EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

2011年第3四半期米GDPは予想通り…為替市場は「だから何」という反応

U.S. Stock Futures Maintain Gains as GDP Growth Matches Forecast

2011年3Q米実質GDP(前期比年率): 2.5% (予想:2.5%,前期:1.3%)
2011年3Q米個人消費(前期比年率): 2.4% (予想:1.9%,前期:0.7%)

第3四半期米GDPは前期比年率で予想通りの2.5%でしたが,個人消費は0.5%も予想を上回り2.4%の伸びになりました。2Qはやはり震災の影響が直接響いた四半期で3Qでやっと正常に戻っただけという事実から目を逸らせるべきではありません。そして,4Qはまた前期比年率の伸びのハードルが高くなると思われます。

Please wait for Cleveland Fed data update

図はGDPの変化に対する貢献率を示しているものですが,今回は2Qに比べて個人消費が大幅に貢献しています。設備投資は3Qでさらに改善していますが居住用不動産への投資はまったく貢献していません。また,輸出は2Qから少し改善に向かっていますが,輸入は相変わらず前期比年率でマイナスが継続中です。ドル安が継続中ですので,個人消費が増えたとしても海外生産から国内生産に切り替えたほうが無難なのでしょうね。

ユーロドルが1.41ドル台後半まで吹き上げたことを見ても分かる通り,米国株式市場に楽観的な見方が広がろうともドルを強くする原因とはなっていません。今週,ユーロ「官製」ギリシャ救済策がとりあえずまとまったことにより,過度にユーロに対する安心感が広がりユーロドルはショート・ポジションのスクイーズが生じています。今週はずっとドル円でチマチマとポジションを取るか,このユーロドルのブレイク・アウトを(ドテン買いも含めて)フォローするかの選択が正解でした。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eurofunda.dtiblog.com/tb.php/1056-11ad4500

« 2011年9月YTDヘッジファンド成績  | HOME |  ドル円・ユーロドル・ドルスイスの展望【2011/10/31の週】 »

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2017-09 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Forex Rates

This site's QR Code