EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

米4月小売売上高はマイナスの伸び予想よりは良かったので若干ポジティブだが,為替への影響は限定的

Retail Sales in U.S. Unexpectedly Rise on Broad-Based Gains

4月の小売売上高は「自動車を除くコア」が前月比-0.1%と予想の-0.2%を若干上回り,全体も前月比0.1%と予想の-0.3%を上回りました。加えて3月の小売売上高も全体が-0.5%に下方修正されました。3月以降の売上高の伸びには引き続き力強さが見られませんが,世界の他の地域の景気が低迷していることからどれほどドルに対してのアゲンスト感はありません。

米4月小売売上高(自動車除くコア): -0.1% (予想:-0.2%,前月:-0.4%)
米4月小売売上高: 0.1% (予想:-0.3%,前月:-0.4%,前月改定:-0.5%)

Please wait for Cleveland Fed data update

この程度しか予想を上回れない小売売上高からすると,個人的にはドルが売られてもおかしくないと思いますが,いまいちそうならないのはユーロはソブリンリスクで円は「異次元緩和」でのそれぞれの通貨の下落が見込まれているからでしょう。米国以外の国の経済状況が良くない場合は,普通の米国経済指標が完全に無視されてしまう特別なケースなんでしょうね。

ドル円・ユーロドル・ドルスイスの展望【2013/05/13の週】

【先週の概況】
先週はまともな指標はなかったのですがあっさりとドル円は100円越えの一方で,ユーロドルは再び1.30ドル割れとドル堅調の流れでしたので,当然ドルスイスも一時0.96フラン台まで駆け上がりました。要するに通貨としては短期的にはドルしか買えませんという状況ですね。(WTI)原油価格は95ドル台半ばで始まった後は,一度は97ドル台まで上昇したもののその後は94ドル台後半まで落ち込んでから95ドル台を推移しました。水曜日に再び96ドル台後半まで上昇するものの97ドル台に到達せずに続落し,金曜日に93ドル台前半まで急落してから劇的に戻して95ドル台後半で週末を迎えました。金価格は1470ドル台で始まった後は,月曜日に1475ドル台をつけるのが精一杯で火曜日には一時1450ドルを割り込みました。木曜日までにはもう一度盛り返して1472ドル台を回復しましたが,原油と同じく金曜日に急落して一時1423ドル台の安値を記録しました。しかし週引けにかけて戻して1448ドル台で週末を迎えました。要はドルが強いと商品相場は揃って振るわないわけですが,金価格の場合は元々買われ過ぎのこともあり調整が長く続いています。



【ドル円】
先週の予想:99.90円-97.50円
先週の変動:101.972円-98.573円(終値101.598円)
的中度:上限は約210PIPSのドル安方向の大外し,下限は約110PIPSのドル安方向の外し
今週の予想:102.90円-101.30円
※4年ぶりぐらいにドル円の3桁台を見ましたね。高値圏で終わったので下値は101円台前半ではサポートされると思います。一方,上値は102円後半まで伸びてもらう覚悟でいます。



【ユーロドル】
先週の予想:1.3210ドル-1.3050ドル
先週の変動:1.31934ドル-1.29347ドル(終値1.29883ドル)
的中度:上限は約20PIPSのドル安方向の誤差,下限は約120PIPSのドル安方向の外し
今週の予想:1.3120ドル-1.2930ドル
※大きく下落したもののユーロドルとしてはレンジ相場の範囲内ですので,下値はさすがに1.29ドル台前半ではサポートされると考えます。一方,上値は1.31ドル台前半まで上がれば戻り売りで伸びが止まると見ています。



【ドルスイス】
先週の予想:0.9430フラン-0.9280フラン
先週の変動:0.96266フラン-0.93328フラン(終値0.95670フラン)
的中度:上限は約200PIPSのドル安方向の大外し,下限は約50PIPSのドル安方向の外し
今週の予想:0.9610フラン-0.9480フラン
※先週はどの為替ペアもドル高をうまく見積もれませんでした。今週の下値は0.94フラン台後半で手堅くサポートされると見ています。一方,上値は0.96フラン台には達するものの前半レベルで勢いはなくなるでしょう。

【今週の指標/イベント】
5月13日: 米4月小売売上高
5月16日: 5月フィラデルフィア連銀景況指数

※先週100円を越えたドル円はとどまるところを知りませんが,ここまで円安になると米国経済指標がいったん悪くなってドル円の押し目買いがほしいところです。一方で,ユーロドルはグダグダが続いてシステム的には買い場が少ないというのが最近の傾向です。

 | HOME | 

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2013-05 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Forex Rates

This site's QR Code