EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

ドル円・ユーロドル・ドルスイスの展望【2013/03/25の週】

【先週の概況】
先週はキプロス問題が1週間グダグダで,ドル円は96円台前半まで行って来いの戻りで94円台に逆戻り,ユーロドルは一時1.28ドル台半ばまで下落しましたが毎日のように行われるユーロの会合の意味不明の期待のもと1.29ドル台後半まで寄せて上げました。ドルスイスは0.94フラン台後半までの上昇が限界で,ドル円のようにドル安に転じて0.93フラン台後半まで下落してこちらも行って来い相場と言えます。(WTI)原油価格は93ドル台前半で始まった後は,水曜日までは94ドルと91ドル台後半の間で推移し,一時82ドル近くまで下落するヒゲがあったもののその後も一定のレンジを保って,金曜日に93ドル台後半まで再び上昇して週末を迎えました。金価格は1592ドル台で始まった後は,ユーロ不安のため一貫して上げ続け火曜日に1613ドル台,金曜日に1615ドル台をつけるまで上昇しました。その後は少し戻して1608ドル台まで反落して週末を迎えました。



【ドル円】
先週の予想:96.10円-94.30円
先週の変動:96.124円-94.187円(終値94.437円)
的中度:上限は10PIPS以内のほぼ的中,下限は約10PIPSのドル高方向の誤差
今週の予想:95.50円-93.80円
※今週はちょっと動きにくいのですが,安値圏で始まったので93円台後半までは下がるかもしれません。一方,上値は上昇トレンドがないので95円台半ばあたりで力尽きるのが相場ではないかと思います。



【ユーロドル】
先週の予想:1.3010ドル-1.2880ドル
先週の変動:1.30091ドル-1.28431ドル(終値1.29880ドル)
的中度:上限は10PIPS以内のほぼ的中,下限は約40PIPSのドル安方向の誤差
今週の予想:1.3090ドル-1.2950ドル
※今週は高値圏で始まったので1.29ドル台半ばあたりでは強気の押し目買いが集中するでしょう。一方,上値は1.30ドル台後半までは勢いで達すると思いますがそこから先が難航します。



【ドルスイス】
先週の予想:0.9520フラン-0.9410フラン
先週の変動:0.94904フラン-0.93955フラン(終値0.94042フラン)
的中度:上限は約30PIPSのドル高方向の誤差,下限は約10PIPSのドル高方向の誤差
今週の予想:0.9490フラン-0.9330フラン
※先週から下落傾向にあるものの0.93フラン前半では強くサポートが意識されます。一方,上値は0.94フラン台後半には達するでしょうが0.95フランを越えていくのにはあまりに勢いがなさ過ぎます。

【今週の指標/イベント】
今週は目立った米国経済指標はなく,「キプロス救済スキーム」の実効性と承認側のドイツ・フィンランド・オランダ議会の反応に注目しましょう。あと週末は復活祭ですから金曜日はGood Fridayで市場はお休みです。今週は余りトレードの値幅は取れそうもないので休んでも良いと思います。

FOMC statement, March 20, 2013

FOMC statement

キプロス問題でニヤニヤしている間にFOMCが開かれていましたけど…。2013年1月30日以来,約49日ぶりのリリースでした。言うまでもなく今回も政策金利は据え置きでしたが,これといったトピックもなくあっさりしたFOMCでした。欧州方面が恒例の春のイベント祭りで大変な一方で,比較的堅調に推移する米国経済なので本来で言えばもっと強気でも良いのですが,失業率ターゲティングのおかげで迂闊に緩和政策を切りにくくなっています。国債購入額の縮小などが今秋以降検討されている様子です。完全に出口戦略を実施する前にバーナンキ議長も退任になり,彼の評価も後の世代に委ねることになるでしょう。

