EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

ドル円・ユーロドル・ドルスイスの展望

先週はCitiの事実上の国有化宣言ともいえる公的資金注入が発表され,大相場の予感もしないではなかったのですが,欧州系通貨とドルの間は週単位での行って来い相場,ドル円の間は月曜以外は小動きとパッとしない地合いとなっていました。



ドル円は,97.42円-94.59円とますます変動が少なくなってきています。予想よりもやや上振れで94円半ばからは下がりませんでした。かといって円安方向にも打ち上げ花火は月曜日だけでしたので尻すぼみといえます。こういう何週にもわたって変動幅が減りながら水平に移動していく(ペナント型と言うのでしょうが)レートのときは,中段保ち合いの特徴で大きなきっかけが起きるまで動かない可能性もあります。ただし,動くときは上から落ちてきたときは,下へ加速して落ちていきますから動意があったときは注意が必要です。とはいえ今週はまだ変動の少ないペナント型の継続だと思います。今週の上値は97.15円程度と予測し,下値は93.75円程度と予測します。



ユーロドルは,月曜日に1.29ドル台まで上昇したものの火曜日のフォロースルーが1.30ドル台にとどまり,上昇トレンドを作りきれませんでした。日足の一目均衡の分厚い雲が1.31ドル台から1.30ドル台に落ちてこようとしています。日が経つごとにこの雲の下限は下がり続けますので,来週か再来週には雲にいったんは突入するでしょう。でも,そこからの上昇には骨が折れるので,月曜日・火曜日の1.30ドル越えは例外的に考えたほうが良いでしょう。よって,今週の上値は1.2950ドル程度と予測し,下値は1.2450ドル程度と予測します。あっさりしているようですが,相場の変動には材料難というのが正直なところです。



ドルスイスは,久しぶりにユーロドルとの連動性が戻ってきました。ユーロドルが上がったら珍しくドルスイスも下がり,火曜日に1.18フラン前半まで下げました。3週連続の下値の切り上げも4週目は不成功でしたし,4週ぶりに週足が陰線で終わりました。この連動性を尊重し,ユーロドルが小動きであるという前提で,ドルスイスもしばらく大きくは動かないと考えます。水曜日に上昇した後の木曜日の下落時の1.19フラン半ばでの下値サポートを見て,金曜日の上げを演出した人たちがいるはずです。一方,上値は月曜日の売り出しレベル1.22ドル前半をなかなか越えにくいと思います。よって,今週の上値は1.2210フラン程度で,下値は1.1950フラン程度と予測します。

このような相場の端境期にレンジ予測が当たっても当たらなくてもさほど気にする必要はありません。それより,このレベルより下がったら売り転換だとかこのレベルより上がったら買い転換だとか,いくつかのルールをシミュレーションをしておくことです。実はレンジ予測より売り買い転換ラインをしっかり決めておくことのほうが重要なのですよ。それが出来る人は損切りないしはドテンができるので相場を味方につけることができるのです。

 | HOME | 

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2008-11 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Forex Rates

This site's QR Code