EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

公共負債に関するBISの論文について

グローバルなマネーの流れを考慮するのにBIS(Bank for International Settlements=国際決済銀行)の論文は相変わらず小気味が良いです。今回紹介する論文は

BIS Papers No 300
The future of public debt: prospects and implications

(公共負債の将来:見通しと事実から引き出されること)

なんともタイムリーですね。さらっと流し読みすると,

【序論】
■ 先進国の高齢化による公的負債の増加は現在の予測では十分に認識されているとは言えない
■ 日本の財政赤字がGDPの150%であるという例を引き合いに出して,それでも国が借金を返せると思われていることが大事である
■ いくつかの例外的な国々を除いて国の財政危機は実際より煽られる傾向があり,債券トレーダーの近視眼的なトレードもイールドの上昇に影響する
■ どの程度の財政赤字になるかは国により異なるが,だからと言って放漫財政が許されるわけはなく,財政赤字より黒字のほうが低金利と経済成長を維持できる
■ 適切に公共負債をコントロールしないと,中長期の国債のイールドが上がるだけでなく各国の景気回復にもリスクが生じる
■ 退職する世代が増えていくので,景気回復と公共負債の縮小をうまくバランスさせることが重要である

【Section 2やSection 3の図や表】
P6のGraph2:
日本の高齢化を象徴的に表すグラフですし,ギリシャの高齢者に対する政府費用もGDPに対して異常に高いですね。要するに経済成長に見合った以上の福祉をギリシャ国民が要求しているということです。

P10のGraph4:
各国の負債のGDP比が示されていますが,2040年で600%に達してしまうのは日本だけですし,最も高齢者費用を出さないケースでも400%に達してしまいます。

P11のTable3:
プライマリバランスを維持していくための費用のGDP比が高いのはアイルランド,英国,日本がワースト3
です。とても厳しい将来が待っていることを認識すべきでしょう。

P13のGraph6:
ギリシャのCDSスプレッドが一見して高いことがわかります。日本は政府負債の割合が高いのに市場からは安心されています。債券市場が主に国内投資家によって運用されているからでしょうか。政府の歳入割合が少ない国は米国,スイス,日本がワースト3で日本の将来の増税が予想されます。

【結論】
■ 先進国は高齢化が進むので,将来の公共負債の大きさは名目よりさらに大きく見積もる必要がある。歳入のあてのない負債が増加するのは何としても避けなければならない。歳入は減る傾向がある一方で支出は増加する傾向があるので,経済成長により歳入を増やさないとますます赤字脱却は難しくなる。
■ 今回の(名指しを避けているもののギリシャなどの)いくつかの国に対するスプレッドのタイトニングからは,もはや債券市場は国債をローリスクとは考えていないことがわかる。国債のデフォルトリスクは負債額によって上昇する一方で,国民の貯蓄率や政府歳入のGDP比が高いことによって下降する。また,国債の購入に外国資本の割合が高いほどスプレッドは広がる傾向がある。さらには,(明らかに日本のことを言っていると思いますが)国内要因でスプレッドが広がらないために脆弱な財政システムに甘んじる傾向もある
公共負債の増加は資本の蓄積や生産性の向上や長期の潜在成長率を低下させるリスクもある。直接的な証拠はないが,負債の増加に伴いそれは非線形に利いてきて負債のGDP比が100%に近づくにつれて顕著な悪影響をもたらす。
■ 財政収支のインバランスは明確に将来の金融システムの安定にも影響を与える。インフレ率を上昇させる要因は,中央銀行の赤字国債の直接買い付けおよび高インフレを通して政府負債を実質的に軽減しようとする試みの2つがある。今のところはそのような要因が顕著だとは思われない。(日本はあやしい?)

【おまけ】
BIS PapersおよびBIS Working Papersにはほかにも興味深い論文があります。過去の当ブログでも以下のエントリで取り上げました。

1998年以後の世界マネーの流れのエントリの図
世界の金融政策の各国中銀の政策の変化
中央銀行のガバナンスについてのまとめ論文
当選議員の方に読んでもらいたいBIS Papersの各論文 などは印象的でした。

 | HOME | 

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2010-05 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Forex Rates

This site's QR Code