1.景気回復については,前回の"paused in recent months, in large part because of weather-related disruptions and other transitory factors"から今回の"a return to moderate economic growth following a pause late last year"に変化し,昨年末の景気の停滞気味から戻ってきたよという上方修正の記述に変更。(※1下線)
2.雇用情勢については,前回の"Employment has continued to expand at a moderate pace but the unemployment rate remains elevated"から今回の"Labor market conditions have shown signs of improvement in recent months but the unemployment rate remains elevated"に変化したが,後段は同じで前段も言い換えたのみという工夫の乏しい記述。(※2下線)
3.家計消費については,前回の"advanced, and the housing sector has shown further improvement"から今回の"advanced, and the housing sector has strengthened further, but fiscal policy has become somewhat more restrictive"に変化し,設備投資と共に前回と同じ表現だが,住宅市場の方は改善から強さを表す表現に上方修正。また,政府の財政政策に制限が多くなっていることに初めて言及。(※3下線)
4.インフレ要因については,前回の"Inflation has been running somewhat below the Committee’s longer-run objective"から全く変化していない。長期目標水準より低めであることと,エネルギーコスト上昇が一時的であることを強調。(※4下線)
5.景気の展望については,前回の"expects that, with appropriate policy accommodation, economic growth will proceed at a moderate pace and the unemployment rate will gradually decline toward levels the Committee judges consistent with its dual mandate"から全く変化していない。失業率の低下がゆっくりであることを強調。(※5下線)
6.金融市場の後退リスクは,前回の"strains in global financial markets have eased somewhat, the Committee continues to see downside risks"から今回の"The Committee continues to see downside risks"に変化して前段部分が削除され,キプロス問題については触れないままダウンサイド・リスクを継続中。(※6下線)
7.インフレ見通しについては,前回の"inflation over the medium term likely would run at or below its 2 percent objective"から変化なく,明示的にインフレ・ターゲット値を表現。(※7下線)
8.第3パラグラフは前回と全く同じなので,従来からの緩和策は変化なく継続中。(※8下線)
9.緩和政策の継続性については,前回の"If the outlook for the labor market does not improve substantially"の条件が削除されて,労働市場の順調な改善は織り込んだままで後段だけ残った。(※9下線)
10.将来の緩和政策については,今回新たに"as well as the extent of progress toward its economic objectives"の節が追加されたが,一層の緩和政策への歯止めなのかどうかははっきりしない。(※10下線)
11.レートは今回も0.25%で据え置きで,"this exceptionally low range for the federal funds rate will be appropriate at least as long as the unemployment rate remains above 6-1/2 percent"という前回と同じ表現で,6.5%以上の失業率の間は現在の政策金利の継続を宣言。(※11下線)
12.上記の失業率ターゲット政策には,"no more than a half percentage point above the Committee’s 2 percent longer-run goal, and longer-term inflation expectations continue to be well anchored"というインフレ期待が2.5%以内であるという前回と同じ条件がついている。(※12下線)
13.前回と同じく,労働市場の追加的測定値やインフレ圧力とインフレ期待の指標,金融情勢のその他の情報などの別の指標も緩和政策判断に使う可能性を記述。結果として第5パラグラフは前回と同じ。(※13下線)
14.カンザスシティ連銀のジョージ総裁が将来の経済・金融のインバランスに影響を与えるとして現行の緩和政策に不同意を表明。(※14下線)

For immediate release
Information received since the Federal Open Market Committee met in January suggests ※1a return to moderate economic growth following a pause late last year. ※2Labor market conditions have shown signs of improvement in recent months but the unemployment rate remains elevated. Household spending and business fixed investment ※3advanced, and the housing sector has strengthened further, but fiscal policy has become somewhat more restrictive. ※4Inflation has been running somewhat below the Committee's longer-run objective, apart from temporary variations that largely reflect fluctuations in energy prices. Longer-term inflation expectations have remained stable.

Consistent with its statutory mandate, the Committee seeks to foster maximum employment and price stability. The Committee ※5expects that, with appropriate policy accommodation, economic growth will proceed at a moderate pace and the unemployment rate will gradually decline toward levels the Committee judges consistent with its dual mandate. ※6The Committee continues to see downside risks to the economic outlook. The Committee also anticipates that ※7inflation over the medium term likely will run at or below its 2 percent objective.

