EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

2011年11月YTDヘッジファンド成績

12月の後半を迎えましたので,2011年11月までのヘッジファンドの成績の推移を確認したいと思います。



図1が代表的な10種類のファンド成績の推移です。11月はユーロ金融危機の継続で下落相場だったこともあり,各ファンドは再び収益ダウンの展開となりました。ディフェンシブ銘柄であるヘルスケアセクターファンドが何とか1位をキープし,以下,2位がオプション戦略ファンド,3位がモーゲージ組成ファンド,4位が企業合併裁定ファンド,5位がファイナンスセクターファンドの順となっています。悪いほうで言えば,テクノロジーセクターファンドが収益悪化のために今月は再び最下位に転落しました。下落相場なのでロングオンリー戦略ファンドがやはりマイナス収益なのは当然として,エマージング市場ファンドもドルのレパトリが相当効いて下落相場に拍車をかけたに違いありません。12月を待たなくても,テクノロジーセクターファンドの年間最下位は確定的だと思われます。

次が,全セクターの11月までのYTDパフォーマンスの図2です。



9.24%:モーゲージ組成ファンド
4.77%:ショートバイアスファンド
4.01%:ヘルスケアセクターファンド
3.90%:仕組み債非裁定ファンド
2.91%:企業合併裁定ファンド

2.80%:仕組み債裁定ファンド
0.62%:マーケットニュートラルファンド
-0.73%:資産賃貸ファンド
-1.13%:オプション戦略ファンド
-1.21%:転換社債裁定ファンド
-2.75%:ディストレスドファンド
-2.79%:マクロファンド
-3.36%:イベント主導型ファンド
-3.73%:マルチ戦略ファンド
-3.84%:CTA商品先物ファンド
-4.73%:統計的裁定ファンド
-5.02%:スモール・マイクロ企業限定ファンド
-5.62%:スペシャル・シチュエーションファンド
-6.35%:ロング&ショート戦略ファンド
-7.53%:エネルギーセクターファンド
-9.02%:バリュー投資ファンド
-9.23%:ファイナンスセクターファンド
-11.39%:ロングオンリー戦略ファンド
-12.75%:レギュレーションD限定ファンド
-14.11%:エマージング市場ファンド
-20.54%:テクノロジーセクターファンド


10月に続いてモーゲージ組成ファンドが2位との差を広げながら1位をキープしています。2位のショートバイアスファンドは下落相場を生かして3位から順位を上げました。3位のヘルスケアセクターファンドは今月の収益が貢献したようです。4位の仕組み債非裁定ファンドは2位から転落し,5位の企業合併裁定ファンドは同じ順位を守りました。引き続き,上位の数少ないファンド以外は全てマイナス収益という難しい展開が続いています。成績の悪い方では,テクノロジーセクターファンドがダントツの最下位が確定し,下から2番目の成績としてはエマージング市場ファンドが損失を大きく拡大しました。レギュレーションD限定ファンド,ロングオンリー戦略ファンド,ファイナンスセクターファンドの下位の顔ぶれも変わらず,バリュー投資ファンドやエネルギーセクターファンドもそれらに続いて成績が悪いようです。結局は2011年は大幅に損失をしない戦略を続ける必要があったということです。不動産収益で地道に行くか,ディフェンシブ銘柄で保守的に行くか,ポジションを偏らせないで機敏に動くか,あるいは仕組み債で他人から収益を巻き上げる戦略しか勝てていないのですね。

ドル円・ユーロドル・ドルスイスの展望【2011/12/26の週】(お休みモードで遅延気味…)

先週は休みモードで取引していない上にこの週末も忙しくて今週が始まる前のチャートのキャプチャを忘れてしまいました。なのでこのエントリのグラフは26日の週のロウソク足が入ってしまっています。定点観測というのは愚直に日課を守るというのが大切なのですが…日銀政策金利決定会合も目立った動きはなく,米2011年第3四半期GDPもあまりブレなく,11月米耐久財受注は予想よりましな程度では相場も動きませんね。その上,先週からクリスマス休暇ですから出来高・ボラともないのは致し方ありませんね。ギリシャ危機で波乱に満ちた2011年もあと1週間で終わります。暦の関係で今週は何もなく終わるような気がします。(WTI)原油価格は93ドル台で始まり,いったんは92ドル台になったものの火曜日に97ドル台に急伸した後はじわじわと続伸し,先々週の下落を帳消しにした99ドル台で週末を迎えました。金価格は1598ドル台で始まり一時1584ドル台まで下落しましたが,水曜日に1640ドル台まで上昇しました。しかしそこからは反落してクリスマス休暇に入り1606ドル台で週末を迎えました。



ドル円は,予想が78.20円-77.40円で,実際は78.212円-77.677円(終値78.053円)でした。上限は10PIPS以下のほぼ予想通りの誤差で,下限は約30PIPSドル安方向の誤差でした。先週はユーロドルも比較的平穏でしたからドル円が大きく動く理由はありません。こういう相場では休むべきですし,間違ってポジションを取ると市場参加者が少ないため思わぬ激しい動きに翻弄されることがあり得ます。さて今週は,大したイベントも経済指標もないので,78円台に到達してからの上値は重く,77円台では早めにサポートされるでしょう。下限については,先週からさらに切り上げた77円台半ばでサポートされることを期待します。一方,上限については78円台前半の先週の予想を継続します。よって,今週の上値は78.20円程度と予測し,下値は77.50円程度と予測します。



ユーロドルは,予想が1.3150ドル-1.2970ドルで,実際は1.31971ドル-1.29820ドル(終値1.30412ドル)でした。上限は約50PIPSドル高方向の誤差で,下限は約10PIPSドル高方向の誤差でした。先々週が大相場だったので市場参加者が翌週は自重する傾向があります。また既に休暇に入ったトレーダーも多いため必然的にボラが小さくなりこの程度の精度が出て当然と言えます。今週について言えば,さらに小動きになりますから1.30ドルを割ることは心理的に避けられると考え,下限については1.30ドル台前半でのサポートを期待します。一方,上限については1.31ドル半ばからは上値が重い展開に変わりはありませんから先週の予想を継続します。よって,今週の上値は1.3150ドル程度と予測し,下値は1.3020ドル程度と予測します。



ドルスイスは,予想が0.9450フラン-0.9280フランで,実際は0.93988フラン-0.92424フラン(終値0.93741フラン)でした。上限は約50PIPSドル高方向の誤差で,下限は約40PIPSドル高方向の誤差でした。ユーロドルと同じくボラの少ない週のテクニカルな動きはやはりレンジ予測がしやすいですが,値幅が少ないのでスプレッドで利幅を持っていかれてしまうのと出来高の少ないのが致命傷になる可能性がありポジションを取ることは推奨されません。下限については,先週の動きが下がり過ぎくらいなので0.92フラン台後半の先週の予想を継続します。一方,上限については0.94フラン台前半で失速すると予想を切り下げておきます。よって,今週の上値は0.9430フラン程度と予測し,下値は0.9280フラン程度と予測します。

なお今週は「休むのも相場」な週なので,経済指標やイベントの予定は全く気にしないで年末の休暇を楽しみましょう。

 | HOME | 

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2011-12 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Forex Rates

This site's QR Code