EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

ECBは政策金利を1.00%で据え置き…景気見通しに楽観的で再び利上げに向けて地ならし

Draghi Lays Groundwork for ECB Exit as Inflation Takes Spotlight

3月8日にECBは政策金利を1.00%のまま3回連続で据え置きました。ECBの3年物資金供給オペを自画自賛し,ユーロに対する信頼が戻っている多くの兆しがあると語っていますが,景気見通しにはユーロ圏債券市場における一段の緊張再燃やユーロ圏実体経済への波及の可能性を挙げて引き続き下振れリスクがあることも認めました。「今やボールは各国政府側にある」と開き直っているのは清々しい限りです。(笑)



ユーロドルは週前半の下落を完全にリカバリーする上昇で行って来い相場となりました。でも先週の金曜日の高値には達することができずにおり,このままロングポジションは取れないでしょう。1.33ドル台前半は引き続きレジスタンスレベルとして機能しています。

***

なお,会見のトランスクリプトは,ECBのホームページのここ にあります。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eurofunda.dtiblog.com/tb.php/1110-b591b89e

« ドル円・ユーロドル・ドルスイスの展望【2012/03/05の週】(期末事情に付き今週はお休みします)  | HOME |  2月失業率は前月と変わらずも,NFPは2006年以来の大幅増加で全面ドル高 »

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2018-05 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Forex Rates

This site's QR Code