To support a stronger economic recovery and to help ensure that inflation, over time, is at the rate most consistent with its dual mandate, ※8the Committee decided to continue purchasing additional agency mortgage-backed securities at a pace of $40 billion per month and ※8longer-term Treasury securities at a pace of $45 billion per month. The Committee is maintaining its existing policy of reinvesting principal payments from its holdings of agency debt and agency mortgage-backed securities in agency mortgage-backed securities and ※8of rolling over maturing Treasury securities at auction. Taken together, these actions should maintain downward pressure on longer-term interest rates, support mortgage markets, and help to make broader financial conditions more accommodative.

The Committee will closely monitor incoming information on economic and financial developments in coming months. ※9The Committee will continue its purchases of Treasury and agency mortgage-backed securities, and employ its other policy tools as appropriate, until the outlook for the labor market has improved substantially in a context of price stability. In determining the size, pace, and composition of its asset purchases, the Committee will continue to take appropriate account of the likely efficacy and costs of such purchases ※10as well as the extent of progress toward its economic objectives.

To support continued progress toward maximum employment and price stability, the Committee expects that a highly accommodative stance of monetary policy will remain appropriate for a considerable time after the asset purchase program ends and the economic recovery strengthens. In particular, the Committee decided to keep the target range for ※11the federal funds rate at 0 to 1/4 percent and currently anticipates that ※11this exceptionally low range for the federal funds rate will be appropriate at least as long as the unemployment rate remains above 6-1/2 percent, inflation between one and two years ahead is projected to be ※12no more than a half percentage point above the Committee's 2 percent longer-run goal, and longer-term inflation expectations continue to be well anchored. ※13In determining how long to maintain a highly accommodative stance of monetary policy, the Committee will also consider other information, including additional measures of labor market conditions, indicators of inflation pressures and inflation expectations, and readings on financial developments. When the Committee decides to begin to remove policy accommodation, it will take a balanced approach consistent with its longer-run goals of maximum employment and inflation of 2 percent.

Voting for the FOMC monetary policy action were: Ben S. Bernanke, Chairman; William C. Dudley, Vice Chairman; James Bullard; Elizabeth A. Duke; Charles L. Evans; Jerome H. Powell; Sarah Bloom Raskin; Eric S. Rosengren; Jeremy C. Stein; Daniel K. Tarullo; and Janet L. Yellen. Voting against the action was ※14Esther L. George, who was concerned that the continued high level of monetary accommodation increased the risks of future economic and financial imbalances and, over time, could cause an increase in long-term inflation expectations.

3月のフィラデルフィア連銀景況指数は予想のマイナスを克服しプラスに転換

Philadelphia Area Manufacturing Unexpectedly Expanded

3月フィラデルフィア連銀景況指数: 2.0 (予想:-3.0,前月:-12.5)

3月のフィラデルフィア連銀景況指数は先月の-12.5から2.0へとプラスに転じました。また,先行指数については先月の32.1から32.5へと若干上昇しており,先行指数が今後数か月の状況を暗示しているとすると現況指数が少なめであってもあまり問題とは思いません。(下図参照)



内訳としては,

新規受注: 0.5 (前月:-7.8) -> プラスに改善
出荷指数: 3.5 (前月:2.4) -> プラス幅が拡大
在庫指数: 0.0 (前月:-10.0) -> ゼロレベルに上昇
雇用指数: 2.7 (前月:0.9) -> プラス幅が拡大

というように,先月分よりも確実に良くなっています。先月のマイナス幅の拡大は無視できる結果であることが確認されました。そして,今回用意された特別なアンケートでは2013年の資金支出に関する2つの質問でした。

Q1:2013年の以下のカテゴリの資金支出は2012年と比べてどう変化しますか?
全体の支出: 増加39.4%,減少31.8%,変化なし28.8%,DI(増加-減少)7.6%
非コンピュータ機器費用: 増加39.4%,減少27.3%,変化なし33.3%,DI(増加-減少)12.1%
ソフトウェア費用: 増加22.7%,減少30.3%,変化なし47.0%,DI(増加-減少)-7.6%
コンピュータ及び関連ハードウェア費用: 増加16.7%,減少24.3%,変化なし59.1%,DI(増加-減少)-7.6%
エネルギー削減に関する費用: 増加9.1%,減少27.3%,変化なし62.1%,DI(増加-減少)-18.2%
施設・設備費用: 増加13.6%,減少31.8%,変化なし53.0%,DI(増加-減少)-18.2%

