EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

2月のフィラデルフィア連銀景況指数はマイナス幅拡大,でも市場は無視

Manufacturing in the Philadelphia Region Unexpectedly Shrinks

2月フィラデルフィア連銀景況指数: -12.5 (予想:1.0,前月:-5.8)

2月のフィラデルフィア連銀景況指数は先月の-5.8から-12.5へマイナス幅が拡大しました。ただし,先行指数については先月の29.2から32.1へ上昇しています。年明け後に随分と見通しが暗くなったようですが,来月の「財政の崖」の問題によってがさらに見通しが悪くなるのは避けたいですね。(下図参照)



内訳としては,

新規受注: -7.8 (前月:-4.3) -> マイナス幅が拡大
出荷指数: 2.4 (前月:0.4) -> こちらは辛くもプラスを継続
在庫指数: -10.0 (前月:-6.5) -> マイナス幅が拡大
雇用指数: 0.9 (前月:-5.2) -> マイナスからプラスに転じる

というように,先月分よりも確かに悪くなっていますね。しかし,細かく内訳を見ると雇用指数は改善していますし,未済注文(Unfilled Orders)と在庫指数(Inventries)のマイナスの影響が多かっただけなのでそれほど悲観する必要はありません。市場も週末のイタリアの総選挙のほうが気になっているようで,かえってユーロ安・ドル高の展開です。そして,今回用意された特別なアンケートでは2013年の第一四半期の製造予定に関する質問でした。

Q1:2013年1Qの製造予定は2012年の1Qの製造予定に比べてどう変化しますか?
5%以上増加する:16.9%
3-5%増加する:14.1%
3%以下の増加にとどまる:22.6%
(増加意見の合計:53.6%)
変化なし:21.1%
3%以下の減少にとどまる:8.1%
3-5%減少する:5.6%
5%以上減少する:11.3%
(減少意見の合計:25.1%)

Q2:2013年1Qの製造予定は2012年の4Qの製造予定に比べては加速していますか,それとも減速していますか?
顕著な加速:8.5%
ある程度加速:38.0%
(加速意見の合計:46.5%)
変化なし:18.3%
ある程度減速:32.4%
顕著な減速:0.0%
(減少意見の合計:32.4%)

Q3:予想される変化は季節要因ですか,それともビジネス要因ですか?
季節要因:33.8%
ビジネス要因:32.4%
その他の要因:16.9%

と答えています。まあ,企業担当者の見通しはそれほど悪くなくまた季節要因を織り込んだ回答になっているので,今月の指標の悪さはテクニカルな要因と見たほうが良いようです。直前に迫るイタリア総選挙と来月に迫る「財政の崖」の再協議に注目していきましょう。

 | HOME | 

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2013-02 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

Forex Rates

This site's QR Code