EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

ドル円・ユーロドル・ドルスイスの展望【09/11/30の週】

先週は週半ばにアラブ首長国連邦(UAE)のドバイ首長国の金融ショック(25日のドバイ・ワールドの債務猶予要請)があり,ドバイ・ワールドへの出資額が大きかったのが主に英国系の銀行(RBSとHSBC)だったので,まず欧州株式市場に衝撃が走りました。その後,26日のNY市場は感謝祭のために休場だったので影響は最小限だったもののその他の株式市場はやはり暴落しました。為替も欧州通貨を中心に暴落し,26日にはいったん売られたドルに対して円は14年ぶりの1ドル84円台をつけました。翌27日にはリスク資産からの資産引き上げの流れが金や原油の商品価格にも波及して暴落し,今度は決済通貨であるドルが再び買い戻されて週末を迎えました。まあ,今の時期に普通は大きなポジションは持たないので対岸の火事のような雰囲気でしたが,思いがけない黒鳥の出現に26日の木曜日と27日の金曜日には多少は為替のポジションを持ちました。



ドル円は,予想が90.20円-88.50円で,実際は89.180円-84.790円(終値86.560円)でした。上限は月曜日の高値でやっと89円を越えただけで,その後は暴落でしたから全くはずれました。下限ももちろんテクニカル分析上の節目はまったくサポートレベルにはならず,上述したように14年ぶりの安値です。ドバイ・ショックについての詳細ステートメントは今週の初めに発表される予定ですので,今後の相場の流れはその発表に市場がどのように反応するかで決まってきますので現在のところ全く予想がつきません。今週の方針としては,どの通貨ペアも上限,下限とも広めに取り,逆張りではなく上に対しても下に対しても常にブレイクアウトでポジションを取るだけです。下限については,いったん86円台まで戻したので84円半ばと予想し,それを割ったらブレイクアウトとみなします。上限については,89円台から一気に暴落してきた経緯から1円ごとに戻り売りの抵抗にあい,直近の87円は越えるかもしれませんが88円は難しいと予想します。よって,今週の上値は87.70円程度と予測し,下値は84.50円程度と予測します。



ユーロドルは,予想が1.5040ドル-1.4760ドルで,実際は1.51430ドル-1.48270ドル(終値1.49670ドル)でした。上限は100PIPS程度ドル高方向に外し,下限も50PIPS程度ドル高方向に外しました。25日はユーロドルは金価格の上昇にあわせて週の高値をつけて反落した程度でしたが,26日になると徐々にドバイ・ワールドへの欧州系銀行の関与が明らかになリ,欧州通貨を売ってドルを買う動きが強まったので1.49ドル台に突入しました。27日もその動きが継続して1.48ドル台まで下落したのですが,金や原油が下落幅の半値戻しをするにつれて再びユーロが買われました。為替の方針についてはドル円の場合と同じですが,高値も安値も週の半ばにつけていますのでどちらも今週のレジスタンスおよびサポートレベルとして機能します。上限については,1.51ドル台前半を戻り売りの限界としておきましょう。下限については,激しい下落にもかかわらず1.48ドル台は守られたので今週もそのレベルを限界とします。よって,今週の上値は1.5130ドル程度と予測し,下値は1.4820ドル程度と予測します。



ドルスイスは,予想が1.0220フラン-1.0020フランで,実際は1.01740フラン-0.99100フラン(終値1.00530フラン)でした。上限は50PIPS程度ドル高方向に外し,下限はとうとうパリティを割って90PIPS程度ドル高方向に外しました。ユーロドルが下落してドル高方向に反転しても,しばらくはフランはドルに対して強いままでした。リスク退避通貨としていったんフランや円が選ばれ,27日になってみんなが商品価格の下落にあわててようやくドルが買い戻されるという3日間のドタバタ劇でした。その中にあっても,パリティ割れがもはや大きなイベントで無くなったのが大きな変化です。この次のパリティ割れは案外簡単に実現するでしょう。上限については,27日に一時1.0174フランまで行ったのは意外でしたが,1.0200フランは遠かったということですので1.01フラン台半ばを予想しています。下限については,パリティ割れの抵抗がなくなったので次は0.99フラン台がなんとか守られるかどうかが焦点だと考えています。よって,今週の上値は1.0150フラン程度と予測し,下値は0.9910フラン程度と予測します。

