EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

ドル円・ユーロドル・ドルスイスの展望【2010/03/29の週の展望】(サーバーダウン&超多忙モード)

月曜日にサーバーが頻繁にダウンしてバックアップに追われたのと期末の仕事が超多忙モードで,またもや展望エントリが火曜日にずれ込みました。先週は1月ユーロ圏製造業新規受注が大変悪く,米国の2月耐久財受注がまずまずだったのとは対照的でした。さらにギリシャ財政支援にIMFの部分関与が濃厚になるなど今後の展開が不透明かつ結論先送りの状況が嫌気され,ユーロは水曜日から木曜日にかけて大きく売られました。原油価格はまた78ドル台と82ドル台の間を推移して80ドル台で週末を迎え,金価格は1085ドル台まで大きく下落しましたが週末には1107ドル台まで戻して行って来いの相場展開でした。



ドル円は,予想が91.10円-89.75円で,実際は92.940円-89.820円(終値92.500円)でした。上限は約180PIPSドル安方向に外しましたが,下限は約10PIPSドル安方向の誤差で済みました。24日の上昇では一気に90円台から92円台に突入し久々の火柱が上がりました。また,下落方向には90円台直下のサポートがよく効きました。ボラティリティがなくなるなどとの予想は大外れです。93円はブレイクできませんでしたが,今年1月3日の93.77円が次なる目標となりますので上限は93円台の半ばあたりとします。一方,92円台に上昇した段階では下限は91円台の半ばあたりでサポートされることになるでしょう。よって,今週の上値は93.60円程度と予測し,下値は91.40円程度と予測します。



ユーロドルは,予想が1.3670ドル-1.3420ドルで,実際は1.35690ドル-1.32660ドル(終値1.34140ドル)でした。上限は約100PIPSドル安方向に外し,下限は約150PIPSドル安方向に外しました。月曜日に高値をつけ,水曜日に大幅下落後に木曜日に安値をつけています。1.32ドルを割ればさらに下落の恐れがありましたが1.32ドル台後半でなんとか持ちこたえました。その後,ギリシャ財政支援に対してはユーロ首脳が虚々実々の対応で,何も支払いがなされていないにも関わらず市場には根拠のない安心感が広がり再び1.34ドル台を回復しました。既に今週も1.34ドル台で安定しているようですが,上限は1.35ドル台前半あたりでの戻り売りが強まるでしょう。一方,下限については先週の上昇ラリーの均衡点として1.33ドル台前半を予想します。よって,今週の上値は1.3540ドル程度と予測し,下値は1.3330ドル程度と予測します。



ドルスイスは,予想が1.0680フラン-1.0520フランで,実際は1.07490フラン-1.05440フラン(終値1.06570フラン)でした。上限は約70PIPSドル安方向に外し,下限は約20PIPSドル安方向の誤差で済みました。南アが利下げしたことや金価格が軟調だった週なので,先週はフラン高になる要因が見つかりませんでした。25日と26日の高値の推移からして,上限については1.07フラン台前半あたりで戻り売りが強まると思われ,一方,下限については17日の安値1.05050までは抵抗なく下落してもおかしくありませんのでアンダーシュートで1.04フラン台後半と見ます。よって,今週の上値は1.0730フラン程度と予測し,下値は1.0480フラン程度と予測します。

今週の注目点は,30日火曜日の1月ケースシラー住宅価格の下落の下げ止まり,31日水曜日の2月のユーロ圏失業率がどれほど悪化するか,4月1日木曜日の3月ISM製造業景気指数の力強さの確認,4月2日金曜日の雇用統計の改善など,花見の合間に色々イベントに首を突っ込むと時間がいくらあっても足りないかも知れません。

 | HOME | 

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2010-03 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Forex Rates

This site's QR Code