EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

ドル円・ユーロドル・ドルスイスの展望【2013/06/24の週】(本業多忙のため今週はチャートのみ)

本業の事情により今週の展望のエントリはお休みします。週足チャートだけはアップしておきます。

6月25日:米5月耐久財受注(上振れ)
6月25日:米6月消費者信頼感指数(上振れ)
6月27日:米5月個人所得
6月28日:6月ミシガン大学消費者信頼感指数

※荒っぽい日経平均と為替の動きの中でも徐々に円安・円高が交互に来ている感じです。特に中国方面の中央銀行による資金供給の手控えが金融危機に発展しないと良いのですが…日経平均の水準がきれいに13000円前後で振動しているのもなんだかなあ〜今年ほどシステムトレードで取引していて気が楽な年はそうそうありませんね。

【ドル円 -6/21】



【ユーロドル -6/21】



【ドルスイス -6/21】

6月のフィラデルフィア連銀景況指数は予想を越えた上昇でプラスに転じる

Factories in Philadelphia Fed Region Rise at Faster Pace

6月フィラデルフィア連銀景況指数: 12.5 (予想:-2.0,前月:-5.2)

6月のフィラデルフィア連銀景況指数は先月の-5.2から大幅に上昇し12.5へと2桁プラスへ転じました。しかし,先行指数についても先月の32.3から33.7に増加して高値安定を継続しています。先月のマイナスはやはり一時的なものでした。(下図参照)



内訳としては,

新規受注: 16.6 (前月:-7.9) -> マイナスから大幅な回復
出荷指数: 4.1 (前月:-8.5) -> マイナスからプラスに転じる
在庫指数: -6.6 (前月:-4.1) -> 見込み違いで在庫はマイナスに
雇用指数: -5.4 (前月:-8.7) -> 改善はしているがまだマイナス

というように,足元の受注と出荷は好調ですが,雇用指数が思ったより改善しないのは意外でした。そして,今回用意された特別なアンケートでは向こう6か月の生産計画と関係する雇用に関する2つの質問でした。

Q1:御社の今後の生産状況を表すものはどちらでしょうか。
今後6か月にわたっての生産拡大することを期待している: 49.3%
今後6か月にわたっての生産拡大することを期待していない: 50.7%

Q2:御社の今後の生産状況が(期待する場合としない場合を含めて)拡大するとしたらどうやって実現できますか。
就業人員の増加: 36.0% (実現を期待する:25.3%,可能性あるが期待せず:10.7%)
労働時間の増加: 29.3% (実現を期待する:12.0%,可能性あるが期待せず:17.3%)
生産性の増加: 18.7% (実現を期待する:6.7%,可能性あるが期待せず:12.0%)
その他: 8.0% (実現を期待する:5.3%,可能性あるが期待せず:2.7%)
無回答: 8.0% (実現を期待する:0.0%,可能性あるが期待せず:8.0%)
合計: 100% (実現を期待する:49.3%,可能性あるが期待せず:50.7%)

と答えています。Q1はなんとなく2者択一で大ざっぱな質問のような感じで回答の結果が半々なので意味を持ちません。一方,Q2は平たく言うと景気改善に伴う生産拡大が雇用市場にどう影響するかを推し量ろうとしていますが,域内の就業形態にも依存することですし,製造業においてはあまりリニアな雇用市場の改善を見込めず,今後は非製造業での就業数増加を期待せざるを得ないアンケート結果となりました。

FOMC statement, June 19, 2013

FOMC statement

2013年5月1日以来,約49日ぶりのリリースでした。言うまでもなく今回も政策金利は据え置きでしたが,直近のバーナンキ議長の緩和縮小とも取れる発言が市場に何らかの影響を与えたことを考慮してか,全般的に前回と文言を変えたくないという意識がありありです。第1,2パラグラフの若干の修正を除くと,第3,4,5パラグラフが全く変更がなかったので今回は文言的には一回休みと言って良いでしょう。しかし,その後に会見で「年内緩和縮小可能性」への言及キタァ〜…で米株安ですか。

