EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

3月失業率は0.1%低下も,NFPは事前予想を大きく下回り大失望

Payrolls Rise as U.S. Jobless Rate Reaches Four-Year Low

3月非農業部門雇用者数: 88K (予想:190K,前回:236K,前回改定:268K)
3月失業率: 7.6% (予想:7.7%,前回:7.7%)

Wait for ClevelandFed updates

3月の失業率は2月より0.1%低下したものの,NFPは予想の190Kをはるかに下回る88Kという大失望の結果となりました。一方で2月のNFPは236Kから268Kに32Kも上方修正されていますので,前月の上方修正の分は今月の増加の見かけ上の減少につながっていると考えると辛くも120Kの増加と見ることもできます。一説では太陰暦のイースターのめぐり合わせで失業者の求職がイースター後の4月にずれ込んだという噂もあります。いくら失業率が7.6%まで下がったとはいえ,NFP自体は良くないのでユーロドルが1.30ドルに再タッチするのは当然ですが,ドル円は円が独歩安なので97円台…まさに異次元です。

製造業: -3000人 (前回:1万9000人) ※マイナスに転じるとは意外
建設業: 1万8000人 (前回:4万9000人) ※これは酷い失速
リテール部門: -2万4100人 (前回:1万4600人) ※一時雇用の怖さですか
輸送・物流業: -2800人 (前回:-1700人) ※マイナスがまた拡大
情報業: 5000人 (前回:1万9000人) ※そろそろ伸びが止まるのか
金融業: -2000人 (前回:8000人) ※一進一退の攻防
プロフェッショナルサービス部門: 5万1000人 (前回:8万0000人) ※前回が多すぎた反動
教育・医療部門: 4万4000人 (前回:3万1000人) ※堅調なのはここだけ
民間部門: 9万5000人 (前回:25万4000人) ※雪崩のように大失速
政府部門: -7000人 (前回:1万4000人) ※元々期待していませんが何か

今月は,建設業とプロフェッショナルサービス部門の前月の大幅な反動が数字になりました。全業種中で前回より大きく増加したのは教育・医療部門のみで民間部門のNFPが雪崩のように大失速しました。いくら毎月ごとに一喜一憂しないほうが良いと言っても統計上の誤差を越えて酷いので,今月は素直に雇用統計が悪化したと考えましょう。4月に好転する確証もないのでFRBの緩和政策的にも要注意と言えます。

今週は木曜日の「異次元の」日銀緩和で円安・株高が進む一方で,金曜日には債券市場がこれまたリーマン・ショック以来の乱高下でまさに「異次元の」為替市場・株式市場・債券市場でした。ちょうどシステムトレードのコードは期初の調整中で自動売買がオフであったのが残念だったのかラッキーだったのか…わかりませんね。

 | HOME | 

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2013-04 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Forex Rates

This site's QR Code