EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

プリンス退場,新

英語版(リンク更新):
Rubin to Draw on Crisis Management Experience at Citi (Update2)

日本語版(追記):
シティはルービン氏の危機対応能力に期待−一方で連帯責任を問う声も

シティのプリンス会長兼CEOがサブプライム関連の損失の責任を取って辞任し,後任にクリントン政権での財務長官であり,現シティグループ経営委員会会長であるロバート・E・ルービン氏が会長就任することが決定的になりました。暫定CEOはウィン・ビショフ氏という別の人です。

ゴールドマン・サックス副会長の時も米政権担当の時も,組織の危機に対するスペシャリストとしての対応に評価が高まっています。文字通りのプリンスが退場して,新"プリンス"の誕生ですが,人が変わってすぐうまくいくほど,この種の流動性危機の問題は簡単ではないはずです。

それから,ルービン氏は財務長官時に「強いドルはアメリカの国益にかなう」を文字通り地で行った人としても知られています。現ヘンリー・ポールソン財務長官とは明らかに経済方策が違うことが何らかの形で,経営に影響を与えるのか注目してきましょう。

ついでに言うと,シティ=ルービン=米民主党の鉄のトライアングルは相当強いと思ってよいでしょう。

11月6日追記:
3Q決算の修正部分の公告↓


The Company has revised its financial results for the third quarter of 2007 from the results released in the Company's October 15, 2007 Earnings Release and Current Report on Form 8-K filing. The revision relates to the correction of the valuation on the Company's $43 billion in Asset-Backed Securities Collateralized Debt Obligations (ABS CDOs) super senior exposures. The impact of this correction is a $270 million reduction in Principal Transactions Revenue, a $166 million reduction in Net Income and a $0.03 reduction in Diluted Earnings per Share (please see Form 10-Q filed on November 5th for further details).

シティグループ: 損失 $6.4 billion -> $6.67 billion と言うことでOK?

« 協調介入に関する飛ばし記事  | HOME |  噂のミシュキン発言 »

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2018-04 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Forex Rates

This site's QR Code