EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

ドル円・ユーロドル・ドルスイスの展望【2012/05/14の週】(ギリシャ・JPMショックの週?)

【先週の概況】
先週はギリシャの総選挙後の連立がことごとくうまく行かずにユーロドルが1.29ドル割れ直前まで下落しました。ユーロ全面安の動きに加えて,リスク回避の動きなので円高にもなっておりドル円も80円割れの水準で推移しました。ドルスイスはユーロにつられてフラン安が進み0.93フラン台まで上昇しました。(WTI)原油価格は98ドル台で始まり,いきなり月曜日に95ドル台の安値まで下落した後は上値も97ドル台までで限定的で,火曜日以降は小動きのまま95ドル台で週末を迎えました。金価格は1642ドル台で始まった後は,火曜日に急落して1596ドル台を記録し,その後は上値は1601ドル台までに限定されて続落して1579ドル台で週末を迎えました。



【ドル円】
先週の予想:80.50円-79.30円
先週の変動:80.068円-79.421円(終値79.896円)
的中度:上限は約40PIPSドル高方向の誤差,下限は約10PIPSドル安方向の誤差
今週の予想:80.50円-79.30円
※欧州のイベントには息が抜けませんが,円は消去法で選ばれているだけですので,今週の下値は79円台前半までの下落を継続し,上値は80円台半ばまでの上昇を継続します。



【ユーロドル】
先週の予想:1.3070ドル-1.2930ドル
先週の変動:1.30641ドル-1.29040ドル(終値1.29124ドル)
的中度:上限は約10PIPSドル安方向の誤差,下限は約30PIPSドル安方向の誤差
今週の予想:1.2920ドル-1.2790ドル
※今週もギリシャに注目しながら下値を試す展開を予想しますので,今週の下値は1.28ドル割れでの達成感による反転を予想し,上値は極めて重くて1.29ドル台前半までの上昇を予想しています。



【ドルスイス】
先週の予想:0.9280フラン-0.9150フラン
先週の変動:0.93057フラン-0.91938フラン(終値0.92937フラン)
的中度:上限は約30PIPSドル安方向の誤差,下限は約40PIPSドル安方向の誤差
今週の予想:0.9280フラン-0.9150フラン
※こちらもギャップ空けは当然で,今週の下値は0.92フラン台後半までのギャップを埋める下落を予想し,上値は0.94フラン台前半まででの失速を予想しています。

【今週の指標】
5月15日(火):米4月小売売上高
※現在のリスク回避の相場ではこの経済指標では株式市場などは上向かないでしょう。また景気一服感があるので控えめな予測ですからポジティブ・サプライズを期待しましょう。
5月17日(木):5月フィラデルフィア連銀景況指数
※事前予測では先月なみの数値なのであまり市場インパクトがないと思われます。今週はユーロ圏のイベントで振り回されそうな1週間のはずです。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eurofunda.dtiblog.com/tb.php/1137-e379f91b

« ドル円・ユーロドル・ドルスイスの展望【2012/05/07の週】(お仕事で休みたいモード)  | HOME |  米4月小売売上高はコアが低めの予想を下回り,先月も下方修正でクールダウン中 »

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2017-09 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Forex Rates

This site's QR Code