EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

ドル円・ユーロドル・ドルスイスの展望【2011/07/11の週】

先週はECBが粛々と利上げする一方,(嘘つき)ADP雇用統計で米国景気に対する楽観論が広がったのですが実際の6月米雇用統計は散々でした。しかし,週足で見ると円>ドル>ユーロの強さの順序のため先々週のユーロドルの上げは4分の3ほど元に戻ってしまうという不思議な週でした。(WTI)原油価格は94ドル台で始まり97ドル台で小康状態を保った後に,99ドル台まで上昇しその後金曜日に急落して96ドル台で週末を迎えました。金価格は1487ドル台で始まり,1530ドル近傍でちょっともたついた以外は一方的に上昇して1544ドル台で週末を迎えました。先週は下降トレンドに入ったと思ったのですがそれが全くの錯覚であったとはやはり商品相場はわからないものです。



ドル円は,予想が81.40円-80.30円で,実際は81.463円-80.493円(終値80.609円)でした。上限は10PIPS以下のドル安方向の誤差でほぼ的中し,下限は約20PIPSドル安方向の誤差でした。先週もほぼ予測通りですが,最近ほどレジスタンスレベルとサポートレベルのはっきりしているドル円相場はちょっと経験がありません。ドル円は相場の焦点ではありませんので値幅的には今週もあまり期待できませんが,6月8日の円高の底からの緩やかな円安傾向にしたがって上限・下限とも切り上げる方針で行きましょう。上限については,先週の週足の陰線からすると週後半に上限を迎えると予想され,先週の上限値を10PIPSだけ切り上げておきましょう。一方,下限については週前半に下限を迎えると予想され,先週の下限値を20PIPSだけ切り上げておきましょう。よって,今週の上値は81.50円程度と予測し,下値は80.50円程度と予測します。



ユーロドルは,予想が1.4680ドル-1.4310ドルで,実際は1.45667ドル-1.42044ドル(終値1.42582ドル)でした。上限は約110PIPSドル安方向に外し,下限も約110PIPSドル安方向に外しました。上限・下限ともユーロの強さを思ったより期待してしまいました。値幅的には良い予測ができているのでウェッジの進行に伴い上限・下限を結んだトレンドラインをそろそろ意識したほうが良いでしょう。この場合,週末を下値圏で迎えていれば先に下限を達成し,逆に上値圏で迎えていれば先に上限を達成するという法則をそれぞれのトレンドラインに対して適用します。下限としては,週前半に迎える1.42ドル台前半を底とするサポートレベルを意識します。一方,上限については週後半に迎える1.45ドル台前半を天井とするレジスタンスレベルを意識します。よって,今週の上値は1.4520ドル程度と予測し,下値は1.4220ドル程度と予測します。



ドルスイスは,予想が0.8560フラン-0.8380フランで,実際は0.85189フラン-0.83596フラン(終値0.83632フラン)でした。上限は約40PIPSドル高方向の誤差で,下限は約20PIPSドル高方向の誤差でした。ドル円と異なりドルスイスは直近安値が先々週のことでもあり,まだ本格的な反転上昇でも緩やかなフラン安傾向でもありません。こういう場合にはトレンドラインを引くことはできず,純粋にサポートレベルを下抜けするか・レジスタンスレベルを上抜けするかで上限・下限を予測します。上限については,先週0.85フラン台前半を上抜けできずに下値圏で終値を迎えたことからすると,0.84フラン台後半を越えないと予測します。一方,下限については,6月30日の安値0.83044フランがとりあえずの下限目標なので0.83フラン台前半でのサポートを期待します。よって,今週の上値は0.8470フラン程度と予測し,下値は0.8320フラン程度と予測します。

過去の相場の上限・下限を結んだトレンドライン(レジスタンスラインおよびサポートライン)が通用するのは,明らかなトレンドがあるときや上限・下限の収束に必然性があるウェッジやペナントの相場の時だけで,方向感がないときはそのようなトレンドラインを引くことには意味がありません。一方,ある特定のレジスタンスレベルおよびサポートレベルという概念はいつでも適用できます。これまでのエントリでもほとんどレジスタンス"レベル"およびサポート"レベル"と表記し,レジスタンス"ライン"およびサポート"ライン"という表現と明確に区別しているのはそのためです。

今週の予定としては,7月12日の火曜日には日銀政策金利発表がありますが,相場的には総裁記者会見に何も期待できないのでいつもどおりスルーです。一方,7月14日の木曜日には米6月小売売上高が発表されますが,こちらはあまり良い伸びが期待されていませんのでポジティブ・サプライズがあるのなら歓迎したいところです。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eurofunda.dtiblog.com/tb.php/1011-1347d2fa

« 6月失業率は上昇し,NFPも期待はずれで景気回復にも暗雲が…  | HOME |  【緊急更新】持ち合い崩れのユーロドル−次のチャートポイントはどこか »

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Forex Rates

This site's QR Code