引き続き欧州系銀行のドバイ債権回収への不安がありますので,今週はポンドやユーロは対ドル・対円に対して月曜日のシドニー市場から窓を空けて続落するかもしれません。(久しぶりに日曜日にこのエントリを上げたのはこういう予想をしたからなんですけど,毎週遅くてすみません。)

経済指標についても,普通の週とは違ってユーロや英国の指標を口実に売買してくる可能性があります。火曜日の12月1日には,2009年スイス第3四半期GDP,11月英国ネーションワイド住宅価格,11月ドイツ失業率,10月ユーロ圏失業率など香ばしいものがいっぱいです。また,日本時間では翌2日にかかりますが,11月米ISM製造業景気指数もオーソドックスに注目しています。とはいえ,システムトレードは別として先週のトレードはお遊び程度で終えてしまいましたので,トレードポジション的には引き続き手仕舞いモードを継続します。

【業務連絡】緊急参戦のためブログ更新止まります

ドル円が87円を割りました。今週はスポット参戦するため金曜日までのブログの更新を停止いたします。



LATIN AMERN DISCOVERY FD [LDF: NYSE]

昨日のCTSH:NASDAQだけではなくS&P500よりはるかに良いY2YパフォーマンスのクローズドETFがあります。

LATIN AMERN DISCOVERY FD [LDF: NYSE]

です。下図を見ると分かるように,S&P500の2倍以上の収益を上げています。



この銘柄は,

■ 地域に投資するファンドなのである程度リスク分散されている
■ 南米の新興国経済の発展に牽引されている
■ クローズドETFですから投資信託の手数料ではなく通常の売買手数料で取引できる
■ 普通株の配当に相当する分配金も投資信託よりはるかにお得

などの多くのメリットがあります。クローズドETFは出来高を見て流動性リスクが高くなければ大変お勧めです。このLDFも限りなく14ドルに近いところで押し目買いをしたい銘柄です。

2009年10月YTDヘッジファンド成績

10月までのヘッジファンドの成績の推移を確認したいと思います。



図1が代表的な10種類のファンド成績の推移です。9月にしっかりと収益を上げた各ファンドですが,10月になって市場の調整で5つのファンドの収益がマイナスに陥りました。残りの5つのファンドでも9月より成績を上げたのはモーゲージ組成ファンドのみで,あとの4つのファンド(エマージング市場ファンド・エネルギーセクター・オプション戦略ファンド・企業合併裁定ファンド)はほぼ1%以内の収益でほぼイーブンと変わらないと言っても良いでしょう。一方,ロングオンリー戦略ファンドやロング&ショート戦略ファンドなどは調子にのって市場調整に足をすくわれて収益は一転マイナスです。テクノロジーセクター,ファイナンスセクター,ヘルスケアセクターの各ファンドも決算の伸び悩みや市場調整に連動して売られたので,今月はやはり-2%から-3%のマイナス収益です。

次が,全セクターの10月までのYTDパフォーマンスの図2です。ベスト10およびワースト10の順にもリストしてみましょう。



48.53%:モーゲージ組成ファンド
40.69%:転換社債裁定ファンド
38.20%:エマージング市場ファンド
37.63%:スペシャル・シチュエーションファンド
36.05%:ロングオンリー戦略ファンド
32.82%:エネルギーセクターファンド
32.53%:スモール・マイクロ企業限定ファンド
32.35%:バリュー投資ファンド
25.29%:イベント主導型ファンド
24.73%:長期・短期投資裁定ファンド

-15.14%:ショートバイアスファンド
-3.24%:その他の裁定ファンド
0.57%:CTA商品先物ファンド
3.66%:短期トレードファンド
4.40%:マーケットニュートラルファンド
5.74%:資産賃貸ファンド
7.62%:企業合併裁定ファンド
8.02%:オプション戦略ファンド
9.09%:マクロファンド
10.95%:ファイナンスセクターファンド

