EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

2月失業率は前月と変わらず,NFPは予想より減少幅が縮小

Payrolls in U.S. Fell 36,000; Unemployment at 9.7% (Update2)

2月非農業部門雇用者数: -36K (予想:-68K,前回修正値:-26K←-20K)
2月失業率: 9.7% (予想:9.8%,前回:9.7%)

2月の失業率は1月の9.7%と変わらずでした。予想は9.8%でしたのであまりズレはありませんでした。一方,NFPは予想が-68Kであったのにも関わらず,-36Kということで大雪等の季節要因の見積などが強すぎたのかもしれませんが,かなりなポジティブサプライズと言えるでしょう。

製造業: 1000人 (前回:2万0000人) ※プラスですがショボイ
建設業: -6万4000人 (前回:-7万7000人) ※寒波の影響
金融業: -1万0000人 (前回:-1万3000人)
リテール部門: -400人 (前回:4万1800人) ※またマイナスに逆戻り
政府部門: -1万8000人 (前回:7000人) ※またマイナスに逆戻り

まだ,一時雇用者の率も高く今後の変動要因となるでしょう。なお,一時雇用者を失業者扱いすると16.8%と潜在的失業率は跳ね上がります。

為替市場はポンド>ユーロ≒フラン>ドル>円の順の強さで反応しましたが,ユーロドルについては思ったほどドル高にはなりませんでした。雇用統計は少しずつ良くはなっているもののまだバラ色と言える状況ではないと市場参加者も良く理解しているのでしょう。

特徴的な動きを見せたのは,円が全面安になったことです。特にユーロ・ポンドに対して大幅安になりました。期末要因で円高になるかと思ったらその逆でこの円安の加速に関しては説明がどうにも付きません。事実として受け入れるしかないでしょう。

 | HOME | 

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2010-03 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Forex Rates

This site's QR Code