EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

正常とはほど遠いLIBOR

米国もとうとう公的資金の注入のプランを発表するに及んで,LIBORはピークからは下がったようです。

Libor for Dollars, Euros Fall on Government Bank-Rescue Plans

USD 3MLIBOR: 4.64 ← 4.82(Oct.10)
EUR 3MLIBOR: 5.23


各種スプレッドを見てみると…

USD 3MLIBOR - FF Rate: 314BPS (464-150) ← 332(Oct.10) ← 82(Sep.15)
LIBOR-OIS spread: 340BPS (464-124) ← 105(Sep.15) ← 24(Jan.24)
※すぐ返す翌日物のコストと3か月の固定コストとの差が広がるのはみんながキャッシュを欲しがっている証拠です。

TED spread: 445BPS ← 464(Oct.10: the most high since 1984)
※同様に金融市場の信用不安が拡大しているので,信用力の高い米国債が買われ(価格の上昇=利回りの低下)3か月の固定コストとの差も広がります。

短期金融市場の流動性が改善したとは思えない状況で,まだまだLIBORは高止まりと言わざるを得ません。本来,LIBOR3か月レートを日割りにしたものがロールオーバー時に反映されるドルの貸し出しコストと思うのですが,高止まりしているため皆さんのスワップポイントにも影響があって,プラススワップも微々たるものかマイナスかもしれませんね。

激しかったクロス円の巻き戻し



10月に入ってからの半月の状況を俯瞰してみるために各通貨ペアの14日ATRおよび7日ATRを比べてみました。ただし,そのままではレートの小数点がまちまちであるため,PIPSベースに直しました。(図1)

■ GBP/JPY,AUD/JPY,EUR/JPYの変動はさすが御三家といった感じです。直近7日間で変動は拡大しました。(NZDはマイナーすぎるので調べていませんのであしからず)

2008/10/14 ATR14-PIPSBase ATR7-PIPSBase
GBPJPY 567 732 キング・オブ・クロス円の変動です
AUDJPY 450 631 大いに下がって今週買い時かも
EURJPY 413 501 こちらもなかなかです

■ 中位2通貨ペアはポンドがらみです。やはりポンドは売り買いとも激しいようです。

2008/10/14 ATR14-PIPSBase ATR7-PIPSBase
GBPCHF 343 417 ドルスイスが変わらないのでポンドドルと酷似
GBPUSD 243 360 通常のポンドドルより変動は少ないような

■ 下位4通貨ペアは以下の通りです。ドルスイスの変動が少ないのは予想通りですが,思ったよりユーロドル・ドル円の変動は少ないのですね。

2008/10/14 ATR14-PIPSBase ATR7-PIPSBase
EURUSD 243 251 これまでに下がってきていて下げ余地が無かった
USDJPY 215 268 クロス円の下落のクッションのような役目
USDCHF 174 169 金が上がり,フランとドルは堅調に推移
EURGBP 115 146 一緒に売られたので両通貨間の変動は少ない

何日かの平均であるためATRの数値は少なめに出されます。また,累積の下落幅は足し算ですが,ATRは平均ですのでその面でも直接の下落のイメージとは異なります。ただし,変動が多いということはそれだけ不測の事態が起きやすいという事で注意したほうが良いようです。

クロス円が陰の極に達したと思う向きには買いなんですが…

 | HOME | 

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2008-10 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Forex Rates

This site's QR Code