EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

ドル円・ユーロドル・ドルスイスの展望【09/06/29の週】

先週はますます膠着して動かない為替相場でした。ドル円なんかは特に…
こんなに先の読めない相場は久しぶりですね。上へ行くとも下へ行くとも読めないです。テクニカルでも移動平均を長期・中期・短期で3本引いているとそれらが同じレベルで絡み合って来ることがあります。こういうときには市場に材料がないという意味でもあります。



ドル円は,予想が98.20円-94.60円で,実際は96.557円-94.870円(終値95.190円)でした。下限は一致しましたが,予想以上に上値は重くレンジを抜け出すトレンドがありませんでしたので,上限は97円台にすら達しませんでした。96円台の戻り売りが激しかったので今週はもっと悲惨かもしれません。65日移動平均は今週96.969円付近にあります。また,日足の一目均衡の雲の下限は96.126円付近です。上限はこの間にとどまるのではないかと考えています。一方,下限は先週からの流れでまだ下向き圧力が強いので94円台でサポートされるとは限りません。3月15日の週の安値93.530円と2月22日の週の安値の92.750円の間を下限のメドと考えます。よって,今週の上値は96.80円程度と予測し,下値は93.30円程度と予測します。



ユーロドルは,予想が1.4120ドル-1.3805ドルで,実際は1.41374ドル-1.38256ドル(終値1.40690ドル)でした。こちらは上限・下限とも予想通りでした。チャートの動きがウェッジ(下値・上値とも切り上げか切り下げで一致していて値幅が縮小している)かフラッグ(下値の切り上げと上値の切り下げの両方で値幅が縮小している)かの違いはありますが,レンジを抜けるだけの材料がなく相場に勢いがないことを意味します。上限は,週足の一目均衡の雲の上限は1.4182ドルにあり向こう3か月は同じですから,ここを明確に越えないことには更なる上昇は望めません。一方,下限は切り上げている流れですので,なんとか1.38ドル台にはとどまると考えます。よって,今週の上値は1.4160ドル程度と予測し,下値は1.3830ドル程度と予測します。



ドルスイスは,予想が1.0995フラン-1.0700フランで,実際は1.10199フラン-1.06305フラン(終値1.08110フラン)でした。上限はまずまずでしたが,下限は予想以上に下げました。値幅がそれなりありましたが,週の始値と終値がほとんど変わらないほどドルスイスのレートは膠着しています。1.08フラン台が相場にとって居心地がいいことと合わせ,上値を切り下げて下値を切り上げることが先週のレンジをさらに縮小する動きとして期待できます。それぞれ50PIPS程度狭めておきましょう。よって,今週の上値は1.0970フラン程度と予測し,下値は1.0700フラン程度と予測します。(つまり,先週の予想を下値は変わらず,上値もほとんど変化がありません。)

6月に入ってから相場が動かないため,システムトレードのブログのほうもシグナルが出なくなって来ています。7月2日のECB政策金利決定も1.0%のまま現状維持で粛々と行われ,同日の米6月失業率は9.6%越えが織り込まれています。もう欧米では夏休み相場になりますが,中銀ヲチで盛り上がるのにも限度がありそうですし,秋までこのままだと全く面白くない相場で困ったものです。

 | HOME | 

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2009-06 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Forex Rates

This site's QR Code