9月に引き続いてモーゲージ組成はトップですが,転換社債裁定ファンドとエマージング市場ファンドが順位を上げ,スペシャル・シチュエーションファンドとロングオンリー戦略ファンドは若干順位を下げました。カントリー特定投資ファンドは今月のレポートが無いので今回YTDのデータがありません。また,不完全な順位ながらイベント主導型ファンドがベスト10入りです。一方,ショートバイアス,その他の裁定,CTA商品先物のワースト3が固定しているだけでなく,ワースト10の顔ぶれがほとんど変わらないのは先月と同じです。レギュレーションD限定ファンドがワースト10から抜けて10月の収益がマイナスだったファイナンスセクターファンドがワースト10に入りました。それでも,ワースト4のファンドでも米国債の利回りより良いので今年のヘッジファンドはおおむね大豊作といえるでしょう。残りは11月と12月の収益ですが,既に手仕舞いをしているファンドもあるため今後はそれほどYTDパフォーマンスには変動が無いと思われます。

COGNIZANT TECHNOLOGY SOLUTIONS #3

タイトルの会社は,一年半以上前から注目しているITサービスのオフシェアビジネスの会社です。

金融危機の影響を受けてこの会社の株も一時は20ドルを割りましたが,会社の将来性があると踏んでいたので,20ドル台半ばで購入しております。



Y2YパフォーマンスをS&P500やNASDAQと比較してもこの通り立派なものでしょ。



今日もS&P500もNASDAQも大幅プラスですが,これだけ経済状態に先行して株が上がるのもなんだか昔の「根拠なき熱狂」ぽいのも事実です。

市場平均に連動しないとはいえ,「株価が取得価格の2倍になったら,最低でも半分は売る」という私の昔からの方針で行きたいと思います。

ドル円・ユーロドル・ドルスイスの展望【09/11/23の週】

先週はどちらかと言えば全般的に円高で,ユーロドルなどのドルストレート系は大体レンジ内の行って来い相場であったと思われます。FRBが現行の金融政策の長期化を示唆して時間軸効果を狙った戦略も見えてきました。ブラード米セントルイス連銀総裁の利上げ開始年予想などはその例と言えます。一方,相変わらず金価格の上昇はとどまるところがありません。1200ドルに向けて猫まっしぐら状態ですね。また,今週からは米国ではクリスマス商戦の本格的なスタートとなります。しばらくは他の経済指標より小売売上高などに注目が集まるかと思います。年内の方針としては,想定したレンジをブレイクした時に出動する通貨ペアと,長期レンジを想定して逆張りする通貨ペアを明確に区別して方針の一貫性を持ちたいものです。



ドル円は,予想が90.70円-88.75円で,実際は89.690円-88.620円(終値89.010円)でした。上限は90円の壁は強力で100PIPS程度の大きな誤差でしたが,下限は88円台後半のサポートが大変に強く15PIPS程度の想定内の誤差でした。相場が枯れてくるとこんなにもレンジ幅が狭くなってきます。ドル円については狭い値幅でブレイクアウトのリスクを背負うべきではありません。下限については,相変わらず下値圧力が強いので88.50円を割るまで追いかけないほうが良いでしょう。上限については,ますます90円の壁はさえ越えられないきつい状況ですが,90円台前半までのオーバーシュートはまだ期待したいと思います。よって,今週の上値は90.20円程度と予測し,下値は88.50円程度と予測します。



ユーロドルは,予想が1.5070ドル-1.4850ドルで,実際は1.50150ドル-1.48000ドル(終値1.48600ドル)でした。上限も下限も50PIPS程度ユーロ高方向に外しました。それでも2週続けてレジスタンスレベル・サポートレベルが市場参加者にもはっきりと想定しやすい状況です。上限については,再び1.50ドルが上値の壁になりつつあることがわかります。また1.48ドル台で幅広く買っていった連中がこのレベルからの上昇の原動力だと言うこともわかります。手探りで探ってきた下限については,彼らが1.47ドル台に入ってからポジションを持ちこたえるかどうかに今週は注目です。よって,今週の上値は1.5040ドル程度と予測し,下値は1.4760ドル程度と予測します。



