EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

4月失業率は前月より低下も,NFPの増加は鈍る傾向で一時雇用頼み

Jobless Claims in U.S. Decline More Than Forecast

4月非農業部門雇用者数: 115K (予想:160K,前回:120K,前回改定:154K)
4月失業率: 8.1% (予想:8.2%,前回:8.2%)

Wait for ClevelandFed updates

4月の失業率は3月からまた0.1%下がって8.1%になりましたが,NFPは予想の160Kを下回る115Kの増加にとどまりました。一方3月のNFPは120Kから154Kに上方修正されています。つまり,上方修正されなかったら115K+34K=149Kの増加だったということです。このようにNFPは指標の絶対値ではなく前月の雇用者数からの差分ですので,前月の上方修正で今月の増加が少なく見られがちですし,逆に前月の下方修正で今月の増加が多く見られがちです。ISMや他の経済指標のようにポイントの絶対値で表わされる場合と比べて,NFPは前月修正の影響で好材料と悪材料の入り交じる展開になりがちなのは覚えておくと良いですね。

製造業: 1万6000人 (前回:4万1000人) ※1Qまでに計画生産の製造業は雇用終了か
建設業: -2000人 (前回:-3000人) ※ともかく新築住宅需要減は確実
金融業: 1000人 (前回:1万4000人) ※このセクターも雇い止めですか
リテール部門: 2万9300人 (前回:-2万900人) ※先月のマイナスから一転大幅プラスに
民間部門: 13万0000人 (前回:16万6000人) ※リテール部門に救われてなんとか持ち直し
政府部門: -1万5000人 (前回:-1万2000人) ※相変わらず定常的に蚊帳の外の部門

今月は,製造業の増加傾向に陰りが出ていますが,これは第1四半期までである程度雇用は確保されているという見方もできます。一方,リテール部門は前月の減少がウソのように一転して大幅増ですが,この月ごとのブレは相変わらず一時雇用が多いことの現れでしょう。他のサービスセクターでは,物流・輸送部門の落ち込みが激しいですがこれは季節要因と考えています。プロサービス部門は前月からは大幅増ですが2月の統計ほど増えているわけではありません。本来手堅いはずの教育・ヘルスケア部門の増加が鈍っているのはあまり良い傾向ではありません。本格的な米景気回復を望むのなら,そろそろリテールの一次雇用頼みの状況から脱することができないと先行きは踊り場にさしかかる可能性があります。これからが米国景気の回復の正念場と言えるでしょう。

また相場観測としては,指標発表後はゆっくりとユーロドルが上昇したかと思うと,NY時間の進展に伴って今度はユーロドルが下落し始めました。この雇用統計自体の相場への影響は軽微であり,市場はもう週末のフランス大統領選の決戦投票に向けて,ユーロドルの上げ代ないし下げ代作りに忙しいようです。

 | HOME | 

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2012-05 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Forex Rates

This site's QR Code