Q2:もし2013年に資金支出が増加しないとしたらその主な理由は何ですか?
予想される売り上げの増加が低い: 54.0%
設備の利用率が低い: 46.0%
一般設備の入れ替えの必要が感じられない: 43.0%
IT設備の入れ替えの必要が感じられない: 41.0%
キャッシュフローまたはバランスシートが悪化している: 16.0%
同等設備ないし施設をアウトソーシングしている: 11.0%
コスト増または外部からの資金繰りが悪化している: 5.0%

と答えています。コンピュータ関連の支出はそれほど多くはありませんが,半数近くの企業はそこそこ支出する意図はあるみたいで,景気が冷え込んでいる兆候は全くないと言えますね。また,資金支出を増加させない理由も必要なのに資金繰りが悪化しているという理由は低いです。この時期,米国の景気動向に過度に神経質になる必要はなくユーロ圏の思いがけないイベントに注目していきましょう。

白川方明日銀総裁退任会見

昨日3月19日に,白川方明日銀総裁が退任されました。在任中はリーマンショックも欧州危機も東日本大震災もありましたが,日本の金融政策を舵取りしてきた方です。

しばらくすれば日銀の記者会見資料のページPDFがアップされると思いますが,ブルンバーグのこの記事がやや詳しいので概要を引用しておきます。

【5年間の任期について】
「一言で言うと、激動の5年間だった」
「リーマンショック、欧州債務危機、東日本大震災、2回の政権交代と、めったには起きないことが次から次へと起きた」
「その下で急速な円高の進行をはじめ、経済・金融も当然大きな影響を受けた」

【黒田新体制について】
「せっかくのチャンスなので、是非ともこれを生かし、日本経済が物価安定の下での持続的成長を実現するよう、適切な政策運営がなされることを期待している」

【市場との関係について】
「市場とどう向き合うのかというテーマは非常に重たい課題だ」
「もちろん市場は中央銀行のコミュニケーションの重要な相手だが、市場参加者にとって望ましいことが、長い目で見た経済の安定にとって望ましいことと、必ずしも一致するわけではないと感じている」

【黒田新総裁の『期待に働き掛ける』発言について】
「期待に働き掛けるという言葉が、中央銀行が言葉によって、市場を思い通りに動かすという意味であるとすれば、そうした市場観、あるいは政策観には危うさを感じる」

【景気の現状について】
「海外経済が持ち直しの兆しを見せ、またグローバルな金融市場でもリスク回避姿勢が後退するなかで円安や株高が進行し、マインドも改善傾向にある。何よりも競争力と成長力の強化に向けた議論が始まりつつある」

【2%の物価目標について】
「われわれが実現したいことは、単に物価が上がればよいということではなく、デフレから早期に脱却し、物価安定の下での持続的成長を実現することだ」
「物価が2%上がり、給料も同率上がるだけでは、国民の生活水準が向上するわけではない。物価が上がり、円の為替レートが同率で円安化しても、対外競争力が高まるわけではない」
「物価上昇の下では歳入も増えるが、歳出も増えるので、財政バランスの改善効果も限定的だ」

【物価上昇率は成長の結果であるべきとの持論】
「実現したいことは、実質経済成長率、人口減少社会では1人当たり実質GDPやGNI(国民総所得)成長率になるかもしれないが、これらが高まり、その結果として物価上昇率が高まっていくという姿だ」

【消費者物価指数の前年比上昇率について】
「消費税率引き上げの影響を除いてみても、2014年度中の平均はプラス0.9%と、同年度の後半には1%に達する可能性が開けつつある」

【デフレの原因は何かという質問に対して】
「ある意味でこれは5年間ずっと付いて回った問いだ。どのような経済活動もすべてお金を必要とするという意味では、すべての経済活動は貨幣的現象と言えるが、だからと言って、すべての経済現象を貨幣だけで説明できるわけではない」
「仮にこの命題を、中央銀行が供給する通貨、いわゆるマネタリーベースを増加すれば物価が上がると解釈すると、過去の日本の数字、あるいは近年の欧米の数字が示すように、マネタリーベースと物価との関係とのリンクは断ち切れている」
「デフレを克服する上で中央銀行の強力な金融政策が必要ないのかというと、もちろん必要だが、同時に、現在日本が置かれた状況を考えると、競争力・成長力強化に向けた幅広い主体の取り組みが不可欠だ」

