EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

バークレイPLCは優秀ですね+ブログの検索について

このブログをBarclayで検索すると,現在10件ヒットします。その中のエントリに

2007年9月4日:
バークレイグループ,サブプライム大気圏は脱出の模様

2007年11月10日:
バークレイPLC,株売買停止でポンド下落&円高進行

2007年11月16日:
バークレイ PLCの評価損は予想以下にとどまる

などがあって,バークレイPLCは2007年からせっせと損切りを率先して行ってきたようです。ですから2008年の9月にはリーマン・ブラザーズの資産を買い取ると言う攻めの経営が出来たわけです。

そして,2008年の損益は,赤字でないだけでなく収益がアナリスト予想を上回りました。

U.K. Stocks Rally on Government Bank Rescue; Barclays Advances

損を確定してから資本注入をしたこの銀行は本来やるべきことをしたのでしょうが,それが出来なかった金融機関がいっぱいあることを考えると,本当に優秀な銀行なのだと思います。

***

話は変わって,ブログが紙の日記でないとこういう検索が出来るのでとても便利ですね。これも備忘録としてブログを続けている理由の一つです。でも,実はブログを書くに当たってもう少し気に掛けていることがあります。

それは,記事はなるべく英語版のBloombergをリンクするようにしているのです。これは,Bloombergの英語サイトの検索が日本語の検索にはあまり効果的でないことや全部の記事が日本語に訳されていないのもありますが,自分のエントリでも全角カナや半角カナが混在したり,全角・半角スペースを間違えたり,「・」妙なところに入れたりして書くと,目的の会社名や固有名詞が出てこなくて検索しにくいからです。(11月16日のエントリは「バークレイ」と「PLC」の間にスペースがあるようですがこういうのはその日の気分で変わるものです。)

英語だと大文字でも小文字でもスペルさえ間違えなければ必ず引っかかるので,記事のタイトルがブログエントリに英語で含まれていると本当に都合がいいのですよ。日本語のあいまい性は,検索全盛のネット時代になってもやはり若干のハンディキャップを抱えるようです。

 | HOME | 

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2009-01 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Forex Rates

This site's QR Code