EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

2010年第4四半期米GDPは予想以下だが個人消費は拡大中

Treasuries Decline as Data Show U.S. Economy Accelerated in Fourth Quarter

2010年4Q米実質GDP(前期比年率): 3.2% (予想:3.5%,前期:2.6%)
2010年4Q米個人消費: 4.4% (予想:4.0%,前期:2.4%)
2010年4Q米GDPデフレータ: 0.3% (予想:1.6%,前期:2.1%)

第4四半期米GDPは予想以下ではあったのですが,個人消費は前四半期に続いて好調で4.4%も増加したため,個人消費だけで1.8%から2.7%まで引き上げる結果になったと試算されており2006年第1四半期以来の四半期のGDPの伸びとなりました。そういうわけでこのGDPの速報値は予想を下回ったといえポジティブな指標と言えるでしょう。

Please wait for Cleveland Fed data update

図はGDPの変化に対する貢献率を示しているものですが,個人消費や輸出の増加が大きく貢献した一方,輸入の減少も貢献したようです。

通常は株高・債券安の展開のはずですが,債券が下がったのは予想通りとしても,エジプト情勢が緊迫化してきたために経済以外のイベントドリブンな相場が株安・ドル高を引き起こしています。

2010年12月YTDヘッジファンド成績

1月の後半を迎えましたので,2010年12月までのヘッジファンドの成績の推移を確認したいと思います。



図1が代表的な10種類のファンド成績の推移です。12月は11月の収益ダウンから持ち直して収益は急回復しています。テクノロジーセクターファンドが再び1位に返り咲き,2位にはエネルギーセクターファンドが続きました。また,3位はファイナンスセクターファンド,4位は同率でロングオンリー戦略ファンドとヘルスケアセクターファンドが並びました。ロングオンリー戦略ファンドが優秀な成績の12月は年末ラリー相場だったようです。

次が,全セクターの12月までのYTDパフォーマンスの図2です。



25.79%:テクノロジーセクターファンド
22.02%:モーゲージ組成ファンド
21.40%:スモール・マイクロ企業限定ファンド
20.11%:エネルギーセクターファンド
18.98%:バリュー投資ファンド

15.84%:エマージング市場ファンド
15.54%:ディストレスドファンド
15.01%:ロングオンリー戦略ファンド
14.07%:スペシャル・シチュエーションファンド
12.77%:転換社債裁定ファンド
12.25%:イベント主導型ファンド
11.03%:仕組み債非裁定ファンド
10.72%:仕組み債裁定ファンド
10.58%:オプション戦略ファンド
10.13%:ロング&ショート戦略ファンド
9.40%:CTA商品先物ファンド
8.62%:ヘルスケアセクターファンド
8.46%:マクロファンド
7.84%:レギュレーションD限定ファンド
7.78%:マルチ戦略ファンド
6.38%:ファイナンスセクターファンド
5.84%:企業合併裁定ファンド
4.10%:マーケットニュートラルファンド
3.43%:資産賃貸ファンド
2.33%:統計的裁定ファンド
0.00%:資本構成裁定ファンド
0.00%:マーケットタイマーファンド
0.00%:その他の裁定ファンド
0.00%:短期トレードファンド
-15.52%:ショートバイアスファンド


12月は再びテクノロジーセクターファンドが2位のモーゲージ組成ファンドを逆転して年間トップの座を守りました。3位のスモール・マイクロ企業限定ファンドは変わりませんでしたが,4位のエネルギーセクターファンドは5位のバリュー投資ファンドを僅差で上回りました。またショートバイアスファンドの損失は-15%を越すこととなり,最後まで浮上できませんでした。

これらの上位5ファンドは2010年中には何度も順位を入れ替えながら上位をキープしましたが,2011年はどうなるでしょうか。個人的に以下のような予想をしています。

【テクノロジーセクターファンド】↑:
今年も新製品は目白押しで,先進国および新興国でもさらなる携帯端末等の需要は期待できる。
【モーゲージ組成ファンド】→:
金融危機後のカオスも整理されつつあり,今年は思ったほどお得感のあるディールが伸びないのではないか。
【スモール・マイクロ市場ファンド】→:
スタートアップ企業は多くはないがお宝はそこそこあると思う。
【エネルギーセクターファンド】↑:
エネルギーセクターには今年もボラティリティが期待できるはず。このセクターの株を扱う際には「トレーダー」の資質が必要。
【バリュー投資ファンド】↓:
雇用はそれほど急激に回復しないがプラスに転じており,バリュー株の優位性は減るはず。

さてこのシリーズも3か月ぐらい推移を見て4月末に再び取り上げることにしましょう。

 | HOME | 

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2011-01 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Forex Rates

This site's QR Code