EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

エコノミスト同士も出口戦略に両論

Goldman Says Morgan Is All Wrong About Fed’s Quantitative Exit

モルスタのエコノミストとGSのエコノミストが,FEDの出口戦略とインフレ予想についてまったく異なる見解を表明しているようです。ここまで相手の見解を否定するコメントも珍しいのではないですかね。

【モルスタ:タカ派】
モルスタのエコノミストは,FEDの金融緩和が長期にわたって制御できないインフレを招きまずいことになるぞと警告。FEDはもっと出口戦略を市場にわかりやすく説明しなさい。(中の人のトーク:足元1.8%にCPIがなっていますが何か…そんなに長く低インフレ期待が続くわけがない。へたするとインフレと経済不況が同時に来るよ。うちは国債をいっぱい買っているので,実はマッチポンプなのは内緒。)

【GS:ハト派(イェーレン派)】
GSのエコノミストは,インフレになってもFEDはそれなりに対処するので,モルスタの見方は悲観的過ぎると一蹴。利上げの前に質的緩和を巻き戻すなどいろいろオプションはある。(中の人のトーク:うちはコモディティで儲けるから,FEDの金融引き締めなどはとんでもない話で金融緩和は長く続いたほうがいい。平成の鬼平や利上げ好きの失敗をFEDはしてはならぬ。商業用不動産が何とか日の目を見るまでは利上げ猶予がほしいよ。)

個人的には,中の人がどういう意図でポジショントークをしているのかには興味がありますね。疑い深いわけではありませんが,裏を読みたくなるのは性格が素直ではなくなってきているようです。(笑)

 | HOME | 

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2009-07 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Forex Rates

This site's QR Code