EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

2月ISM製造業景気指数は予想よりは悪く,前月からも下げたが問題はなし

Manufacturing Unexpectedly Slows as Orders Cool: Economy

2月ISM製造業景気指数: 52.4 (予測:54.5,前月:54.1)



2月のISM製造業景気指数は1月の54.1から1.7ポイント減の52.4に低下し,事前予想の54.5にも2.1ポイント足りませんでした。予想より悪かったためここしばらく上げ続けていた株式市場にも冷や水を浴びせました。しかし毎月のゆらぎの範囲と思われますので特に問題はないでしょう。また,為替市場はさっぱりな動きのまま10数時間推移し,翌日のドイツの小売売上高減に反応してユーロが急落するという状況です。

内訳では,新規受注指数(New Orders)が前月の改善ポイントをほぼ失う2.7ポイントの減少になりましたが元々57ポイント台からの低下ですので普通の拡大水準です。製造指数(Production)は-0.4ポイントの低下,雇用指数(Employment)も-1.1ポイントの低下とどちらも前月からの鈍化が見られます。入荷遅延(Supplier Deliveries)が50を割ったということはこれは逆にスムーズに入荷しているということです。

在庫指数(Inventories)と顧客在庫指数(Customers' Inventories)は中立水準以下が続いており,将来の需要は強めに出ると思います。価格指数(Prices)は商品価格の上昇と共に不気味な上昇が続いています。一方,受注残指数(Backlog of Orders)と製造指数(Production)の低下は少なめでコンスタントに製品出荷がなされているとの認識です。

輸入指数(Imports)と輸出指数(Exports)の両方が増えていますが,毎月の変動の範囲の中でも高めの水準を保っているのは良いことだと思われます。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eurofunda.dtiblog.com/tb.php/1108-bc0d6075

-

管理人の承認後に表示されます

« ドル円・ユーロドル・ドルスイスの展望【2012/02/27の週】(多忙につき短縮・大幅遅延モード)  | HOME |  ドル円・ユーロドル・ドルスイスの展望【2012/03/05の週】(期末事情に付き今週はお休みします) »

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2018-07 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Forex Rates

This site's QR Code