EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

ドル・レパトリエーションの週でしたね

結論からいうと,先週は9月相場入りしてドルが本国に還流(レパトリエーション)する特別な週だったといえます。そのため,今週の【ドル円・ユーロドル・ドルスイスの展望】の前に一つエントリを立てます。

【概要】
円高およびドル円以外の通貨でのドル高が進行しましたが,全般的にはポンドドルとユーロドルの売りが目立ちました。特にポンドの下落は英財務相の経済悲観発言が売りのきっかけを作ったとは思いますが,英国と米国では3%の金利差があるので,米国の政策金利が2%になって以来続いてきたドルキャリートレードの巻き戻しが起きていると判断できると思います。また,週末に発表された米国雇用統計が予想以上に悪く,円高の急激な部分は木曜日と金曜日におきました。

【ドル・レパトリの背景】
原油が下落して(MUFGによる買収観測のある)某証券会社の傘下にあるオスプレー・ファンドが閉鎖されましたが,8月の原油価格の下落は急激だったので,ロングポジションの手仕舞いのために大幅な損失が生じたことは想像に難くありません。同様にその他のファンドも,そのような商品相場のドル建てでの損失を補填するためには,他通貨で順調に得ていたキャリートレードによるスワップと値上がり益を清算してドルで利益を捻出する必要があります。ポンドや資源通貨であるオージードルなどの8月中からの下落は,ちょうど商品相場や原油相場の下落と時期が一致しています。本来,ドルのレパトリエーションは,毎年11月ごろに企業の年度末決算に合わせて起こるものですが,今年は別の意味で起こったのです。

【クロス円主導の巻き戻しではない】
確かにクロス円の全般的な下落は先週の特徴の一つです。また,ポンド円のレートはポンドドルとドル円の掛け算になるので最終的な下落幅はとても大きいものになります。しかし,米国金利が2%の現在は,円だけでなくドルもキャリートレードの対象になっていたことに注目できます。その場合,ポンドドルとポンド円のキャリー巻き戻しの影響はどちらが取引量が多いかを考えればすぐ分かります。

ポンドドルの巻き戻し:ポンド売り→ドル買い(1)
ポンド円の巻き戻し:ポンド売り→ドル買い(2)+ドル売り→円買い(3)

に分解すると,(2)と(3)の取引量は同じで,(1)と(2)では(1)のほうが取引量ははるかに大きいのですから,ポンドドルの下落の影響がより高いと言えるでしょう。このことは,先週のポンドドルの下落(1に相当)がドル円の下落(3に相当)に比べてはるかに値幅が大きいことで証明されています。

【レパトリ後の資金はどこに向かうか】
さて,いったんレパトリ後の資金がどこに向かうかということが一番大切です。米国も日本も景気後退で経済状態が怪しくなっています。そうすると,資金は株式ではなく債券に向かうかも知れません。とはいえ,巻き戻った資金に見合う市場が国内にあるかどうかと言うと日本の債券市場ではちょっと規模の問題があるかなと思います。なんといっても米国債市場のほうが大きいですから,ドル資金は米国内で運用されるかもしれませんが,円資金は早晩もう一度が外貨資産として国外に出て行くのではと予想しています。そんなところから,私はドル円の大幅な円高を予測してはおらず,欧州通貨に対して堅調なドルを予測しています。

【株式市場への影響はどうか】
ここまでの推定で必然的に明らかになるのは,世界の株式市場から資金が逃げてしまうことですね。日本市場はその典型で,外国人投資家の資金が本国に戻ってしまいましたので今年3番目の下げを記録中です。欧州株式市場,BRICs株式市場も例外ではありません。ユーロ建ての投資先や資源高を見込んだ現地通貨建ての投資先からも資金が引き上げる可能性が高いからです。この世界同時株式市場の低迷の唯一の例外は,まだ完全に海外に向けて公開されていない中国A株市場だけかもしれません。あるいは,だぶつく資金で米国株式市場が先に回復すると言うシナリオを考えています。

単に為替相場と言う観点でなく,通貨のグローバルな流れや債券・株式市場との関連を見ながら今後の投資先を考える必要があります。そうするといままで見えないものが見えてくる気がします。今年後半の戦略を立てる上で熟慮が必要な一週間だったといえるでしょう。

 | HOME | 

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2008-09 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Forex Rates

This site's QR Code