EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

米5月小売売上高は予想よりはましだが,景気の腰折れ感は根強い

U.S. Economy: Retail Sales Fell Less Than Forecast in May

5月の小売売上高は「自動車を除くコア」が0.3%の増加でしたが,全体は-0.2%と減少に転じ,増加と減少が混在する中でどちらも予想よりはましという微妙なものでした。一方,前月の指標はコアの方の売上高は0.6%から0.5%まで下方修正され,全体も0.5%から0.3%に下方修正されました。前々回の上方修正から下方修正に転じた上に直近の売上高の拡大も終了して米国景気の腰折れ感が強く感じられるところです。こんな調子では米国株式市場の調整もいつ終わるのか全く不明と言わざるを得ません。

米5月小売売上高(自動車除くコア): 0.3% (予想:0.2%,前月改定:0.5%[改定前:0.6%])
米5月小売売上高: -0.2% (予想:-0.5%,前月改定:0.3%[改定前:0.5%])

Please wait for Cleveland Fed data update

まあ,グラフから分かるように前年比では小売売上高は7.7%増加しているので,米国経済に対しては中期的に見て問題がある数字ではなく何も心配はしていません。トレードの面で言えば言うまでもなく予想より良かったかどうかのほうがトレンド形成に影響します。また,今週も為替市場はユーロとドルの相対的な力関係に注目しています。米国経済に減速感が滲み出ているものの,ギリシャの債務問題のほうが重大な問題と見られているからです。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eurofunda.dtiblog.com/tb.php/1001-2f34e3c9

« ドル円・ユーロドル・ドルスイスの展望【2011/06/13の週】  | HOME |  6月のフィラデルフィア連銀景況指数は急激に低下−"震災ショック"レベルのマイナス »

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Forex Rates

This site's QR Code