EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

2009年8月YTDヘッジファンド成績

8月までのヘッジファンドの成績の推移を確認したいと思います。



図1が代表的な10種類のファンド成績の推移です。収益が7月の好成績の反動でどれも収益が0%から5%の間に入ってしまいましたね。特にロングオンリー戦略,エネルギーセクター,ヘルスケアセクターが急激に落ち込みました。一方,やっとのし上がってきたのがファイナンスセクターです。年初からの収益の変動幅が少なく大勝ちはしませんが安定しているように思えます。まさにFEDが頑張ってくれたおかげですね。そして今月はテクノロジーセクターがやられ気味,オプション戦略ファンドも引き続き低空飛行です。まあ,YTDで良ければそれはそれで構わないのですが…



次が,全セクターの8月までのYTDパフォーマンスの図2です。ベスト10およびワースト10の順にもリストしてみましょう。

38.49%:モーゲージ組成ファンド
33.87%:転換社債裁定ファンド
32.15%:スペシャル・シチュエーションファンド
30.50%:ロングオンリー戦略ファンド
27.90%:エマージング市場ファンド
27.16%:スモール・マイクロ企業限定ファンド
27.14%:バリュー投資ファンド
26.15%:エネルギーセクターファンド
24.91%:カントリー特定投資ファンド
23.42%:長期・短期投資裁定ファンド

-13.47%: ショートバイアスファンド
-0.81%:その他の裁定ファンド
1.12%:CTA商品先物ファンド
1.43%:短期トレードファンド
3.27%:マーケットニュートラルファンド
3.75%:資産賃貸ファンド
6.49%:企業合併裁定ファンド
7.02%:マクロファンド
7.51%:オプション戦略ファンド
10.48%:レギュレーションD限定ファンド

7月に引き続いてモーゲージ組成・転換社債裁定ファンドの2強は変わりません。ロングオンリー戦略ファンド,エマージング市場ファンドは定位置ですし,今月レポートが入手できた長期・短期投資裁定ファンドも下げたエネルギーセクターファンドもベストテンまで堂々たる成績です。一方,ショートバイアス,その他の裁定,CTA商品先物の3つはほぼゼロかマイナスの収益でワースト3を堅持しました。今年は為替がポジションをうまく取れない年かもしれません。意外なのは金価格がこんなに上がっても商品先物ファンドの成績が良くないことです。収益を上げたり,踏み上げを食らったり,出入りの激しい取引なんでしょうか。また,ワースト6以降は薄皮を重ねるように収益を伸ばしており,他が良すぎるだけで例年通りの手堅い収益レベルなのでしょう。

 | HOME | 

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2009-09 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Forex Rates

This site's QR Code