EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

トレンドが変わろうとしているのは

もう一度週足のここを見てください。

ユーロ高ドル安,ドル=フラン(ややフラン高)の傾向はクレジットクランチが起きた後も継続しています。3つのうち問題なのはドル円で,これだけはどうも一旦はトレンドが反転する可能性があります。(ということは他のクロス円も総じて同じかもしれない。)

一ヶ月ごとに値洗いするようなファンドならともかく,個人投資家がこの局面でドル円をドル高あるいは円高に決め込んでポジションを取るのは非常に難しいと言わざるを得ないでしょう。(ポジションを取っては損切りできるアクティブなトレーダーを除いて)そういう時は,やっぱり基本的にはノーポジが良いと思えます。

では実際にポジションを取るケースは,

1.長期トレンドフォロアーは,ドル円・クロス円の底を見極めて,底を見た後でロング
2.損切りができる短期トレーダーは,踏み上げに注意しながら円買いに向かっても良い
3.毎日の値動きで一喜一憂したくない場合は,クロス円・ドル円以外の通貨で取引する

のどれかしかありません。他の市場の取引と違って,為替は売りたいときに売れ,買いたいときにいつでも買えるので,クレジットクランチの状況でもポジションの毀損が永久に続くことはありません。一方向の値動きを想定せずに強くなる通貨を買い,弱くなる通貨を売ることの繰り返しとなり,マージンコールが来る前に,粛々と損切ります。

すでにアゲンストのポジションをとっている場合は,スワップ差益があるなら時間を味方にできます。ポジションサイズが大きくなりすぎないようにして,ひたすら塩漬けポジションに春が訪れるのを待つというのも個人投資家の取れる戦略の一つです。もちろん,資金に十分余裕があれば,淡々と別のポジションを取って差損分を取り返すことだってできます。

なけなしのお金でフルレバレッジでポジションを取るのではない限り,FX取引とはブル相場でもベア相場でも安心してポジションが取れるそういう取引だと思います。

« 典型的な火曜日相場  | HOME |  動く通貨ペアと動かない通貨ペア »

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2017-12 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Forex Rates

This site's QR Code