【自身の市場とのコミュニケーションについて】
「異例の事態の下で政策を展開していく上では、政策の背後にある経済情勢についての判断について丁寧に説明する、政策意図を丁寧に説明するとともに、ありうべき効果とコストについても丁寧に説明する必要がある、それこそが独立した中央銀行としての誠実な対応であるという思いで対応した」

【金融政策の効果とリスクについて】
「もちろん、効果だけあってコストやリスクがないという政策があれば理想的だが、残念ながらそういう政策はない。金利水準が極めて低く、中央銀行のバランスシートも著しく拡大し、財政状況も非常に厳しいという現在の日本の状況では、効果とコストの比較衡量という視点は重要だ」
「過去の経験が示すように、コストやリスクが顕在化するのはずっと後になってからであり、いったん顕在化した場合は、その影響は大きくかつ長く持続する」

【日銀マンとしての仕事と退任後について】
「中央銀行の仕事は奥深い。大変恵まれた職業人生だった」
「明日からはまったく自由の身になるので、趣味のバードウオッチングを含めてゆっくりしたい」

【生まれ変わっても再び日銀総裁をやりたいかという問いに対して】
「そんなふうには思っていない。人生はそれぞれチャレンジのしがいのあることがたくさんあるのだろうと思っている」

***

本当にお疲れ様でした。

ドル円・ユーロドル・ドルスイスの展望【2013/03/18の週】

【先週の概況】
先週は米2月小売売上高が堅調で対ユーロに対してはドル高に反応しましたが,ドル円は96円台後半で行き止まり円安も一段落して調整が入り,安値も95円アラウンドまで記録して一服です。ユーロドルは一時1.31ドル台に達しましたが,安値は1.29ドル台前半を記録しており今後も下押し圧力は強そうです。ドルスイスは0.95フラン台後半をつけた後,0.93フラン台後半まで記録しているので「キプロス危機」表面化でリスクオフとは言い難い情勢です。(WTI)原油価格は91ドル台後半で始まった後は,週前半で93ドル台半ばまで順調に上昇し,その後の反落も週の始値を下回ることなく堅調に推移して,金曜日に93ドル台後半まで伸び上がった後に93ドル台前半まで戻して週末を迎えました。金価格は1579ドル台で始まった後は,なんとか1595ドル台のピークをつけるものの更に上昇は不可能で木曜日には1580ドル台まで反落しました。その後はもう一度1595ドル台を記録しましたが力尽き1592ドル台まで戻したところで週末を迎えました。



【ドル円】
先週の予想:96.70円-94.50円
先週の変動:96.699円-95.068円(終値95.258円)
的中度:上限は10PIPS以内のほぼ的中,下限は約60PIPSのドル安方向の外し
今週の予想:96.10円-94.30円
※今週はキプロス問題で揺れた月曜日の寄り付きレベルの94円台前半が下値となるでしょう。一方,上値は先週がかぶせの陰線になっているので頑張っても96円を少し越えればましかなと思います。



【ユーロドル】
先週の予想:1.3120ドル-1.2880ドル
先週の変動:1.31061ドル-1.29106ドル(終値1.30740ドル)
的中度:上限は約10PIPSのドル安方向の誤差で,下限は約30PIPSのドル高方向の誤差
今週の予想:1.3010ドル-1.2880ドル
※今週はキプロス問題揺れた月曜日の寄り付きレベルの1.28ドル台後半が下値となるでしょう。一方,上値は1.30ドル台半ばに達することも難しいかもしれません。



【ドルスイス】
先週の予想:0.9620フラン-0.9430フラン
先週の変動:0.95657フラン-0.93783フラン(終値0.93844フラン)
的中度:上限は約50PIPSのドル高方向の外し,下限は約50PIPSのドル高方向の外し
今週の予想:0.9520フラン-0.9410フラン
※先週の大振れの範囲には収まる予定なので0.94フラン前半では強くサポートが意識されます。一方,上値は0.95フラン台前半にはなんとか達するのではないかと予想しています。

