EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

脅しのポールソンと泣きのバーナンキ

(休日モード)

よく刑事の取調べには,情に訴える刑事とこわもてで脅したりする刑事がペアになっているのをテレビドラマで見たりしますが,本日のバーナンキの議会証言の文章が載りました。



Chairman Ben S. Bernanke's Testimony
Before the Committee on Banking, Housing, and Urban Affairs, U.S. Senate
September 23, 2008


Despite the efforts of the Federal Reserve, the Treasury, and other agencies, global financial markets remain under extraordinary stress. Action by the Congress is urgently required to stabilize the situation and avert what otherwise could be very serious consequences for our financial markets and for our economy. In this regard, the Federal Reserve supports the Treasury's proposal to buy illiquid assets from financial institutions. Purchasing impaired assets will create liquidity and promote price discovery in the markets for these assets, while reducing investor uncertainty about the current value and prospects of financial institutions. More generally, removing these assets from institutions’ balance sheets will help to restore confidence in our financial markets and enable banks and other institutions to raise capital and to expand credit to support economic growth.

ポールソン財務長官の声明が脅しっぽいなら,バーナンキ議長の証言は泣きが入っていそうです。もちろん私の先入観だと思いますが,人物の醸し出す雰囲気が似たような証言でも違った印象を与えるのでしょう。金が必要だとは言っても金がないと経済が破綻するぞとは言わないところがバーナンキらしい…

「金融と経済に重大な結果」っていう表現はポリティカル・コレクトネスの典型ですね。

追記:
一方,バーナンキと違ってポールソンは23日も議会証言でたたかれ続けました。「おめーえ,GSから庶民とは桁違いにたんまりもらっているだろ。そんな守旧派に今の金融システムを守らせるにはいかんよ」という論調,「財務長官に全権委任なんてそんな金融独裁は自由の国アメリカの歴史の中で許されるべきではない」のような正論など大変受けの悪い議会からの反応でした。さすがのポールソンもしどろもどろになるところがあって,まるで金魚が呼吸困難で口パクやっているみたいでした。

 | HOME | 

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2008-09 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Forex Rates

This site's QR Code