1.景気回復については,前回の"economic activity has been expanding at a moderate pace"から全く変化していない。前回と同様にゆっくりとした景気回復につながっていることを示唆。(※1下線)
2.雇用情勢については,前回の"Labor market conditions have shown some improvement in recent months, on balance, but the unemployment rate remains elevated"から今回の"Labor market conditions have shown further improvement in recent months, on balance, but the unemployment rate remains elevated"に変化し,多少ではあるが「ある程度の改善」から「さらなる改善」に上方修正された記述。(※2下線)
3.家計消費と設備投資と住宅セクターについては,前回と表現が同じであり,かつ財政政策についての表現も前回の"fiscal policy is restraining economic growth"から全く変化していない。財政政策が経済成長への足かせになっていることを直接的に表現。(※3下線)
4.インフレ要因については,前回の"Inflation has been running somewhat below the Committee's longer-run objective, apart from temporary variations that largely reflect fluctuations in energy prices."から今回の"Partly reflecting transitory influences, inflation has been running below the Committee's longer-run objective"に変化し,引き続きインフレ目標水準より低めであることと,エネルギーコスト上昇の影響を明示せず。(※4下線)
5.景気の展望については,前回の"expects that, with appropriate policy accommodation, economic growth will proceed at a moderate pace and the unemployment rate will gradually decline toward levels the Committee judges consistent with its dual mandate"から全く変化していない。失業率の低下がゆっくりであることを強調。(※5下線)
6.景気の後退リスクについては,前回の"The Committee continues to see downside risks"から今回の"The Committee sees the downside risks to the outlook for the economy and the labor market as having diminished since the fall"に変化し,米国経済だけでなく労働市場のダウンサイド・リスクについても言及。(※6下線)
7.インフレ見通しについては,前回の"inflation over the medium term likely would run at or below its 2 percent objective"から変化なく,明示的にインフレ・ターゲット値を表現。(※7下線)
8.第3パラグラフは前回と全く同じなので,従来からの緩和策は変化なく継続中。(※8下線)
9.緩和政策の継続性についても前回と同じ表現。(※9下線)
10.将来の緩和政策については,前回の"as well as the extent of progress toward its economic objectives"の節から変化しておらず,機動的な緩和政策について記述。結果として第4パラグラフは前回と同じ。(※10下線)
11.レートは今回も0.25%で据え置きで,"this exceptionally low range for the federal funds rate will be appropriate at least as long as the unemployment rate remains above 6-1/2 percent"という前回と同じ表現で,6.5%以上の失業率の間は現在の政策金利の継続を宣言。(※11下線)
12.上記の失業率ターゲット政策には,"no more than a half percentage point above the Committee’s 2 percent longer-run goal, and longer-term inflation expectations continue to be well anchored"というインフレ期待が2.5%以内であるという前回と同じ条件がついている。(※12下線)
13.前回と同じく,労働市場の追加的測定値やインフレ圧力とインフレ期待の指標,金融情勢のその他の情報などの別の指標も緩和政策判断に使う可能性を記述。結果として第5パラグラフは前回と同じ。(※13下線)
14.前回と同じく,カンザスシティ連銀のジョージ総裁が将来の経済・金融のインバランスに影響を与えるとして現行の緩和政策に(タカ派として)不同意を表明しただけでなく,セントルイス連銀のブラード総裁が現行の緩和政策だけではインフレ目標を達成するという強いシグナルになっていないと(準タカ派としては異例の)不同意を表明。(※14下線)

For immediate release
Information received since the Federal Open Market Committee met in May suggests that ※1economic activity has been expanding at a moderate pace. ※2Labor market conditions have shown further improvement in recent months, on balance, but the unemployment rate remains elevated. Household spending and business fixed investment advanced, and the housing sector has strengthened further, but ※3fiscal policy is restraining economic growth. ※4Partly reflecting transitory influences, inflation has been running below the Committee's longer-run objective, but longer-term inflation expectations have remained stable.

Consistent with its statutory mandate, the Committee seeks to foster maximum employment and price stability. The Committee ※5expects that, with appropriate policy accommodation, economic growth will proceed at a moderate pace and the unemployment rate will gradually decline toward levels the Committee judges consistent with its dual mandate. ※6The Committee sees the downside risks to the outlook for the economy and the labor market as having diminished since the fall. The Committee also anticipates that ※7inflation over the medium term likely will run at or below its 2 percent objective.

To support a stronger economic recovery and to help ensure that inflation, over time, is at the rate most consistent with its dual mandate, ※8the Committee decided to continue purchasing additional agency mortgage-backed securities at a pace of $40 billion per month and ※8longer-term Treasury securities at a pace of $45 billion per month. The Committee is maintaining its existing policy of reinvesting principal payments from its holdings of agency debt and agency mortgage-backed securities in agency mortgage-backed securities and ※8of rolling over maturing Treasury securities at auction. Taken together, these actions should maintain downward pressure on longer-term interest rates, support mortgage markets, and help to make broader financial conditions more accommodative.