ドルスイスは,予想が1.0180フラン-1.0020フランで,実際は1.02220フラン-1.00460フラン(終値1.01730フラン)でした。上限は40PIPS程度フラン高方向に外しましたが,下限はパリティの壁は厚く想定内の誤差で下げ止まりました。ユーロドルがそうであるようにドルスイスもレンジ感が非常に強いです。ユーロドルの1.5050ドル=ドルスイスのパリティ相当で,ユーロドルの1.4800ドル=ドルスイスの1.0200フラン相当と考えて,おおまかなレンジはユーロドルのレンジから推測することもできます。上限については,1.0200フランを越えたのは意外でしたが,そこからはユーロドルで下抜けしない限り一進一退とみて1.02フラン台前半と予想しています。下限については,やはりパリティ目前のレベルが相場でしょう。よって,今週の上値は1.0220フラン程度と予測し,下値は1.0020フラン程度と予測します。

今週の経済指標は,火曜日の11月24日の2009年第3四半期GDPはドイツも米国も確報値や改定値なので大きな波乱はないと思います。代わりに同じ24日のS&Pケースシラー住宅価格指数にはサプライズがあるかもしれないので注目しています。また,日本時間では翌25日にかかりますが米11月コンファレンスボード消費者信頼感指数も今後の小売売上げの予測のつもりで株式市場などには材料視されるかもしれません。さらに,水曜日の11月25日の米10月PCEデフレータはFRBにとってCPIよりもブレが少なく影の物価指数といわれていますので,世界的にデフレあるいはディスインフレーションと言われている現在どの程度ゼロないしマイナスに近づくのか見てみたいと思います。トレードポジション的には引き続き手仕舞いモードを継続します。

円 散々 v1.0



動画職人第16弾です。これまで通り,こちらでも告知しておきます。

今回の動画は人物が主役ではなくて日本円・ドル・人民元が主役です。原曲は美空ひばりさんが歌った「愛燦燦」で,うまく語呂があったので替え歌はすんなり作れましたが,背景写真には最後まで悩まされました。お楽しみいただけましたら幸いです。

円 散々 v1.0

11月フィラデルフィア連銀景況指数は予想を大幅に上回る

Philadelphia Area Manufacturing Grows at Faster Pace (Update1)

11月フィラデルフィア連銀景況指数: 16.7 (予想:12.2,前月:11.5)

10月は予想より0.5ポイント低めだったフィラデルフィア連銀景況指数ですが,11月は予想より4.5ポイントも高くドルにとっては相当ポジティブな現況指数となりました。でも,10月が伸び悩みましたので上昇トレンドとしてはそれほどサプライズではありません。一方の先行指数のほうも先月よりまた下がって39.8から36.8に落ちましたが,現況指数との差が20以上もあり景気回復期としてはまだ先行きが期待できます。(下図参照)



内訳としては,

新規受注: 14.8 (前月:6.2)
出荷指数: 15.7 (前月:3.3)
在庫指数: -17.3 (前月:-31.8)
雇用指数: -0.5 (前月:-6.8)

というように,受注が改善し出荷も好調なので,在庫も引き続き減少中なうえ,雇用不安もほぼ悪化が止まった様子です。

このようにファンダメンタルなデータは良いのですが,NY株式市場はこのところ好調だった反動でガッツリ下げてる状況です。また,為替市場も円高のためドルの勢いはユーロより少しましという程度です。このような市場の反応は,最近の相場がテクニカルで動いていることの実証となっています。

米10月小売売上高は予想外のリバウンド

U.S. Economy: Sales Rebound From Year’s Biggest Drop (Update2)

今回は予想外のリバウンドでしたが,これにはカラクリがあります。前月改定値が-1.5%から-2.3%に下方修正してあるんです。その改定値から予想より多めにリバウンドしてもなんだかな。そして,自動車を除くコアの売上げは良くないじゃないか。株式市場的には一時的にポジティブ・サプライズでしょうが,同時発表の11月ニューヨーク連銀製造業景気指数は,34.57から23.51に低下しています。

