EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

11月失業率は低下し,NFPは減少幅を大幅に改善

Payrolls in U.S. Decline 11,000 in November; Unemployment 10%

11月非農業部門雇用者数: -11K (予想:-125K,前回修正値:-111K)
11月失業率: 10.0% (予想:10.2%,前回:10.2%)

11月の失業率は10月の10.2%から0.2%だけ下げました。雇用者数減は-125Kから一気に-11Kまで回復しました。これは最も楽観的な予測の-30Kより良い指標で,もうすぐイーブンも近いところに戻してきましたので,ユーロドルは1.49ドル台まで急落しています。

Data will be available soon from ClevelandFed

製造業: -4万1000人 (前回:-5万1000人)
建設業: -2万7000人 (前回:-5万6000人)
金融業: -1万0000人 (前回:-1万0000人)
リテール部門: -1万4500人 (前回:-4万4200人)
政府部門: +7000人 (前回:+4万6000人)

今までずっと減っていた雇用者数でしたので,正負の符号をつけなくて済んでいたのですが,今回からはしっかりと+-をつけましょう。政府部門が雇用を牽引しているのは事実ですが,どの部門も最悪期よりはるかに雇用の減少が緩やかになっているのは,ドルにとってとても良い知らせです。

ECBは政策金利を据え置き

ECBは政策金利を1.0%で据え置き…
Trichet Says ECB to Cut Back Emergency Loans as Growth Recovers

ECBは7回連続金利据え置きでしたが,総裁の記者会見では「ECBは来年にかけてのEU圏の景気回復により緊急な金融政策の規模を縮小していくだろう」と来年の話としての金融政策の変更を示唆しています。また,ECBの12か月ローンを12月で終了することを決定し,非伝統的金融政策からの「出口」へまた一歩前進しました。ユーロドルはこのECBの決定にはほとんど反応せずに,その後の米新規失業保険申請件数の減少に対して対ドルで1.50ドル台に下落しています。




直近の話じゃなくて来年の話をするというのは市場を煙に巻く時のトリシェ総裁の常套手段です。直近の話ではないものの「景気が回復しますよ」と言われれば,当面の市場センチメントは最悪にはなりませんし,来年になってそうなっていなくても市場は以前言ったことを覚えていないからです。

 | HOME | 

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2009-12 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Forex Rates

This site's QR Code