The Committee will closely monitor incoming information on economic and financial developments in coming months. ※9The Committee will continue its purchases of Treasury and agency mortgage-backed securities, and employ its other policy tools as appropriate, until the outlook for the labor market has improved substantially in a context of price stability. ※9The Committee is prepared to increase or reduce the pace of its purchases to maintain appropriate policy accommodation as the outlook for the labor market or inflation changes. In determining the size, pace, and composition of its asset purchases, the Committee will continue to take appropriate account of the likely efficacy and costs of such purchases ※10as well as the extent of progress toward its economic objectives.

To support continued progress toward maximum employment and price stability, the Committee expects that a highly accommodative stance of monetary policy will remain appropriate for a considerable time after the asset purchase program ends and the economic recovery strengthens. In particular, the Committee decided to keep the target range for ※11the federal funds rate at 0 to 1/4 percent and currently anticipates that ※11this exceptionally low range for the federal funds rate will be appropriate at least as long as the unemployment rate remains above 6-1/2 percent, inflation between one and two years ahead is projected to be ※12no more than a half percentage point above the Committee's 2 percent longer-run goal, and longer-term inflation expectations continue to be well anchored. ※13In determining how long to maintain a highly accommodative stance of monetary policy, the Committee will also consider other information, including additional measures of labor market conditions, indicators of inflation pressures and inflation expectations, and readings on financial developments. When the Committee decides to begin to remove policy accommodation, it will take a balanced approach consistent with its longer-run goals of maximum employment and inflation of 2 percent.

Voting for the FOMC monetary policy action were: Ben S. Bernanke, Chairman; William C. Dudley, Vice Chairman; Elizabeth A. Duke; Charles L. Evans; Jerome H. Powell; Sarah Bloom Raskin; Eric S. Rosengren; Jeremy C. Stein; Daniel K. Tarullo; and Janet L. Yellen. Voting against the action was ※14James Bullard, who believed that the Committee should signal more strongly its willingness to defend its inflation goal in light of recent low inflation readings, and Esther L. George, who was concerned that the continued high level of monetary accommodation increased the risks of future economic and financial imbalances and, over time, could cause an increase in long-term inflation expectations.

ドル円・ユーロドル・ドルスイスの展望【2013/06/17の週】

【先週の概況】
先週もまた「魔の木曜日」が現れて日経平均が続落し,円高が進んだ週でした。ドル円は上限は99円台前半まで記録したものの93円台後半まで下落しています。ユーロドルは1.31ドル台後半でサポートされ1.33ドル台後半までの上昇が際立ちました。ドルスイスは0.94フラン台前半と0.91フラン台前半の間で推移し前週より大きくフラン高です。(WTI)原油価格は96ドル台前半で始まった後の火曜日には94ドル台前半まで下落したもののその後は週後半にかけて98ドル台前半まで上昇し,週末には少し戻して97ドル台後半で週末を迎えました。金価格は1383ドル台で始まった後は,火曜日に1372ドル台まで下落してから木曜日までに1391ドルまで反騰しました。その後はボラの高い状況で1376ドル台まで下げる時期もありましたが,最終的には1391ドルまで戻して週末を迎えました。



【ドル円】
先週の予想:なし
先週の変動:99.273円-93.782円(終値94.106円)
的中度:該当せず
今週の予想:95.30円-93.50円
※日経平均の下落に怯えながらの円安ではもう一度93円台半ばあたりまでは下値を試す展開になりそうです。一方,上値は95円台前半がやっとでしょう。



【ユーロドル】
先週の予想:なし
先週の変動:1.33893ドル-1.31767ドル(終値1.33428ドル)
的中度:該当せず
今週の予想:1.3150ドル-1.2950ドル
※ドル円ほどは値幅はなく一方的な上昇も下落もないと考えて,下値は1.32ドル台半ばではサポートされると考えます。一方,上値は1.34ドル台前半までの上昇は可能性ありと見ています。



【ドルスイス】
先週の予想:なし
先週の変動:0.94174フラン-0.91295フラン(終値0.92076フラン)
的中度:該当せず
今週の予想:0.9320フラン-0.9170フラン
※ドルが弱いのでドルスイスもフラン高になりますが,先週ほどの値幅がないと考えて,今週の下値は0.91フラン台後半までは下落すると見ています。一方,上値は0.93フラン台前半までの上昇を考えています。

