EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

ドル円・ユーロドル・ドルスイスの展望【09/12/21の週】

先週はドバイイベントは債務支払が行われとりあえず収束しました。ギリシャなどではソブリンの格付け問題に加えて国内ストライキも起こり,ユーロ圏経済圏への不安が高まったためユーロドルは3週連続で大幅下落しました。FOMCは少しずつ非伝統的金融政策の終了期限を設定し「出口」を探るステートメントを発表しました。ドル需給の年末要因やFRBが各国中銀に先駆けて利上げに踏み切りそうな観測が台頭したこと,また日銀のデフレ認識による時間軸効果による円安などが複合的に作用してドルインデックスは引き続き上昇しています。対照的に,さらなるユーロ安の観測や金価格や原油価格の反落は今年の相場の一つのステージの終わりを示していると思います。どう考えても手仕舞い相場です。



ドル円は,予想が90.30円-87.80円で,実際は90.901円-88.300円(終値90.330円)でした。上限は一時91円近くまで上昇し60PIPSドル安方向に外しました。下限は結局88円は割らずに50PIPSドル安方向に外しました。ユーロドルが大きくレンジを変えて来た局面でも,ドル円はある程度のボラティリティを伴いながらもレンジの変更はありませんでした。今週の方針としては,年末が近づくにつれてのドル需給の関係からドルの堅調な相場は変わらないものの,クロス円における円の強さと欧州通貨に対するドルの強さは半ば相殺しているので,基本的にはドル円の変動は他の通貨ペアに比べて小さめと考えます。ただし,相場の薄さからくるストップ狩りなどのリスクに注意します。上限についてはブレイクしても91円半ばぐらいでしょう。下限については先週88円台での底堅さを確認していますので今週はその後半あたりとします。よって,今週の上値は91.50円程度と予測し,下値は88.80円程度と予測します。



ユーロドルは,予想が1.4820ドル-1.4485ドルで,実際は1.46850ドル-1.42613ドル(終値1.43352ドル)でした。先々週に続いて下のレンジに移行してしまいましたので上限も下限もまた大きく外しました。先週の動きで特に注目すべきことは,1.45ドル付近にあったその上のレンジ相場の下限を完全に下抜けしてしまったということです。このため現在のレンジ相場は1.45ドル-1.42ドルの間にあります。1.45付近にはオプションがらみの抵抗も見られたのですが,年末に向けてイベントリスクも含めユーロをロングする積極的な理由が見当たらないという相場全体の流れに押し切られました。下限については,1.42ドルのレンジ下限は特に重要でこれ以下では1.40ドル割れを年末に向けて試しに行ってもおかしくありません。市場参加者の気持ちに変化が現れるのは概ね200PIPS-150PIPS以内にサポートレベルが近づいたときとなっています。上限については,1.45ドルを割ってからは1.44ドル台での戻り売りも厳しく1.45ドルに近づくにつれて失速すると考えています。よって,今週の上値は1.4490ドル程度と予測し,下値は1.4185ドル程度と予測します。



ドルスイスは,予想が1.0460フラン-1.0210フランで,実際は1.05079フラン-1.02930フラン(終値1.04290フラン)でした。ユーロドルと同じようにドルスイスも一つ上のレンジに移行してしまいました。ただ,多少は金価格の下落に伴なうスイスフラン安を想定していましたので,上限は下限とも50PIPS-80PIPS程度のドル安方向への誤差で済みました。夏あたりからダラダラと下がってきたドルスイスはここ2,3週で急激な反転を見せておりパリティ割れ後の未知のドルスイス相場への旅はもう終わりました。今年3月から継続しているドル安の流れも今年5-7月の1.08フランあたりの相場まで一気に浮上する可能性があります。上限については,9月8日の下落で一気に今のレートにまで落ちてきましたので1.06フラン近くまでは十分ありえる上昇でしょう。下限については,先週の安値1.0293フランをベースと考えていますので1.03フラン台前半でのサポートを予想します。よって,今週の上値は1.0580フラン程度と予測し,下値は1.0320フラン程度と予測します。

今週はプライベート・マターで忙しく,経済指標も確報値が多いので詳細なチェックはやはりパスです。もしポジションを取られる場合は市場の流動性の薄さによる急激な変動に注意してください。

 | HOME | 

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2009-12 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Forex Rates

This site's QR Code