EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

2009年11月YTDヘッジファンド成績

11月までのヘッジファンドの成績の推移を確認したいと思います。



図1が代表的な10種類のファンド成績の推移です。10月に市場の調整で5つのファンドの収益がマイナスに陥りましたが,今月は再び全てのセクターがとても狭い範囲のプラス収益となりました。たぶん月の半ばに多くのファンドが手仕舞いモードに入ったのでしょう。一時的にヘルスケアセクターが第1位になり,その後エネルギーセクターファンド・ロングオンリー戦略ファンド・エマージング市場ファンド・オプション戦略ファンドと続いていますが特別な意味はないと思います。今年一年を象徴するようにエネルギーセクターファンド・ロングオンリー戦略ファンド・エマージング市場ファンドは年の前半に大きく稼いだものを後半は辛抱強くセーブしたという感じでした。12月はもっと変動は少ないと思います。

次が,全セクターの11月までのYTDパフォーマンスの図2です。ベスト10およびワースト10の順にもリストしてみましょう。



50.93%:モーゲージ組成ファンド
42.21%:転換社債裁定ファンド
41.07%:スペシャル・シチュエーションファンド
40.67%:エマージング市場ファンド
38.77%:ロングオンリー戦略ファンド
34.86%:エネルギーセクターファンド
34.16%:バリュー投資ファンド
33.75%:スモール・マイクロ企業限定ファンド
27.77%:イベント主導型ファンド
27.55%:長期・短期投資裁定ファンド

-16.88%:ショートバイアスファンド
-3.82%:その他の裁定ファンド
3.41%:短期トレードファンド
3.80%:CTA商品先物ファンド
4.21%:マーケットニュートラルファンド
5.32%:資産賃貸ファンド
8.36%:企業合併裁定ファンド
9.97%:オプション戦略ファンド
10.48%:ファイナンスセクターファンド
10.80%:マクロファンド

10月に引き続いてモーゲージ組成はトップで,3位と4位の入れ替えと7位と8位の入れ替えがあった以外はベスト10のファンドの顔ぶれは変わりません。一方,ワースト10の方も3位と4位の入れ替えと9位と10位の入れ替えがあった以外は顔ぶれは変わりませんでした。報告されている全29ファンドのうち2ファンドだけがマイナスとはやはり驚異的な成績の一年であったと言えるでしょう。昨年の減収を補填したといえばそうでしょうが今年もほとんど終わり,ファンドの真価が問われるのは2010年の成績ということになります。

 | HOME | 

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2009-12 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Forex Rates

This site's QR Code