【今週の指標/イベント】
6月20日: FOMC
6月20日: 6月フィラデルフィア連銀景況指数

※FOMCで金融緩和縮小の懸念を払拭できるかどうか,バーナンキ議長があまりにもナイーブな会見をしないと良いですね。フィラデルフィア連銀景況指数の方は悪くても良くてもドル安方向に動くではないかと思っています。

米5月小売売上高は予想より増加も,「魔の木曜日」で為替はドル安に

Retail Sales in U.S. Increased More Than Forecast in May

5月の小売売上高は「自動車を除くコア」が前月比0.3%と予想通りで,全体は前月比0.6%と予想の0.4%を上回りました。加えて4月の小売売上高もコアが0.0%に少し上方修正されました。4月が良くなかったので5月の伸びが大きくなるのはしかたがないことです。

米5月小売売上高(自動車除くコア): 0.3% (予想:0.3%,前月:-0.1%,前月改定:0.0%)
米5月小売売上高: 0.6% (予想:0.4%,前月:0.1%)



しかし,予想を上回ったのでFRBの「出口戦略」が早まったと考えられたのか…はたまた「魔の木曜日」の日経平均の下落の影響と連動して,米国株式市場の下落とドル安もセットでやってまいりました。ギリシャも国営TV/ラジオ局が閉鎖されるという財政再建の「スタンドプレー」が目立ちますが,こちらがユーロドルに影響を与えなかったことは,現在のボラティリティ相場にはユーロ圏のイベントやニュースがほとんど影響しないことの現れですね。

ドル円・ユーロドル・ドルスイスの展望【2013/06/10の週】(本業で忙しいので今週はお休みします)

【先週の概況】
先週はドラギショックでユーロ高・ドル安の動きで日経平均も大幅下落という状況になったあと,米雇用統計でドル高に反転して日経平均が揺り戻しました。本業が忙しいので今週の展望のエントリはお休みします。週足チャートだけはアップしておきます。

【今週の指標/イベント】
6月11日: 日銀政策金利(現状維持)
6月13日: 米5月小売売上高

※特に為替と連動して日経平均の乱高下が目立ちます。先物や為替でレバレッジを掛けるのはプロでも大変な相場ですので静観をお勧めします。

【ドル円 -6/7】



【ユーロドル -6/7】



【ドルスイス -6/7】

通貨ペアの曜日アノマリー



通貨の曜日ごとのアノマリーを2013年1月から6月6日までの分で調べてみました。
2-6はそれぞれ月曜日から金曜日まで,UとDはそれぞれ陽線回数と陰線回数,U%とD%はそれぞれ陽線回数と陰線回数の期間全体に対する割合です。

■ 今年のドル円は水曜日と金曜日にドル高で月曜日に円高
■ 円の月曜日の強さはGBP/JPY・EUR/JPY・USD/JPYではっきりしている
■ 円の金曜日の弱さもEUR/JPY・USD/JPYでははっきりしている
■ ユーロドルはダイナミックに動き,曜日アノマリーは全く感じない(システムトレード向き)

※「なんだ,金曜日にドル円を売って月曜日に買い戻せばいいじゃないか。」というほど簡単ではありませんが,アノマリーを調べておくと色々仕掛けに使えますよ。

5月失業率は0.1%上昇も,NFPは事前予想を上回ってドルが戻す展開

Payrolls in U.S. Rose 175,000 in May, Unemployment 7.6%

5月非農業部門雇用者数: 175K (予想:163K,前回:165K,前回改定:149K)
5月失業率: 7.6% (予想:7.5%,前回:7.5%)



5月の失業率は4月より0.1%上昇しましたが,NFPは予想の163Kを上回る175Kというまずまず良い結果となりました。一方で4月のNFPは165Kから149Kに16Kも下方修正されていますので,前月の下方修正の分は今月の増加の見かけ上の上昇につながっていると考えると159Kの増加と見ることもできます。なので今回の米雇用統計は本当は予想以下と言っても構わないのですが,直前まで相当な円高になり市場はドルを買いたくてしょうがなかったわけで,ドル円は94ドル台から97ドル台へとバンジージャンプしてきました。

