EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

8月のフィラデルフィア連銀景況指数はまさかのマイナス指数

Philadelphia Fed Factory Index Drops as Manufacturing-Led Recovery Weakens

8月フィラデルフィア連銀景況指数: -7.7 (予想:7.2,前月:5.1)

8月のフィラデルフィア連銀景況指数はせいぜい前月と同じかなと予想していたのですが,まさかのマイナス指数でもうびっくり。景気の拡大・後退が均衡するどころか後退の勢いの方が強くなってしまったとは…絶句。先行指数のほうは先月の25.0が19.6となんとか踏みとどまっていますけど。(下図参照)



内訳としては,

新規受注: -7.1 (前月:-4.3) -> 受注はマイナス幅が広がりました
出荷指数: -4.5 (前月:4.0) -> 出荷もマイナスに転じました
在庫指数: -11.6 (前月:4.5) ->在庫は劇的な落ち込みです
雇用指数: -2.7 (前月:4.0) ->頼みの雇用指数も結局マイナスに

というように,急激な景気の冷え込みです。(市場がより悪い予想になってポジティブ・サプライズの可能性もないことはありませんが)来月のISM製造業景気指数も相当下がると予想できます。

為替市場にも激震が走り,ドル円は一時84.89円まで下がり,ユーロドルは1.2901ドルまで上昇しました。でも随分と織り込まれていたのでしょう。その後,ドル円は85円を回復し,ユーロドルも1.28ドル台に戻しました。その後は別の理由でユーロドルは続落しており,1.27ドルからさらに下落する場合は,ユーロドルは実は1か月前と同じレベルのヘッドアンドショルダーの肩落ちになるので要注意です。

 | HOME | 

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2010-08 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Forex Rates

This site's QR Code