EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

ドル円・ユーロドル・ドルスイスの展望【2012/06/04の週】

【先週の概況】
先週はやはりスペインの銀行の救済のニュースやギリシャの再選挙の先行き不透明感などが原因でユーロはいっそう下落しました。ユーロドルは一時1.22ドル台まで続落し週末の米指標イベントで多少は持ち直しました。ドル円は79円台から一時77円台にまで下落しなんとか78円台に滞留,ドルスイスは力強く0.97フラン台半ばまで吹き上げた後に100PIPS程度反落しました。(WTI)原油価格は90ドル台で始まり,月曜日に92ドル台まで上昇するのが限界で,直後からフリーフォールで抵抗なく83ドル台まで下落して週末を迎えました。金価格は1572ドル台で始まった後は1584ドル台までが限界のままいったんは下落して,水曜日に1533ドル台の安値を記録してから戻し始め,金曜日の米指標発表後に急激に1617ドル台まで吹き上げて結局1624ドル台で週末を迎えました。



【ドル円】
先週の予想:80.10円-79.20円
先週の変動:79.704円-77.652円(終値77.967円)
的中度:上限は約40PIPSドル高方向の誤差,下限は約150PIPSドル高方向の外し
今週の予想:79.10円-77.50円
※週明けがどちらかと言えば安値圏で始まり,先週の安値を更新しそうなのと上値が重そうな展開から,今週の下値は77円台半ばまでの下落でサポートされる予想で,上値は79円台前半までの上昇を予想します。



【ユーロドル】
先週の予想:1.2690ドル-1.2450ドル
先週の変動:1.26234ドル-1.22873ドル(終値1.24304ドル)
的中度:上限は約70PIPSドル安方向の外し,下限は約160PIPSドル安方向の外し
今週の予想:1.2570ドル-1.2330ドル
※米国指標のために随分戻したものの依然としてユーロドルは先安感が強く1.25ドル台での戻り売りがきついため,今週の下値は1.23ドル台前半までの下落でサポートされる予想で,上値は1.25ドル後半までの上昇を予想します。



【ドルスイス】
先週の予想:0.9680フラン-0.9450フラン
先週の変動:0.97695フラン-0.95276フラン(終値0.96563フラン)
的中度:上限は約90PIPSドル安方向の外し,下限は約80PIPSドル安方向の外し
今週の予想:0.9750フラン-0.9580フラン
※ドルスイスはいったんは0.97ドル台まで到達して達成感がある一方で,0.95ドル台は買い意欲が旺盛で,今週の下値は0.95フラン台後半までの下落でサポートされる予想で,上値は0.97フラン台半ばまでの上昇を予想します。

【今週の指標】
6月4日(月):Spring Bank Holidayで英国市場休場
6月5日(火):エリザベス女王即位60周年(ダイヤモンド・ジュビリー)で英国市場休場
6月6日(水):ECB政策金利発表
※今週はCorpus Christi(キリスト聖体節)で1日前倒しの政策金利発表。ECBが譲歩できる分野などもうないのですから,EU各国の足並みが揃わないのをドラギ総裁がどのように一刀両断していくのか興味があります。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eurofunda.dtiblog.com/tb.php/1146-705d862e

« 5月ISM製造業景気指数は予想以下,景気停滞感が加速  | HOME |  ECBは政策金利を1.00%で据え置き…オペでの応札額全額供給期間を延長して急場しのぎ »

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2017-09 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Forex Rates

This site's QR Code