EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

ドル円・ユーロドル・ドルスイスの展望【2013/02/18の週】

【先週の概況】
先週は日銀政策金利決定会合は特段の目新しさはなかったものの,週末のG20財務大臣・中央銀行総裁会議の要人発言を期待して,円安になったり逆に振れたり忙しい週でした。ドル円は94円台半ばと92円台前半の間で激しく動き,ユーロドルも1.35ドル台前半と1.33ドル台前半で行って来い相場でした。ドルスイスは比較的小動きで0.91フラン台半ばと0.92フラン台半ばに収まりました。「ギャング・スタイル」の麻生財務大臣の活躍で,名指しこそ避けられましたが日本の政府関係者の為替水準発言はG20会議ではやはりダメ出しされたので,これからは純粋な「3本の柱」の戦略でデフレから脱出してもらいましょう。(WTI)原油価格は95ドル台後半で始まった後は,一時95ドルを割りましたが水曜日までに98ドル台まで上昇しました。その後はおもむね97ドル台で推移し,金曜日に一気に95ドル台まで急落した後に半分だけ戻してなんとか96ドル台前半で週末を迎えました。金価格は1667ドル台で始まった後は,一度も1668ドル台にまで達することなく続落し,火曜日に1644ドル台,木曜日に1642ドル台の安値を記録した後もさらに下げ幅が拡大し,金曜日にはとうとう1610ドル台まで達して週末を迎えました。



【ドル円】
先週の予想:95.20円-92.50円
先週の変動:94.447円-92.215円(終値93.471円)
的中度:上限は約80PIPSのドル高方向の外し,下限は約30PIPSのドル高方向の誤差
今週の予想:94.50円-92.10円
※先々週からずっと92円台割れをトライしつつも失敗しているのでサポートは92円台前半で固いでしょう。一方,上値は95円台の目標がいったん頓挫してしまったので目先向かうのは先週の高値あたりの94円台半ばが限界と見ています。



【ユーロドル】
先週の予想:1.3550ドル-1.3350ドル
先週の変動:1.35191ドル-1.33056ドル(終値1.33598ドル)
的中度:上限は約30PIPSのドル安方向の誤差,下限は約40PIPSのドル安方向の誤差
今週の予想:1.3410ドル-1.3280ドル
※先週しっかりと止まった1.33ドル台前半を少し下押しした1.32ドル台後半あたりまでは余裕を持ってサポートの幅を広げたいです。一方,上値は先々週の下落の傷はまだ癒えず1.34ドル台前半まで上がれば上出来と見ています。



【ドルスイス】
先週の予想:0.9280フラン-0.9150フラン
先週の変動:0.92445フラン-0.91488フラン(終値0.92153フラン)
的中度:上限は約40PIPSのドル高方向の誤差,下限は10PIPS以内の誤差でほぼ的中
今週の予想:0.9280フラン-0.9150フラン
※先週しっかりと止まった0.91フラン台半ばが安定したサポートレベルになることでしょう。一方,上値は現在もまだ戻しの段階ですので0.94フラン台到達はまだ無理と見て0.93フラン後半あたりが限界と見ています。

【今週の指標/イベント】
2月21日(木):米1月消費者物価指数(CPI)
2月22日(金):2月フィラデルフィア連銀景況指数
米1月消費者物価指数(CPI)はほぼ前月並みで引き続きインフレ期待は安定的です。2月フィラデルフィア連銀景況指数は前月に続いてのマイナス転落は避けられる模様で一安心といったところです。

 | HOME | 

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2013-02 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

Forex Rates

This site's QR Code