EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

9月失業率は変わらず,NFP減少幅は連続して拡大

Job Losses in U.S. Exceed Forecasts After Local Governments Fire Teachers

9月非農業部門雇用者数: -95K (予想:-5K,前回:-54K,前回改定:-57K)
9月失業率: 9.6% (予想:9.7%,前回:9.6%)



9月の失業率は8月の9.6%から変わりませんでしたが。一方,NFPは予想に反してまた減少幅が拡大中です。求職数も減っているのでなんとか失業率は高止まりのままですが,絶対値では良くない雇用統計がここでも露呈しました。

製造業: -6000人 (前回:-2万8000人) ※ようやくプラス・マイナスゼロに近づいています
建設業: -2万1000人 (前回:3万1000人) ※住宅市場が安定せずにプラスが続かない
金融業: -1000人 (前回:-3000人) ※底止まりと見て良いかどうかは経過観察中
リテール部門: 5700人 (前回:-2000人) ※消費が回復すればここが牽引するだろう
民間部門: 6万4000人 (前回:9万3000人) ※建設業のマイナスに大きく影響を受けました
政府部門: -15万9000人 (前回:-15万0000人) ※政府部門は州政府も含めて連続して雇用創出ができず

***

ちなみに2009年9月の失業率はNFPの減少数が1ケタ違ってもそんなに変わりません。

2009年9月非農業部門雇用者数: -263K (予想:-175K,前回修正値:-201K)
2009年9月失業率: 9.8% (予想:9.8%,前回:9.7%)



さらに2008年9月の失業率はNFPの減少数は今よりも大きいですが,求人の失われる初期段階であったためまだ失業率が6%台で済んでいました。

2008年9月非農業部門雇用者数:-159K (予測:-105K,前月:-73K)
2008年9月失業率: 6.1% (予測:6.1%,前月:6.1%)



今回は1年前・2年前の雇用統計と比較しましたが,NFP減少幅が少なくなっているものの景気回復の勢いが落ちていることは確実で,特に政府部門の減少幅は2年前とは大きく違います。ニュースにあるように州政府が学校の先生の人員削減をすれば今後も政府部門の雇用創出は難しいでしょうね。ドル安容認路線を米当局が取って製品輸出と海外工場の国内回帰に頼るのは当然といえましょう。

それでも株式市場は企業業績ではなくさらなる金融緩和を期待して根拠なく上昇しています。一方,ドル円は81円台まで円高になりましたが,ユーロドルは1.40にタッチしてから落ちてきました。土俵際で米国以外の国がドル安路線にノーと言うのかどうか週末のG7に注目しましょう。

 | HOME | 

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2010-10 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Forex Rates

This site's QR Code