【今週の指標/イベント】
3月21日(木):FOMC
突然湧いてきたように見える「キプロス危機」ですが今年初め頃も確か目立たない形で話題になっていました。住民のほとんどはギリシャ系でもしかしたらロシアだけでなくギリシャからも逃避資金が流れているかもしれません。課税スキームにはロシアは反対ですしギリシャも面白く無いでしょう。米国経済が安定的に回復しているのと対照的に全くユーロのネタは尽きませんので,今週もユーロドルは下振れ懸念に包まれています。

米2月小売売上高は全体もコアも予想を上回る力強い増加でドル高の流れ

Sales at U.S. Retailers Advance by Most in Five Months

2月の小売売上高は「自動車を除くコア」が前月比1.0%と予想の0.5%を上回り,全体も前月比1.1%と予想の0.5%を上回りました。加えて1月の小売売上高も「自動車を除くコア」が0.4%に,全体が0.2%にそれぞれ上方修正されました。いやあ強いですね。1月はショッピングシーズン終了の反動もあったようですが,2月で完全に懸念された売上高の失速は回避されました。

米2月小売売上高(自動車除くコア): 1.0% (予想:0.5%,前月:0.2%,前月改定:0.4%)
米2月小売売上高: 1.1% (予想:0.5%,前月:0.1%,前月改定:0.2%)

Please wait for Cleveland Fed data update

ドル円は期末要素もあり96円台の後の上値は重いのですが,ユーロドルは引き続き1.30ドル割れから更なるドル高の流れにあります。ユーロ圏はイタリア総選挙の後のグダグダも続いていますので不透明さが漂いユーロにとっては逆風です。市場全体がどんなニュースでもドル高の方向に反応しやすくなっている現状ではそのトレンドに逆らわないことが大切と言えます。

ドル円・ユーロドル・ドルスイスの展望【2013/03/11の週】

【先週の概況】
先週はドラギECB総裁の記者会見がユーロの追い風になったものの,米雇用統計が強すぎてドル全面高で週末を迎えた週でした。ドル円は96円台半ばまでの高値を記録して,安値も93円アラウンドでの底堅さを見せました。ユーロドルはドラギECB総裁の奮闘で1.31ドル台前半まで上げた後に,1.29ドル台半ばまで急落しましたが週の値幅としては大きい方ではありませんでした。ドルスイスは0.94フランアラウンドを起点として上昇し,0.95フラン台半ばまでの高値を記録してドルの強さを見せつけました。(WTI)原油価格は90ドル台後半で始まった後は,あまり大きな値動きはなく,月曜日に89ドル台前半の安値をつけたあとは水曜日に91ドルを少し越えるのが精一杯でした。木曜日に再度越えてからは堅調で91ドル台をほぼキープして91ドル台後半で週末を迎えました。金価格は1576ドル台直下で始まった後は,1571ドル台と1584ドル台の間のレンジ相場で木曜日まで推移しました。その後は1578ドルを中心にさらに小動きになりましたが金曜日に1566ドル台までの下落のスパイクを経験してから1579ドル台まで戻したところで週末を迎えました。



【ドル円】
先週の予想:94.10円-92.90円
先週の変動:96.542円-92.904円(終値95.997円)
的中度:上限は約240PIPSのドル安方向の外し,下限は10PIPS以内のほぼ的中
今週の予想:96.70円-94.50円
※先週に96円台を記録しましたので今週は94円台半ばより下がるのは当面考えられません。一方,上値は先週の高値を更新する96円台後半までは勝負できると思います。



【ユーロドル】
先週の予想:1.3120ドル-1.2950ドル
先週の変動:1.31334ドル-1.29543ドル(終値1.30016ドル)
的中度:上限は約10PIPSのドル高方向の誤差で,下限は10PIPS以内のほぼ的中
今週の予想:1.3120ドル-1.2880ドル
※週末に1.30ドルになんとか戻したもののの下落基調を止められていません。1.29ドル台を割る1.28ドル台後半を記録すると考えています。一方,上値は1.31ドル台前半を抜けるのはやはり容易ではないと考えます。



