EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

資金注入・損失確定どっちが先かは明白

含み損があるポジションに資金注入するとどうなるか。さらに損失が拡大して注入した資金も持っていかれる可能性がある。だから言うまでも無く,資金注入しないといけないほどの毀損が生じたならば,損失を確定してから資金注入するのが筋です。

欧米の金融機関は本当にそれが出来ているのか?これが今もっての大いなる疑問でもあります。

個人口座のポジションの話では自明の事ながら,金融機関というやや公的なバランスシートの上ではそれがいろいろなしがらみ(市場に与えるインパクト等)でやりにくいと言うことはあるのかもしれません。が,早めに全て晒しちゃったほうが健全なんですし,どっちが生き残るかと言う点でも自明ですね。

【2008年前半までにさらした機関】
バークレイズキャピタル
バンクオブアメリカ

【2008年後半に遅れてさらした機関】
メリルリンチ
リーマン・ブラザーズ

※他人の失敗を自分に生かすということは,自分で失敗して経験から学ぶよりもはるかに効率のいいことでもあります。それがなかなか出来ないのが人間なんですが…
※あと,「大手の金融機関が巨大損失を出しているので自分が損失を出しても仕方がない」という気持ちは自分を甘やかしてしまうのではないかと思います。この面でも心のコントロールが必要ですね。

お知らせ&お断り:
明日から来週火曜日まで休暇の予定です。週末の「今週の展望」は休日モードですので,ご了承ください。

輸出頼みのユーロ圏経済がさらに苦境に

Europe Faces `Huge Threat' as Emerging Markets Slide (Update2)

これまでユーロ高でも輸出できたのは新興国の経済発展があったからだと思われます。そこがおかしくなると,景気後退は相当深刻なものとなるでしょう。

となると,まだまだユーロを安くする政策もありえるのかもしれません。トリシェが積極的な利下げ政策に転換するのも一挙両得をねらっているのでしょうか。

ユーロ圏: サブプライムバブルに乗った一番の被害者で梯子をはずされて涙目
日本: ミセス・ワタナベと輸出企業が直接人身御供となり,今後もお金を出させられるはず
ヘッジファンド: 米国のドルじゃぶじゃぶ政策に乗ったプライベートレベルの被害者
中東圏: オイルマネーも毀損させられたが,ユーロをドルに転換して金持ちけんかせず
米国: 今回の経済危機の発端であるが,被害を転嫁したので意外に一番早く回復

結局,みんなで米国の借金を棒引きにする構図は変わりませんねえ。弱かったはずのドルに代わる通貨は見つかりませんでしたので,ドルをどう守るか通貨の安定をどのように計るかの話し合いが11月のサミットの議題でしょう。

追記:
年内を乗り切るための8か条は継続中です。上位3つの為替に関する

1.円高をチャンスとするために中途半端なクロス円ロングの禁止
2.為替は当面テクニカルシグナルに基づいた短期売買に徹すること
3.ユーロとポンドは短期には絶対買わないこと

を守っていますか。

 | HOME | 

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2008-10 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Forex Rates

This site's QR Code