EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

2012年3月YTDヘッジファンド成績

4月の後半を迎えましたので,2012年3月までのヘッジファンドの成績の推移を確認したいと思います。



図1が代表的な10種類のファンド成績の推移です。年初の株式市場が安定していたので2月までの成績は良かったのですが,3月は収益が悪化しました。その中でも安定しているのがファイナンスセクターファンドで1位の成績になり,2位がヘルスケアセクターファンド,3位がモーゲージ組成ファンド,4位がテクノロジーセクターファンド,5位がオプション戦略ファンドの順となっています。悪いほうで言えば,エネルギーセクターファンドが急激に落ち込み,またエマージング市場ファンドもマイナスに転じました。ロングオンリー戦略ファンドは収益がゼロ近傍でいったんポジションを手仕舞ったのですかねえ。

次が,全セクターの3月までのYTDパフォーマンスの図2です。



11.23%:バリュー投資ファンド
10.62%:テクノロジーセクターファンド
10.59%:ロングオンリー戦略ファンド
9.46%:エマージング市場ファンド
8.64%:ヘルスケアセクターファンド

8.44%:スモール・マイクロ企業限定ファンド
8.43%:ファイナンスセクターファンド
7.13%:レギュレーションD限定ファンド
6.51%:ロング&ショート戦略ファンド
6.45%:ディストレスドファンド
4.71%:イベント主導型ファンド
4.68%:モーゲージ組成ファンド
4.48%:転換社債裁定ファンド
3.74%:エネルギーセクターファンド
3.30%:仕組み債非裁定ファンド
3.20%:マルチ戦略ファンド
3.12%:統計的裁定ファンド
3.05%:オプション戦略ファンド
2.65%:仕組み債裁定ファンド
2.45%:マクロファンド
2.28%:マーケットニュートラルファンド
1.92%:企業合併裁定ファンド
1.71%:資産賃貸ファンド
1.54%:スペシャル・シチュエーションファンド
-0.81%:CTA商品先物ファンド
-12.29%:ショートバイアスファンド


3月までのYTDの成績ではバリュー投資ファンドが1位を確保し,テクノロジーセクターファンドが2位となりました。3位にはロングオンリー戦略ファンドが入り,4位はエマージング市場ファンドでした。5位は手堅くヘルスケアセクターファンドになっています。今年の年初の特徴としてはオーソドックスな戦略が上位5位の良い成績でスタートしています。成績の悪い方では,ショートバイアスファンドが踏み上げられて大きな損失を計上し,為替や商品系のCTA商品先物ファンドもマイナス気味です。ここから4月,5月の利益確定の動きでいかにブレなく収益を上げるかが鍵でしょうが,オーソドックスな戦略が良い成績を上げているのは順調な株式相場の証左と言えます。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eurofunda.dtiblog.com/tb.php/1129-52fd8703

« FOMC statement, April 25, 2012  | HOME |  2012年第1四半期米GDPは予想以下で…個人消費だけが目立つ展開 »

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2017-09 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Forex Rates

This site's QR Code