【ドルスイス】
先週の予想:0.9450フラン-0.9350フラン
先週の変動:0.95506フラン-0.93923フラン(終値0.95155フラン)
的中度:上限は約100PIPSのドル安方向の外し,下限は約40PIPSのドル安方向の誤差
今週の予想:0.9620フラン-0.9430フラン
※先週の始値付近の0.94フラン前半にはしっかりしたサポートが見込まれています。一方,上値は0.96フラン台前半には勢いで達するのではないかと予想しています。

【今週の指標/イベント】
3月13日(水):米2月小売売上高
3月15日(金):米2月消費者物価指数(CPI)
3月初旬のイベントも一応終わり,いっそう米国経済の強さを確認する機会になるのでしょうか。今年は円高レパトリも強くないだろうしもっと円安になるのでしょうね。

2月失業率は0.2%低下,NFPも事前予想を大きく上回りドルが全面高

Payrolls Rise as U.S. Jobless Rate Reaches Four-Year Low

2月非農業部門雇用者数: 236K (予想:165K,前回:157K,前回改定:119K)
2月失業率: 7.7% (予想:7.9%,前回:7.9%)

Wait for ClevelandFed updates

2月の失業率は1月より0.2%低下し,NFPは予想の165Kを大きく上回り236Kの増加になりました。一方で1月のNFPは157Kから119Kに38Kも下方修正されています。前月の下方修正の分は今月の増加の見かけ上の増加につながっていると考えると実質198Kの増加と見ることもできます。それでも,事前予想を大きく上回っているのでいかに2月のNFPが強いか分かるでしょう。また,失業率が4年ぶりに低い水準の7.7%まで下がったのも市場の反応には好感され,ドルの全面高となりました。

製造業: 1万4000人 (前回:1万2000人) ※前月の上方修正と更なる増加
建設業: 4万8000人 (前回:2万5000人) ※住宅市場の改善が顕著に
リテール部門: 2万3700人 (前回:2万9000人) ※変動が激しい中で安定増加中
輸送・物流業: -1300人 (前回:-2万400人) ※前月の減少がイーブン近くまで回復
情報業: 2万0000人 (前回:1000人) ※ホワイトカラー職は大幅な増加
金融業: 7000人 (前回:6000人) ※お世辞にも大幅増加とは言い難い
プロフェッショナルサービス部門: 7万3000人 (前回:1万6000人) ※最大級の増加
教育・医療部門: 2万4000人 (前回:9000人) ※ここも大幅な増加
民間部門: 24万6000人 (前回:14万0000人) ※力強い民間部門の雇用
政府部門: -1万0000人 (前回:-2万1000人) ※前月下方修正+今月も酷い

今月は,建設業の倍増とプロフェッショナルサービス部門のしびれるような増加が目立っています。加えて輸送・物流業の前月の大幅な減少も戻ってきたので民間部門のNFPが大幅に増加しました。リテール部門も継続して安定増加ですし,情報業と教育・医療部門が共に堅調な増加に転じました。毎月ごとに一喜一憂するのではなくこれくらいの増加が継続できれば雇用統計は何も心配する必要がありません。

今週はECBの会合後の発言ではいったんユーロが持ち直しましたが,この雇用統計の発表でドルが完全に他通貨を圧倒し,一時ユーロドルは1.30ドル割れ,ドル円は96円越えを達成しました。もちろん,週末にかけて再び1.30ドル台回復と96円割れに調整していますが基本的なドル高の流れは来週も変わらず,ユーロ圏のセンシティブなニュースに市場が敏感に反応していくのでしょう。

ECBは政策金利を0.75%で据え置き…ドラギ総裁はイタリア総選挙の質問をうまくかわす

Draghi Says ECB Sees ‘Downside Risks’ on Economic Growth

3月7日にECBは政策金利を0.75%のまま8回連続で据え置きました。今回のステートメントではユーロ圏の経済見通しには下向きリスクがあることを強調し本格的な景気回復は2013年下半期に始まると予想しました。このような弱い経済環境を考慮すると物価圧力は限定的であるとも述べ,引き続き緩和的な金融政策スタンスを維持することを保証しています。また,記者会見でドラギ総裁はイタリアの総選挙後の政局が不透明であることについて「我々にとって民主主義は望ましいものだ」とはぐらかし,「1年前のようにイタリアの財政問題が他国に直ちに影響するわけではない現在の状況は以前と比べて改善している」と答えて「悪い時と比較すれば今は良いのだ」という安心感を市場に与えたのはお見事でした。なお,一時期のユーロ高のような状況ではないので為替に関するコメントは今回は避けています。



