EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

2010年第1四半期米GDPはほぼ予想通り堅調

U.S. Economy Expanded in First Quarter as Consumers Spent More

2010年1Q米実質GDP(前期比年率): 3.2% (予想:3.2%,前期:5.6%)
2010年1Q米個人消費: 3.6% (予想:3.3%,前期:1.6%)
2010年1Q米GDPデフレータ: 0.9% (予想:0.9%,前期:0.5%)

堅調なGDPが継続していますが,個人消費により引っ張られているのが顕著ですね。この個人消費の伸びは2007年第1四半期以来の高い伸びだそうです。雇用も拡大しているのでさらなる個人消費による景気の拡大は持続可能のようです。クリーブランド連銀のGDPの内訳チャートでもはっきりと個人消費の伸びが呈示されていました。

Please wait for Cleveland Fed data update

おまけ:そう言えば,前回2009年第4四半期のGDP(速報値)はブログに書き忘れたことに気づいたのでこれも並べておきましょう。

2009年4Q米実質GDP(前期比年率): 5.7% (予想:4.7%,前期:2.2%)
2009年4Q米個人消費: 2.0% (予想:1.8%,前期:2.8%)
2009年4Q米GDPデフレータ: 0.6% (予想:1.3%,前期:0.4%)

2009年第4四半期のGDPに対する個人消費の貢献度はいまいちであったと思います。それだけ,2010年第1四半期では個人消費の貢献度が顕著に見えます。なお記事にもある通り,この2009年第4四半期と2010年第1四半期を合わせた6か月でのGDPの伸びは2003年下半期以来の伸びだそうです。

***

これは世界中で回っているドル資金が欧州から引き揚げて米国内に還流するのも当然ですね。最近見ていないTICデータでもそのうち見ておきましょう。

 | HOME | 

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2010-05 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Forex Rates

This site's QR Code