EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

ドル円・ユーロドル・ドルスイスの展望【2012/02/13の週】

先週からずっとギリシャ債務交渉が「合意もどき」→「トロイカ合意」→「ギリシャ議会紛糾」→「反対デモで先行き不透明」と推移して,市場には一定のボラを提供してくれているアテネの国のせいで,ユーロドルは結局1.33ドル前半まで上昇したもののそこからは失速しました。まだまだユーロへの信頼回復は遠そうです。一方,ドル円も急激な円高から立ち直って77円台を記録しているので多少の潮目の変化を感じます。(WTI)原油価格は97ドル台で始まり,火曜日には95ドル台まで下落しましたが反転し99円台に達しました。その後はわずかに100ドルを突破したものの定着できずに97ドル台と99ドル台の間で推移して99ドル台で週末を迎えました。金価格は1727ドル台で始まった後は火曜日に1711ドル台まで下落しましたがそこから反転し水曜日には1751ドル台に達しました。しかし上値はそこから重くて続落して1724ドル台で週末を迎えました。



ドル円,予想が77.20円-76.00円で,実際は実際は77.795円-76.484円(終値77.614円)でした。上限は約60PIPSドル安方向に外し,下限は約50PIPSドル安方向の誤差でした。まあ少し円高に見積もった割には値幅は同程度で良い感じでした。雇用統計の翌週のドル円でしたから金曜日以外の日足は全部陽線で勢いがありました。ただし,77円台後半から78円台前半にかけては戻り売りの抵抗帯があり,まだまだこれ以上の上抜けは期待薄です。上限については,頑張って78円台前半までの上昇までは見込まれるところでしょうか。一方,下限については76円台半ばまではもはや下落せず76円台後半まででサポートされるでしょう。よって,今週の上値は78.10円程度と予測し,下値は76.70円程度と予測します。



ユーロドルは,予想が1.3320ドル-1.3020ドルで,実際は1.33205ドル-1.30268ドル(終値1.31716ドル)でした。上限も下限も今回はほぼピッタリでした。これだけ予想が当たると嬉しいことは嬉しいのですが,上限や下限で逆張りするわけではないので実際の取引ではノーポジということになります。これからはギリシャ国内の債務削減の実務の動きを気にしながら一喜一憂することになりましょう。1.33ドルから1.34ドルの広い抵抗帯の突破は今週は難しいと思うので,上限については,1.33ドル台前半までの上昇を継続します。一方,下限については先週ほどの下落は期待できないので1.30ドル台後半でのサポートを予測します。よって,今週の上値は1.3320ドル程度と予測し,下値は1.3090ドル程度と予測します。



ドルスイスは,予想が0.9280フラン-0.9110フランで,実際は0.92619フラン-0.90879フラン(終値0.91727フラン)でした。上限は約20PIPSドル高方向の誤差で,下限は約20PIPSドル高方向に外しました。レンジ予測の正確さはユーロドルに準じる程度は達成できました。市場は何度もギリシャのニュースに騙されてきていますので一方方向のトレンドにはなりにくく,テクニカルにレジスタンスとサポートを強く意識することになるでしょう。下限については,0.91フラン台前半でのサポートを継続します。一方,上限については0.92フラン台前半まで上昇するのが限界でしょう。よって,今週の上値は0.9220フラン程度と予測し,下値は0.9110フラン程度と予測します。

今週は,2月14日の火曜日のバレンタインデーの日に日銀政策金利決定会合があります。(期待薄ながら)市場向けに甘い言葉とギフトをいただけるといいですね。同日の米小売売上高は個人消費の強さを再確認できそうです。2月17日にはフィラデルフィア連銀景況指数が発表されますが可もなく不可もなくの数字を予想しています。ユーロイベントも飽きてきましたので,今週は普通の経済指標にフォーカスしていきましょう。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eurofunda.dtiblog.com/tb.php/1103-ef3cc14c

« ECBは政策金利を1.00%で据え置き…景気見通しの改善の見込みを示唆して間接的にギリシャに配慮  | HOME |  米1月小売売上高はコアは予想を上回るが,全体では予想以下で残念感あり »

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2018-06 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Forex Rates

This site's QR Code