EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

予想通り悪いままの米雇用統計

U.S. Loses 62,000 Jobs, Jobless Rate Holds at 5.5% (Update2)

新規失業保険申請件数: 384K -> 404K(予想:385K)
非農業部門雇用者数: -62K -> -62K(予想:-60K)
失業率: 5.5% -> 5.5%(予想:5.4%)
ISM非製造業景況指数: 53.6 -> 49.9(予想:51.0)

※まあ,これで大きくドル安になるとは思えません。先月の雇用統計ショックで現在のレベルにまで織り込んでいますから。

利上げが決まっているときの反応

Euro Falls Versus Dollar as Trichet Signals One Increase Enough

当然のように利上げされると分かっている状況では,市場は自然と「次がどうなるか」に軸足を移すものです。そして,トリシェ総裁のコメントは,「バイアスなく今回の利上げは,インフレが2%以下になるのに助けになるだろう。」 でした。



トリシェ総裁は,6月5日の政策会議の利上げ示唆の発言が市場に過剰に反応され,今回は「利上げに追い込まれた」感があります。これで,さらに「断固とした態度でインフレに臨む」とでも発言できれば言動と政策に一貫性がありましたが,「これでインフレ止まってくれ」的な神頼み発言では,ECBも欧州経済の先行きに自信がないと思われても仕方がないのです。

これにより,ユーロドルのブル相場に嫌気が差しました。また,原油価格が依然として1バレル144ドルまで上がっている現在,通貨にとっても原油高がどちらの通貨にとって有利かという見方は吹っ飛んでしまいました。当分,ユーロドルはレンジ相場ですよ。きっと…

サパテロ首相「優勝はスペイン全土を幸せにした」が利上げは…



サパテロ首相「優勝はスペイン全土を幸せにした」


ECBの利上げに苦言を呈したサパテロ首相ですが,EURO2008のスペイン代表の優勝には,にっこりとご満悦です。民族統一には代表の活躍は望ましいですね。

>サパテロは、社会労働党の政権は、テロに対して弱腰の姿勢はとらない、スペインの統一を危うくする地域的民族主義者、バスク祖国と自由 (ETA) を許さないと主張してきた。
by ホセ・ルイス・ロドリゲス・サパテロ - Wikipedia



ところで,サパテロとローワン・アトキンソンは似ている気がしますので,ECB理事会にこっそり「ミスター・ビーン」として潜入してもらったら面白いかな。

さて,ECBの利上げが近づきました。

ここのところ,ロンドン市場と逆をいくNY市場の為替の動きです。明日は米国市場が休みなので,今晩はNY市場はそれなりに激しく動くかもしれません。ご注意を…

 | HOME | 

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2008-07 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Forex Rates

This site's QR Code