ドラギ総裁が2013年下半期の景気回復について述べると,一時期1.30ドル割れしていたユーロドルは1.31ドル台前半まで跳ね上がりました。最近はFOMCの時のバーナンキ議長の会見以上に市場にインパクトがありますね。このドラギ総裁の会見によって,溜まっていたショート筋が結構スクイズされたのではないかと考えていますが,1.31ドル台半ばを明確に越えてこない限りユーロドルの1.30ドル割れはなくなったわけではありません。今晩の米雇用統計にはまだ要注意です。

***

なお,会見のトランスクリプトは,ECBのホームページのここ にあります。

ドル円・ユーロドル・ドルスイスの展望【2013/03/04の週】

【先週の概況】
先週はベルルスコーニが中途半端に票を取ってイタリアの総選挙がやり直しになる可能性も出てきたためにガッツリとユーロが売られた週でした。ドル円は94円台半ばまでの高値を記録した一方でリスク・オフの流れで一時91円割れを見せました。ユーロドルも1.33ドル台から急降下で1.29ドル台半ばまで週全般に渡って下落することになりました。ドルスイスは0.92フラン台前半から0.94フラン台前半まで上昇して週末を迎えています。(WTI)原油価格は93ドル台前半で始まった後は,一時94ドル台半ばまで上昇しましたが同日に急落して91ドル台後半まで下がりしました。その後火曜日には93ドル台半ばまで盛り返しましたが後が続かず,木曜日から金曜日にかけて一気に90ドル台前半まで下がり,少しだけ戻して90ドル台後半で週末を迎えました。金価格は1582ドル台で始まった後は,続伸して水曜日に1615ドル台の高値を付けました。その後は続落して金曜日に1568ドル台の安値を記録して,やや戻して1576ドル台直下まで戻したところで週末を迎えました。



【ドル円】
先週の予想:94.50円-90.70円
先週の変動:94.506円-90.855円(終値93.561円)
的中度:上限は10PIPS以内のほぼ的中で,下限は約20PIPSのドル安方向の誤差
今週の予想:94.10円-92.90円
※リスクオフの嵐は週末にかけて収まったので今週は92円台後半あたりがしっかりしたサポートとなるでしょう。一方,上値は94円台前半までが限界で先週の高値を越えるとは思いません。



【ユーロドル】
先週の予想:1.3320ドル-1.2950ドル
先週の変動:1.33179ドル-1.29659ドル(終値1.30180ドル)
的中度:上限は10PIPS以内のほぼ的中で,下限は約20PIPSのドル高方向の誤差
今週の予想:1.3120ドル-1.2950ドル
※先週から下落基調にあるのでいくら1.30ドル台をキープして週末を迎えてももう一度1.29ドル台半ばを記録すると考えています。一方,上値は1.31ドル台前半を抜けるのは容易ではないと考えます。



【ドルスイス】
先週の予想:0.9380フラン-0.9230フラン
先週の変動:0.94617フラン-0.92307フラン(終値0.94249フラン)
的中度:上限は約80PIPSのドル安方向の外し,下限は10PIPS以内のほぼ的中
今週の予想:0.9450フラン-0.9350フラン
※金曜日の起点である0.93フラン台半ばは重要なサポートレベルと言えます。一方,上値は今週も重くて0.94フラン台半ばになんとか達するのも週後半で値幅の少ない週と予想しています。

【今週の指標/イベント】
3月7日(木):日銀政策金利発表
3月7日(木):ECB政策金利発表
3月7日(木):BOE政策金利発表
3月8日(金):2月米雇用統計
今週は白川総裁の最後の政策金利決定会合があります。どうも任期中はお疲れ様でした。ECBの政策金利発表も同日にあり,翌日は米雇用統計とイベント的には忙しい週ですね。希望としてはユーロを戻り売りたいですね。

 | HOME |  NEXT »

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2013-03 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Forex Rates

This site's QR Code