EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

3月ISM製造業景気指数は予想を下回り前月からも下落

Manufacturing Cools in U.S. as Government Cuts Loom: Economy

3月ISM製造業景気指数: 51.3 (予測:54.1,前月:54.2)



3月のISM製造業景気指数は2月の54.2から2.9ポイント減の51.3に低下し,事前予想の54.1からも2.8ポイント減に終わりました。内訳では,新規受注指数(New Orders)は前月から6.4ポイント減で51.4に,製造指数(Production)は5.4ポイント減で52.2にまで低下しました。雇用指数(Employment)は1.6ポイント増で,42か月50以上が継続して記録を更新しています。一方,入荷遅延(Supplier Deliveries)は2.0ポイント減で50を割ることになりました。

在庫指数(Inventories)も2.0ポイント減で,顧客在庫指数(Customers' Inventories)は1.0ポイント増です。受注残指数(Backlog of Orders)は4.0ポイント減でしたので需要の増加も一服で生産調整の段階に移行しつつある状況のようです。価格指数(Prices)は先月から7.0ポイント減で良い具合に低下して来ました。

輸出指数(Exports)は2.5ポイント増で,輸入指数(Imports)は変化がありません。特に円に対してはドル高なのですが,それほど輸出入に目立った変化がないのは普通に商品需要があるということです。

ドル円・ユーロドル・ドルスイスの展望【2013/04/01の週】(期初の本業事情に付き今週はお休みします)

期初の本業の事情により今週の展望のエントリはお休みします。週足チャートだけはアップしておきます。

4月1日:日銀短観(2013年Q1)
4月1日:3月ISM製造業景気指数
4月4日:ECB政策金利
4月4日:日銀政策金利
4月5日:3月米雇用統計

※今週は何と言っても木曜日の日銀政策金利発表に市場が大いに期待していますので,特段のサプライズがなかった場合に「失望の円高・株安」が訪れる可能性があります。黒田日銀が発足以来初めて直面する市場との対話に注目しましょう。もちろん,同じ木曜日の晩のドラギECB総裁の会見でキプロス情勢がどう話されるかにも興味がありますね。またその後,金曜日には3月の米雇用統計が真打ちとして控えているのは言うまでもありません。

【ドル円 -3/29】



【ユーロドル -3/29】



【ドルスイス -3/29】

 | HOME | 

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2013-04 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Forex Rates

This site's QR Code