EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

ウォール街を辞めて売り子さんに…なれない

Last-Ditch Jobs Fail Wall Street Seekers as Retail Hiring Tanks

ウォール街を辞めた(辞めさせられた)人の中には,時給9ドルの店員の募集に訪れる人もいるようです。でも,プライドが許さずに並んでいるうちに帰っちゃう人もいたり,そうでなくてもリテール業界自体で解雇が増えているのですから,新たに職に就ける可能性は以前にもまして厳しくなっています。

個人消費は2008年第3・4四半期でそれぞれ3.8%と4.3%も落ちたようですが,この60年間のうち四半期連続して消費が低下したのはわずか5度目だそうです。記事によると,この12月の状況ではリテール業界の1件の求人に5.2人が集まるという狭き門のようです。こういう特殊な状況では,「どうせ景気の悪い間だけ店員でも何でもつなぎで働ければいいや」という考えではきっと採用されないのでしょうね。

これまでは,どんなに不況でもリテール業界には求人があったはずなのに,今回の不況では,最後の頼みの綱の業界も失業者を受け入れられないという大変さです。日本でも派遣切りが注目されていますが,職を選ばなければここまでひどくはないはずです。

具体的な事例や数字も出ていますので,ぜひ記事の中身もお読みください。

※ 本当は「総合ブログ」に書くような内容のエントリですが,Blooombergつながりと英語の記事なので,こちらのブログの読者のほうがとっつきやすいと思って書いてみました。

60万台の新規失業保険申請数

U.S. Jobless Claims Exceed 600,000 for a Fifth Week (Update2)

新規失業保険申請件数:639K (予想:650K,前回:667K)

5週連続60万件越えとは,ニュースヘッドライン的には強烈なインパクトですので,ドル円に対しては少し円高に動いたかもしれません。何しろバフェットの会社であるバークシャー・ハサウェイ社も雇用をカットしていますから。しかし,アナリストの予想ももともと良くないので,それほどサプライズではありません。また,毎週の統計に右往左往してはいけません。

明日の雇用統計では失業率の大方の予想は7.9%ですが,大台を超えると心理的なインパクトは大きいです。もし失業率が8%を越えたらサプライズというかちょっとショックのドル安が起きる可能性があります。99円台半ばが今週のドル円の限界でしょうが,99円台でブレイクしたと思って買った人は,96円を割ったら損切りしたほうがよいでしょう。

ECB利下げ・BOE利下げ&CP買取り

Trichet Indicates ECB May Cut Rates Further in Next Months

【ECB】:2.0%→1.5%
やっと1.5%まで利下げしましたが,本来の期待は100BPの利下げでしょうね。それを50BPの利下げにして更なる期待を匂わすとは姑息な手段です。まだまだOISのほうが50BP以上低いです。市場の期待に乗りすぎるのも良くないですが,これだけ後追い感が強まると実はECBはなにもできないのだいう判断をされますね。トリシェ総裁に責任があると言うよりもECBとユーロ諸国の構造上の問題だからどうしようもないのですが…

Bank of England Cuts Rates, Starts Asset Purchases (Update4)
【BOE】:1.0%→0.5%
こちらも0.5%まで利下げしましたが,実はこちらのほうがもっと深刻です。英国政府はGDPの3割程度の財政赤字を4000億ポンドほど抱えているので赤字国債の発行ができないからです。CP買い切りなどの手段で,BOEを経由しての"質的"緩和を行って損失分だけ政府が引き受けると言う方法で,バランスシートの拡大を防いでいます。イギリスの大手銀行3行の金融資産は合計でGDPの3倍あります。BOEががんばっても無駄かもしれません。キング総裁の元気のないのはそういうことでしょう。

というわけで,ポンドもユーロもすねに傷がありまくりです。ユーロドルの下落も週初の予想通りになっていくのじゃないでしょうか。ドルが欧州通貨に対して強気なのは,

■ 基軸通貨のドルは通貨を発行することが比較的自由なこと
■ その信任の元で米国債を購入する需要が続いていること
■ ユーロのように金融政策と経済政策が分かたれていないこと

だからです。

そういえば今週の下院の議会証言の際に,ガイトナー財務長官に「どこから公的資金やCPの購入資金は出てくるのか」と直球の質問をした議員がいましたが,ガイトナー長官は「中国です」とも「日本です」とも言えずに口を濁していました。いまさら訊いてもしょうがないことを訊く議員,目立ちたいだけの議員は日米問わずどこにもいますね。(昼間の国会中継も相当ひどい人がいました。)

 | HOME | 

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2009-03 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Forex Rates

This site's QR Code