製造業: -8000人 (前回:-9000人) ※前回修正と今回が共にマイナス
建設業: 7000人 (前回:-2000人) ※プラスになったけど強くはない
リテール部門: 2万7700人 (前回:1万9900人) ※一時雇用で何とか凌ぐセクター
輸送・物流業: -3900人 (前回:5900人) ※ここはプラス・マイナスで振動中
情報業: 3000人 (前回:-7000人) ※前回のマイナスから回復
金融業: 4000人 (前回:9000人) ※多くはないがマイナスではない
プロフェッショナルサービス部門: 5万7000人 (前回:6万0000人) ※一番安定した増加を維持
教育・医療部門: 2万6000人 (前回:3万7000人) ※堅調さを引き続き維持
民間部門: 17万8000人 (前回:15万7000人) ※予想を上回った点では評価
政府部門: -3000人 (前回:-8000人) ※元々期待していませんが何か

今月も,前回に続き教育・医療部門とプロフェッショナルサービス部門の安定した増加が印象的でした。ところが,ある程度の学歴&ホワイトカラーとしてのスキルがないと安定雇用は期待できない一方で,大学学費の上がる米国は本当に誰にでもチャンスがある「アメリカン・ドリーム」の国ではなくなったのでしょうか。これは,教育格差が収入格差につながりかねない米国にとっては由々しい問題で,NFPの総数がいくら上がろうともつきまとうことになりますね。

ECBは政策金利を0.50%に据え置き…ドラギ総裁はマイナス金利の早期実施に否定的で相場はユーロ高

ECB Keeps Rates on Hold as Confidence Returns to Region

6月6日にECBは政策金利を0.50%のまま据え置きました。今回の会見ではインフレリスクは「おおむね均衡」しており,成長には「下振れリスク」があるとの認識は変わりませんが,ユーロ圏の信頼感改善で域内経済が年内に安定化するとの見方を示しました。中銀預金金利と限界貸出金利もそれぞれゼロと1%で継続しています。どうも政策委員間で意見対立があるのか今回は「さまざまな手段がある」があると言明したものの「いつやるか?今でしょ」のようなリーダーシップは感じられませんでした。先回の会見で示唆したマイナス金利を課す可能性については,「政策委員たちが協議した」ことは認めたものの「直ちに行動することを正当化するには不十分だった」という結論だったので相場にも大きな影響を与えました。



発表後にユーロドルは1.31ドルあたりから1.33ドルまで4時間ほどかけて「ドラギショック」と名付けるしかないドル安・円高・ユーロ高になりました。まあ,円高とドル安が同時に来てドル円が酷いことになっているのですが,(ドル円の円高とユーロドルのユーロ高には2時間ほどの時間差があるので)ドル安のきっかけを与えたのはこのユーロドルの動きですね。その後,ご存知の通り金曜日の米雇用統計が普通に良かったのでドル円のブレも一瞬の95円割れで終わり,反転が始まっています。暦の関係でECBの政策金利発表と米雇用統計が同じ週になる場合は特に注意が必要なのは先回と同じです。

***

なお,以下のページに会見のトランスクリプトとビデオ映像があります。
トランスクリプト: Introductory statement to the press conference (with Q&A)
ビデオ映像: Webcast of the press conference 6 June 2013

5月ISM製造業景気指数は予想を下回りとうとう50を割る

Treasuries Gain After U.S. Manufacturing Unexpectedly Contracts

5月ISM製造業景気指数: 49.0 (予測:51.0,前月:50.7)



5月のISM製造業景気指数は4月の50.7から1.7ポイント減の49.0に低下し,事前予想の51.0には全く届きませんでした。内訳では,新規受注指数(New Orders)は前月から3.5ポイント減で48.8に,製造指数(Production)は4.9ポイント減で48.6になるという停滞状況です。かろうじて雇用指数(Employment)は0.1ポイント減にとどまり,50.1まで低下して今月もなんとか50以上の継続記録更新中です。一方,入荷遅延(Supplier Deliveries)は2.2ポイント減で48.7とやはり50を割っています。

在庫指数(Inventories)は2.5ポイント増で,顧客在庫指数(Customers' Inventories)も1.5ポイント増です。受注残指数(Backlog of Orders)は5.0ポイント減でしたので急速に顧客からの需要がなくなり在庫が増加傾向にある状況のようです。価格指数(Prices)は先月から0.5ポイント減でこれも50を割ってしまいました。

輸出指数(Exports)は3.0ポイント減で,輸入指数(Imports)は0.5ポイント減です。株式市場は経済指標が悪いほど「出口戦略」のスタートが遠のき上昇するという珍現象ですが,為替的にはしっかりドル安となっています。

 | HOME |  NEXT »

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2013-06 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Forex Rates

This site's QR Code