポジティブ・サプライズには反応するかも。
6月28日(木):2012年1Q米GDP確報値
※この機に及んでサプライズ修正はないとは思いますが…。

【今週のEURO2012】
WOWOWの放送日程
※ドイツvsギリシャ,ドイツvsイタリアに続いて,決勝戦ではドイツvsスペインの債権国・債務国のガチバトルを見てみたいものです。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eurofunda.dtiblog.com/tb.php/1153-77dc76c3

« 6月のフィラデルフィア連銀景況指数は先月よりマイナス指数を拡大,米景気拡大は終了か  | HOME |  2012年5月YTDヘッジファンド成績 »

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2017-09 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Forex Rates

This site's QR Code