EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

ドル円・ユーロドル・ドルスイスの展望【2012/05/07の週】(お仕事で休みたいモード)

【先週の概況】
先週は4月米雇用統計良くなかったのでいったんはドル全面安の流れになるかと思われましたが,週単位で見るとユーロドルは1.30ドル台後半まで下落するドル高の展開で,ドル円は79円台後半まで下落する円高の展開でした。ドルスイスも0.91フラン台後半まで上昇しドル高になっています。週末にはフランス大統領選の決選投票で財政緊縮派ではないオランド氏が当選し,またギリシャも選挙の結果,第1党となった新民主主義党が財政再建派の全ギリシャ社会主義運動(PASOK)とは連立を組めそうもなく,今週にかけてはユーロ全面安の展開です。(WTI)原油価格は104ドル台で始まり,火曜日に106ドル台まで上昇するもののその後はゆるやかに下落して104ドル台まで戻り,木曜日と金曜日に急落して98ドル台で週末を迎えました。金価格は1662ドル台で始まった後は火曜日にいったん1671ドル台まで上昇するものの,水曜日から金曜日まで続落して1627ドル台を付けた後に少し戻して1642ドル台で週末を迎えました。



【ドル円】
先週の予想:80.90円-79.50円
先週の変動:80.602円-79.633円(終値79.827円)
的中度:上限は約30PIPSドル高方向の誤差,下限は約10PIPSドル安方向の誤差
今週の予想:80.50円-79.30円
※まだ欧州のイベントには息が抜けないので,今週の下値は79円台前半までの下落を予想し,上値は80円台半ばまででの失速を予想しています。



【ユーロドル】
先週の予想:1.3330ドル-1.3120ドル
先週の変動:1.32826ドル-1.30795ドル(終値1.30819ドル)
的中度:上限は約50PIPSドル安方向の誤差,下限は約40PIPSドル安方向の誤差
今週の予想:1.3070ドル-1.2930ドル
※選挙結果を受けてのギャップ空けは当然ですが,今週の下値は1.29ドル台前半までのさらなる下落を予想し,上値はギャップを埋めにいく1.30ドル台後半までの伸長を予想しています。



【ドルスイス】
先週の予想:0.9150フラン-0.9020フラン
先週の変動:0.91831フラン-0.90419フラン(終値0.91795フラン)
的中度:上限は約30PIPSドル安方向の誤差,下限は約20PIPSドル安方向の誤差
今週の予想:0.9280フラン-0.9150フラン
※こちらもギャップ空けは当然で,今週の下値は0.91フラン台半ばまでのギャップを埋める下落を予想し,上値は0.92フラン台後半まででの失速を予想しています。

【今週の指標】
5月10日(木):BOE政策金利発表
※景気悪化を指摘されている英国ですが,このところのユーロ圏の不安定さに比べるとマシじゃないかと思われる中,なんとか金利は0.5%のまま据え置きでしょう。
5月10日(木):3月米貿易収支&4月輸入物価指数
※貿易収支でドル相場が動いたのは昔の話で,輸入物価が下落してCPIが上昇しなければ金融緩和を止める必要はないのでスルーで良いです。
あとは大して注目すべき経済指標があるとは思いませんので,ギリシャの総選挙が再選挙になるかどうかのイベントに注目した方が良いかも知れません。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eurofunda.dtiblog.com/tb.php/1136-d33b9c24

« 4月失業率は前月より低下も,NFPの増加は鈍る傾向で一時雇用頼み  | HOME |  ドル円・ユーロドル・ドルスイスの展望【2012/05/14の週】(ギリシャ・JPMショックの週?) »

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2017-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Forex Rates

This site's QR Code