EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

各国中銀がドル・スワップ金利の緊急協調利下げを発表

Fed, Five Central Banks Cut Rate on Dollar Swaps

本日2011年11月30日,カナダ銀行(BOC),イングランド銀行(BOE),日本銀行(BOJ),欧州中央銀行(ECB),米国連邦準備制度(FRB)およびスイス国立銀行(SNB)は協調して,国際金融システムに対する流動性供給能力を拡充するための政策を発表しました。

時限的な米ドル・スワップ取極に適用される金利は,米ドルOIS(オーバーナイト・インデックス・スワップ)レートに50BP上乗せしたものになるように,50BP引き下げられます。これは2011年12月5日以降実施されるすべてのオペに適用されます。また,2012年8月1日までの米ドル・スワップ取極の期限は2013年2月1日まで延長されます。

(日銀のアナウンス)
国際短期金融市場の緊張への中央銀行の協調対応策

***

年末にかけて,ドル供給が逼迫することを見越してこのようなスワップ金利の利下げを行ったのですが,2008年のリーマン・ショック後の政策金利の年末の協調利下げの頃を思い出します。

(2008年の協調利下げ)
各国中銀相次いで大幅利下げ

また,2008年12月2日には日銀は臨時の政策委員会・金融政策決定会合を開いて以下のような決定をした後に,白川日銀総裁が臨時記者会見をしています。

1.民間企業債務の適格担保としての取扱いについて社債と企業向け証書貸付債権の適格要件のうち,格付の要件を従来の「A格相当以上」から「BBB格相当以上」に緩和する

2.民間企業債務を担保とする資金供給面の工夫として,民間企業債務の担保価格の範囲内で無担保コールレートの誘導目標と同水準の金利により,供給金額に制限を設けず年度末越えターム物資金を供給するオペレーションを導入する

***

ギリシャの財政破綻懸念に始まる欧州金融危機により,ますます2008年の再来となるような金融市場のドル供給の逼迫感が感じられるようになってきました。

 | HOME | 

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2011-11 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Forex Rates

This site's QR Code