米10月小売売上高(自動車除くコア): 0.2% (予想:0.4%,前月改定:0.4%)
米10月小売売上高: 1.4% (予想:0.9%,前月改定:-2.3%[改定前:-1.5%])



雇用が良くないので本当に必要なものしか買われない状況ですよね。政府主導の上げ底景気も,クリスマス商戦で小売売上高が踏ん張れるかどうかに焦点が移ってきたと思います。

ドル円・ユーロドル・ドルスイスの展望【09/11/16の週】

先週はユーロドルが1.51ドルにいくかと思ったのですが,1.50ドル台半ばで勢いが止まり,年末に向けてのドルレパトリやら投資家の利益確定やら米国外での金融機関のドル決済需要などの(正確にはわからない)様々な理由でドルが各国通貨に対して反転しました。金価格は1120ドルを越えてきましたが,市場は慣れてきてユーロやフランの一方的な上昇も考えにくい展開となっています。個人的には,目立った経済指標も無くチャートを追いかけていただけで,余興でTwitterの自動実行アカウントを作成していました。



ドル円は,予想が90.90円-88.75円で,実際は90.598円-89.280円(終値89.650円)でした。上限は30PIPS程度の誤差で下限も50PIPS程度の誤差でテクニカルに見たレンジとしては想定内です。先週も述べましたが,ドル円のトレンドの無さがテクニカルな分析を容易にしており,かつ他の通貨ペアに比べて変動幅も少ないようです。引き続き,どのあたりから買い上がってきた相場なのか,どのあたりから戻り売りされた相場なのかを考えます。下限については,10月15日の安値89.29円あたりからのロンガーが損切りするレベルまでは下落は加速しませんので先週の予測を継続し,上限については,ますます91円の壁は越えられないものになってきていますので,少し下げていきましょう。よって,今週の上値は90.70円程度と予測し,下値は88.75円程度と予測します。



ユーロドルは,予想が1.5120ドル-1.4890ドルで,実際は1.50475ドル-1.48209ドル(終値1.49200ドル)でした。上限も下限も70PIPS程度ユーロ高方向に外しました。「当面ユーロが強いのではないか」と言う私のバイアスがそのまま出てしまったものです。現況ではやはり方向感に乏しく,1.51ドル到達は今週も厳しいとの予測および1.49ドルはまともなサポートではなかったという知見が先週からの動きで確認されました。上限については,1.50ドル台後半での頭打ちを予想し,下限については,1.48ドル台半ばでのサポートを予想します。よって,今週の上値は1.5070ドル程度と予測し,下値は1.4850ドル程度と予測します。



ドルスイスは,予想が1.0180フラン-0.9990フランで,実際は1.01920フラン-1.00339フラン(終値1.01160フラン)でした。上限はほぼジャストミートですが,下限は40PIPS程度フラン高方向に外しました。まあ,パリティ割れが無くて何よりとも言えます。現況では引き続き狭いレンジにとどまるイメージです。先週の知見から,1.00フラン割れは今週も厳しいとの予測および11月11日の高値付近1.0180-1.0190フランからのそれ以上の上昇は難しいという予測をしています。下限については,下落圧力が強いとはいえ1.00フラン台前半でのサポートを絶対と見ており,上限については,このまま変えないでおきたいと思います。よって,今週の上値は1.0180フラン程度と予測し,下値は1.0020フラン程度と予測します。

今週の経済指標は,月曜日の11月16日の米10月小売売上高は予想通り悪く,水曜日の11月18日の米10月消費者物価指数(CPI)は予想通り上がらないと見ています。金曜日の11月20日の日銀政策金利決定会合,フィラデルフィア連銀景況指数ぐらいは個人的に注目したいと思います。年末が近づくにつれて,米国外での金融機関のドル決済需要によるドル高も徐々に予想されています。今週以降はポジションも少なくして大きなディールは避けたいと思います。

 | HOME |  NEXT »

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2009-11 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Forex Rates

This site's QR Code